Cosmetics1.us

Shops That Sell Bare Minerals

Rocking the Plaid Trend for Fall

by anne @ Outlet Shoppers

Fall is bringing with it a lot of fun new fashion trends, including the one that we’re most excited about: plaid. Yes, it’s time for flannel, checker, houndstooth, and tartan to shine once again! We’ve picked out some of our favorite styles from brands helping you sport this season’s hot trend. Banana Republic Slim Fit... [Read More]

The post Rocking the Plaid Trend for Fall appeared first on Outlet Shoppers.

40年の技術が結集した世界最薄の光発電時計をはじめ、世界最大級のコレクションを展開

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

文字板を通過した光がソーラーセルで電気エネルギーに変換され、モーターに伝わることで針を動かす。その革新的技術を「Eco- Drive (エコ・ドライブ) 」と名付け、CITIZENが世界初のアナログ式光発電時計を発売してから40年。2016年に発表されたわずか1mmのムーブメントを内包した世界最薄 (*1) 2.98mmのケースを持つ光発電時計「Eco-Drive One (エコ・ドライブ ワン) 」は、極限的な薄さとそれを呼応するように無駄を削ぎ落したデザインの美しさが、世界で大きな話題を呼んだ。 今回、世界最大級のフラッグシップストアとなるGINZA SIX の「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」の限定コレクションに選ばれたのも、この「Eco-Drive One」。黒文字板のモデルに同じく黒のワニ革のバンドを合わせ、特別にミニマルなデザインに映える光沢あるテジュー革の換えバンドもセットに。目出度さを強調する朱色の漆ボックスには、その薄さを際立たせるべく時計は縦に収容された。 装着具である以上、より人間の身体にフィットするべく進化を遂げたい——。2018年に創業100年を迎えるCITIZENでは、以前から最薄への挑戦を重ねてきた。東京・田無の本社内に設けられた「シチズンミュージアム」 (非公開・最下写真) に陳列された過去のアーカイブにも、「Eco-Drive One」に通じる数々の薄型モデルを見つけることができる。にもかかわらず、「Eco-Drive One」は“薄さ1mmのムーブメント”という夢の実現のため、85の部品のほとんどをゼロから再構築。そうして開発されたパーツが今度は長野県飯田市にある工場の熟練マイスターに託され、自社内で一貫製造された時計はまさに装着を忘れるほど肌と一体化した新体験が感動を呼ぶ。 そしてもうひとつ、CITIZENの先端技術や伝統工芸など匠の技を生かした立体的かつ独創的なモデルで知られる「CAMPANOLA (カンパノラ) 」から、会津漆の伝統工芸士、儀同哲夫さんによる漆塗り文字板の限定モデル「金鸞 (きんらん) 」も発売。文明開化の時代に銀座に建ち並んだ西洋建築の白い壁、黒い屋根、金の装飾をヒントに、5層に塗り重ねた黒漆の上に粒子の丸い純金を撒き、定着した金粉の上から黒漆を薄く塗り、さらに刷毛で漆を洗い出し、墨を使って研磨。文字板の中央部を丹念に研ぎ出すことで、光沢を持たせた。さらに今回はシチズンウオッチグループのひとつであるスイスの「ラ・ジュー・ペレ」社の機械式ムーブメントを搭載することで、日本とスイスの技の融合という新しい価値を創造した。 ちなみに、これら特別な限定コレクションが華を添える「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」が目指すのは、幅広いレンジのグローバルブランドも取り扱う新たなシチズンの姿だ。店ではシチズンブランドのほか、スイスのラショードフォンに工房を置くマニュファクチュールブランド「Arnold&Son (アーノルド&サン) 」、アメリカを代表する時計ブランド「BULOVA (ブローバ) 」、スイスのジュネーブでデザインから開発、組立までを行い、洗練されたデザインと品質の高さが特徴のブランド「Frederique Constant (フレデリック・コンスタント) 」といったシチズンウオッチグループを構成する主要な時計ブランドのコレクションも一同に展開。「まずは時計に関心を持ち、実際に触れてほしい」という想いのもと、修理工房なども完備した約300㎡のストアでは「タッチ&トライ」コーナーを充実させ、ショーケースから出してもらわずとも自ら気軽に時計を試すことができる空間づくりにも挑戦している。 (2017年3月取材) *1 アナログ式光発電時計において、2017年2月のCITIZINE調べによる CITIZEN「Eco-Drive One」CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO限定セット (¥750,000 ※税抜き価格) 限定5セット CAMPANOLA「Mechanical Collection」CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO限定モデル「金鸞 (きんらん) 」 (¥1,200,000 ※税抜き価格) 限定20本 問合せ CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO (1F) TEL.03-6263-9987 店舗詳細 http://citizen.jp/flagshipstore/ Edit & Text by Yuka Okada / Photographs by Satoko Imazu (Citizen Museum)

The Best Time of Year to Shop at Outlet Malls and Why

by Curran C @ Outlet Shoppers

For many people, the most wonderful – and popular – time of the year to shop is the holidays. But is the Christmas season really the best time to hit up your local outlet mall and brave the crowds for a good deal? What You Need to Know About Seasonal Shopping Consider the fact that... [Read More]

The post The Best Time of Year to Shop at Outlet Malls and Why appeared first on Outlet Shoppers.

FALL / WINTER 2017 NEW COLLECTION IN STORE FROM SEPTEMBER 15TH

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

9月15日(金)より“Y-3 FALL / WINTER 2017 COLLECTION”の新作を発売いたします。 今シーズンは、「ハイテク」と「自然界」という対極的な2つの要素からインスパイアされたコレクションとなっております。 お越し頂いたお客さまに先着で “Y-3 FW17 PHOTO BOOK”を差し上げます。 (※数量に限りがございますのでお品切れの際はご容赦下さい。) ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。 ご来店をお待ち申し上げております。 Y-3 PURE BOOST 品番:CP9890 カラー:black 価格:42,660円(税込) Y-3 ZAZU 品番:CG3158 カラー:black 価格:47,520円(税込)

Birch Run Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Birch Run Premium Outlets at 12240 South Beyer Road in Birch Run, Michigan, prides itself on having plenty to offer shoppers. Whether it is choice of name brand outlet stores, places to eat, discounts, or even parking, there is more than enough to go around. All of this has made this factory outlet location very... [Read More]

The post Birch Run Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

User’s Guide to Outlet Mall Shopping

by Curran C @ Outlet Shoppers

So if you aren’t already familiar with what you can find, consider this a crash course in all things outlet mall shopping. Keep in mind the easiest way to find what you want is to do a simple search. For example you can search in your hometown, your state or anywhere you may want to... [Read More]

The post User’s Guide to Outlet Mall Shopping appeared first on Outlet Shoppers.

イニシャル入れサービス

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

BY MALENE BIRGER GINZA SIX店にてブランドアイコンである、アラビックフラワーモチーフのアイテムをご購入でご希望のお客様にイニシャル入れをスタートいたします。 アラビックフラワーモチーフは、ブランド創設者であるマレーネ・ビルガーがモロッコを旅した時に出会ったアラベスク幾何学模様にインスパイアされ、ブランドのアイコンへとデザインしたもの。 1箇所:¥1,620(税込) 仕上がり期間:承り日より約1週間 アラビックフラワーモチーフのアイテムをオリジナルの1点にしてみてはいかがでしょうか。 Instagram: https://www.instagram.com/bmb_store_tokyo/

GSIXというロゴタイプに込めたのは、銀座の持つ軸性

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

銀座にふさわしいロゴタイプとは 銀座という街はピシッとした「軸」を持っていると思うんです。例えば同じ東京の繁華街でも、六本木なんかはぶれてもいいし、むしろぶれているものが集合することが魅力になっているかもしれない。新宿はエネルギッシュな混沌の極みでいい。ですから今回、GINZA SIXというとても大きな商業施設ができてハイブランドも多数入ってくると聞いたとき、ロゴタイプを中心とするVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)にはあらゆるものを支える、相当に強靭な「軸性」が必要だと思いました。 一方で谷口吉生さんの建築は派手なテクノロジーや意匠を詰め込んで「すごい!」と言わせるようなものではなく、極めて静的でミニマルです。そういう建築に寄り添おうとするとき、ロゴだけが華奢だったりディテールが賑やかだったりすると、建築の力を削ぐような気がしました。簡潔なものは同じ世界観でつながっていかないと意味がないんですね。 結果、今回のロゴも「こんなにシンプルでいいの?」というものになりました。簡潔ゆえ、ラグジュアリーやファッションだけでなく、伝統文化やハイテクノロジー、コンテンポラリーアート…あらゆるシーンに寄り添えるものになっていると思います。 ちなみに、メインのロゴとして「GSIX」が立っていますが、当初の課題は「GINZA SIXで作ってほしい」というものでした。ただ、私は1983年に日本デザインセンターに入社してからもう33年も銀座が仕事場で、ビルにしても店舗にしても銀座という名前の付いたところばかりだなとちょっと飽きてしまっていて…(笑)。そこで「GSIX」と短縮形を提案しました。 色は「G」だけをゴールドにしています。僕にとって銀座のイメージカラーは金色です。銀座なのでシルバーと言いたいところですが、先ほども話した「軸性」にふさわしい色だと思います。 A Logotype Fit for Ginza If you ask me, Ginza is a shopping district that has poise. Look at other bustling areas here in Tokyo: Roppongi can be indecisive and even insecure, and you could even say that its very charm lies in it being a hodgepodge of ambivalent ideas. Then there's Shinjuku, which is brimming with energy and is the epitome of chaos—in a good way. So when word came to me that a large shopping mall called GINZA SIX was being built with many high-end brands among its tenants, I knew that the logotype and the entire visual identity around it had to have the kind of solid backbone that can stand the test of time. At the same time you have Yoshio Taniguchi, whose architecture is not the kind that wows you with showy technology or excessive design—rather, it is extremely static and minimal. When you think about how closely the logo will be associated with the building itself, and vice-versa, a logo that disregards the overall aesthetic and is too refined or too festive may unintentionally subvert the power of the architecture. If the architecture and the visual identity were both going for simplicity, it had to be within a unified aesthetic—otherwise, there would be a disconnect. Consequently, the final logo for GINZA SIX ended up being surprisingly simple. But it's that simplicity that gives it almost universal applicability, whether it's luxury, fashion, traditional culture, cutting-edge technology, contemporary art...you name it. Incidentally, the main logo is comprised of the letters "GSIX", but initially I was asked to use the full name "GINZA SIX". But as someone who has been working in Ginza for 33 years since I first joined the Nippon Design Center in 1983, I had seen so many buildings and shops with "Ginza" in the name that it had become cliché…(laughs). So I proposed an abbreviated form: "GSIX". As for the color, only the "G" is gold. In my mind, if Ginza was a color, it would be gold. You were probably expecting me to say "silver" [Ginza means "silver mint"], but for me, gold captures its poise. ファサードを飾るサインと建築との関係 ファサードのサイン計画というのはどうしても建築ができた後に付加されるイメージがあります。文字の後ろに光を当ててロゴを浮かび上がらせて、といったものが多いのですが、GINZA SIXでは「GSIX」のサインが建築の中に埋め込まれ、はまり込んでいます。夜になると建物の内部から、文字が白く浮かび上がるような印象となります。これは建築と一体で計画しないと成立しません。ですから、銀座通りのビル群のファサードの並びのなかでより緻密に見えるというか、全然違う質と印象を与えてくれるのではないかと期待しています。 また、GINZA SIXの1階に居並ぶハイブランドのロゴと並んでも、「GSIX」のロゴが負けることなく屹立するとともに、それらを支えなければならない。そこで発揮されるのはやはり、ロゴの簡潔さに由来する「軸性」だと思います。 銀座の大通りにある大概のビルは、1964年の東京オリンピックのときにできあがったと聞きました。きっと2020年の東京オリンピックを契機として、銀座はまた生まれ変わっていくでしょう。そのときにどの建築家もデザイナーも、ステレオタイプではない日本を、つまり、江戸の紋章や水引の造型をそのまま持ち出すようなものではなく、どう未来的に表現するかを考えていくはずです。銀座は昔も今も日本を経由した新しい生長点を意識している街なのです。 そういう意味でGINZA SIXのロゴは「和」でもあり、外から来た人々をどう迎え、応接するか。そのあたりを考えながら作っています。 The Relationship Between Facade and Sign Plans for the sign on the facade usually come after the building has been completed; often the logo is simply attached to the front of the building and backlit to give it a three-dimensional appearance. But with GINZA SIX, the GSIX s"ign is embedded in the architecture and illuminated at night from within the building—giving it a distinctive white glow. For this to happen, the building letters had to be designed together with the architecture. So I'm confident that this facade will be able to hold its own along the stretch of facades on Ginza main street [Ginza's main shopping thoroughfare, Chuo-dori]. My hope is that it leaves a singular, lasting impression on customers and passersby alike. And of course, the GSIX logo has to be able to stand above the logos of the high-end brands that will occupy the ground floor of GINZA SIX. But at the same time it has to be able to give them the space to shine. That's where, I think, the logo's solid backbone will do the heavy lifting. Someone once told me that the majority of the buildings on Ginza main street were built to coincide with the 1964 Tokyo Olympics. Perhaps the 2020 Tokyo Olympics will be an opportunity for Ginza to undergo a renaissance. In the coming years I am sure all of the architects and designers involved in local projects will be inspired to design the Tokyo of tomorrow, rather than rehash stereotypical Japanese designs, such as Edo Period family crests and mizuhiki knots [a traditional decoration made from a cord of tightly wound and starched rice paper, often used to adorn gifts and cards]. Ginza has long been and will continue to be a growth point through which Japan strives to reach new heights. In that sense the GINZA SIX logo embodies wa [a cultural concept roughly translated as "harmony" or "peace", in addition to being an ancient name for Japan itself], and throughout the development process I was constantly asking myself how it would welcome and receive our guests. GINZA SIXに期待する役割 日本流の「価値」の示し方には、独特の方法があります。僕は海外の人にこれを説明するときに「Empty(空っぽ)」という言葉を用います。多くを示して圧倒させるのではなく、できるだけ何も示さないで、むしろ相手のイメージがあふれ出てくるのを受けとめることで価値を生み出すという方法です。 豪華絢爛なトプカプ宮殿のように宝石が散りばめられたような表現で人の注意を呼び込む手法もありますが、情報をこれでもかと詰め込んだりするのではなく"空っぽ"にしておく。そして、知らず知らずのうちに、人々が勝手につくり出したイメージでそこが満ちているというような。そうした方法で生み出されるのが、この国ならではのラグジュアリーということではないかと感じています。 例えば床の間は、花を一輪生けるとか、軸を一幅配することで何かを表現する。「見立ての方法はあなた次第」といった感覚を上手に運用できると、日本は面白く見えるんじゃないでしょうか。 そんな日本流のラグジュアリーを体現し、「欲しい」と言わせる。僕らが持っている文化の背景を咀嚼しながら、日本にわざわざ来て買いたいと思わせるものをどうやって見せていくか。 もしかしたら、今までハイブランドが示してきたラグジュアリーとは違うかもしれない。でも、そんなことが体現できれば、GINZA SIXの掲げる"New Luxury"にも結びついていくのではないかと思います。 銀座の真ん中にそうした価値を生み出し続ける心臓があったらいい。GINZA SIXにはそんな役割を期待したいですね。 High Hopes for GINZA SIX In Japan we have a unique way of expressing aesthetic value. When I try to explain this concept to foreigners, I use the word "emptiness". Instead of overwhelming the observer with ideas, you make every effort to impose nothing. It's about leaving room to receive the observer's worldview, interpretation, emotions, ideas, etc. The gorgeous and ostentatious Topkapı Palace in Turkey puts all of its jewels on display, and that is one way to attract interest—and certainly, one type of beauty. But what if instead of packing a space with every idea you've got, you left it as "empty" as possible? People would have the freedom to conjure up their own ideas and impressions—and the space would be all the richer for it. For me, that is the way to invoke a new vision of luxury that this country alone can put forth. It's essentially the concept behind the tokonoma [an alcove in a Japanese-style reception room for displaying a flower arrangement or other piece of art]. The space exists to inspire you—maybe to display a single-flower arrangement, or to hang a picture scroll. Japanese culture can often come across as impenetrable, but if we can convey a sense of "this is open to interpretation", I think people would be much more interested in seeing what Japan has to offer. So we should give foreign visitors a taste of Japanese-style luxury as a way of speaking to their inner desires. We should possess a true understanding and appreciation of our own cultural background and focus on how to present a vision that will inspire people to come all the way to Japan to experience it firsthand—to buy and take home. And that may be different from the conventional image of luxury put forth by high-end brands up until now. But I believe it is the path to realizing the New Luxury envisioned by GINZA SIX. My wish is for GINZA SIX to become the heart and soul at Ginza's center, a wellspring of new ideas, beauty, and value.

How to Care for Your Winter Wear

by anne @ Outlet Shoppers

Beware ladies– winter weather is here, bringing its usual, hard-hitting rage onto our beloved winter fashions. With the numbing wind, ice and frost, the sidewalks become a warzone as we struggle to strut elegantly through the slush and muck. Our mission: protect our beautiful garb in these harsh conditions. But this can be a taxing... [Read More]

The post How to Care for Your Winter Wear appeared first on Outlet Shoppers.

中央通りに「のれん」を掲げる6ブランドの挑み

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIX仕様のストアデザインの共演 GINZA SIXには100を超える旗艦店、国内および銀座初店舗や新業態なども含め、約240もの世界のブランドが集結する。なかでも中央通り沿いにエントランスを構え、GINZA SIXの建築を担当した谷口吉生の提案である「のれん」として独自のファサードを設けるのはDIOR、VALENTINO、CÉLINE、FENDI、SAINT LAURENT、VAN CLEEF & ARPELSの6ブランドだ。 世界に店舗を展開するラグジュアリーブランドはそれぞれ、建築や空間、そこに使用される贅沢な素材、オリジナルの家具に至るまで、揺るぎないストアコンセプトを持っている。だが、オープンする店舗ごとに現代のラグジュアリーを感じさせる新たな挑戦と、場所性を汲んだアプローチが加わってはじめて、完成を見る。そういう意味で、今回のGINZA SIXにおいて銀座という場所性に匹敵するのはまず「のれん」のデザインであり、そのうえで、ファサードをくぐった先の店内空間の挑みが見どころといえる。 GINZA SIX Exclusive Retail Designs Share Center Stage When its doors open, GINZA SIX will be home to about 240 brands from around the world, including over 100 flagships, brands coming to Japan or Ginza for the first time, and new retail concepts making their Japan debut. Six of these brands will have entrances and unique facades along Ginza's main shopping thoroughfare, Chuo-dori: DIOR, VALENTINO, CÉLINE, FENDI, SAINT LAURENT, and VAN CLEEF & ARPELS. The idea for brand-specific facades originated from GINZA SIX's architect Yoshio Taniguchi, who looked to the tradition of Japanese stores hanging up noren, entrance curtains decorated with low-key motifs (usually the store's logo or crest). Luxury brands have a worldwide presence, and each of their retail locations have a clearly defined store concept that is reflected in everything from the architecture and the interior space to the extravagant materials used therein, and even down to the original furniture. But there are more pieces to the puzzle: each new store must have something bold and new to say about contemporary luxury, and embrace a sense of place and local identity in their approach. In that sense, the noren-inspired designs of the facades at GINZA SIX are a tribute to the noren-lined historical townscape of Ginza—and what lies behind them is sure to delight and impress. Valentino - Ginza designed by David Chipefield まずDIOR(地下1階・地上4階)はGINZA SIXの建築を担った谷口吉生がファサードも担当。衣擦れの音を呼び起こすような独特のデザインがベールを脱ぐ。店内はアメリカを拠点に、DIORの世界中の店舗をはじめ多くのブランドの建築空間を手がけるピーター・マリノによって、コンテンポラリーな雰囲気とモダンな家具が一体感をもって溶け込んだ空間に。さらに1階の通りには4つの大きなウィンドーが設けられ、中に足を踏み入れると高さ7メートルの吹き抜けのアトリウムが出現。インテリアのカラーは白いトーンが強調され、上階にあるシューズコーナーの壁にはパリの現代アートシーンで注目を集めるスウェーデン出身のタリク・キスワンソンのアートワークが設置されるなど、ギャラリーとしてのエレメントも醸す。 またVALENTINO(地下1階・地上4階)はイギリスを代表する世界的建築家の一人デイヴィッド・チッパーフィールドと、ブランドのクリエイティブディレクターであるピエールパオロ・ピッチョーリがタッグを組み、革新的なストアコンセプトを提案。ファサードには全面にメタルメッシュを使用し、日中は中央通りに面する窓からの日差しをやわらかに、夜は店内の光を通りに落とすコントラストを生み出すと同時に、ゲストのプライバシーにも配慮した。エントランスの扉はブラックメタルのミニマルな素材とし、これはメタルメッシュと同様、谷口の建築とのハーモニーのため。一方で店内は「宮殿」をテーマに、その独特の雰囲気を作り出すために新しいものだけではなく古いものを組み合わせることで、従来のデザインに代わる空間を実現。ブランドを体現するエレメントを結集させながらも単なるノスタルジックではない、過去の遺産と新しい未来のアイデアが共存する空間に挑んでいる。 For DIOR(B1-4F), the architect Yoshio Taniguchi conceived a unique facade evoking a tonal interaction of a dress, structured by four large windows at street level. Inside, Peter Marino, the U.S.-based architect of DIOR boutiques around the world as well as other brands, has created a contemporary atmosphere dominated by white tones, in which modern furniture integrates seamlessly. As the visitors enter, they are greeted by the House's seven-meter high atrium. Adding to the gallery-like feel, the walls in the shoes section on the second floor are decorated with the artwork of Swedish-born Tarick Kiswanson, who is currently being hailed as the next big thing in Paris's contemporary art scene. Next is VALENTINO (B1-4F), where creative director Pierpaolo Piccioli has teamed up with world-famous British architect David Chipperfield to boldly put forth an innovative store concept. The facade is made up of metal mesh from top to bottom, creating a contrast between the gentle rays of sunlight that enter through the windows facing Chuo-dori during the day, and the glow from inside the store that illuminates the street at night—while maintaining a private shopping experience all throughout. The minimal design of the black metal front doors complements the metal mesh, both of which are beautifully in tune with Taniguchi's architecture. Inside is a palazzo-themed retail space furnished and decorated with things both new and old to create a one-of-a-kind atmosphere, an intriguing alternative to the brand's traditional space design. All of the brand's iconic elements have been gathered here, but much more than a collection of nostalgia, this is a space that demonstrates that there is plenty of room for heritage to coexist with forward-thinking ideas. そのほかCÉLINE(地上2階)は「のれんとしてのファサード」という提案に対し、“地域性”と“時間”というキーワードのもと、日本の土を使った陶の造形でファサードを表現。長く受け継がれてきた職人の手仕事による陶は、一つ一つのピースが唯一無二の素材感を放ち、店内のディテールにも主に土や石といった温かみを感じる天然素材を使用する。陶のピースのレイアウトは日中の外部から内部、夜の内部から外部と、それぞれの光の表情にも配慮。装飾的なアプローチから一線を画した繊細な表現で、個性的な世界観を作り出す。さらにFENDI(地下1階・地上3階)はローマの歴史的建造物で、ブランドの本拠がある「イタリア文明宮」からインスピレーションを得たファサードをデザイン。ブランドの視点を通して見たローマをGINZA SIXに投影するかたわら、幾何学的でありながらエレガントなアーチの連続が日本の伝統的な「のれん」との情緒的な繋がりを表現するなど、どちらのブランドも日本を意識したアプローチが特徴的だ。 転じてSAINT LAURENT(地上3階)はブラックとホワイトの大理石を贅沢に装飾的に使用し、典型的なアール・デコをイメージさせる空間を提案。ショーケースや棚などにミラー仕立ての素材を用い、ミニマムを基調とした空間を通じてブランドの世界観を伝える。VAN CLEEF & ARPELS(地下1階・地上2階)ではやわらかな漆黒からゴールドへと変化するファサードが陽光を受けて輝き、店内は階段の手すりをはじめ、壁面、エレベーターの内部などにアール・デコのデザインを強く打ち出すことで、GINZA SIXの世界観に繋がるシックな空間を印象付ける。 なお、商品展開に関しては、DIORがアジア初となるブランド独自のセンスで生活雑貨などをセレクトしたコーナー「Dior MAISON」を展開。VAN CLEEF & ARPELSは2階すべてを国内初のブライダルサロンに。VALENTINOではパリコレクションのランウェイに登場した特別なピースが店頭に並ぶなど、すべてのブランドが国内最大級の店舗となり、フルカテゴリーのアイテムを取り揃える。 CÉLINE (1F-2F) unveils a facade with a truly noren-inspired design, a statement on sense of locality and time made up of pieces of ceramic made from Japanese clay. Each and every piece of ceramic has been crafted by master potters in a long-cultivated and passed-down tradition of artisanal handicraft, creating the perfect introduction to the detailing of the interior, which incorporates mostly natural materials like clay and stones to impart an earthy warmth to the environment. Here, again, the arrangement of ceramic pieces gives rise to a contrast between light flowing in during the day, and the radiance given forth at night. This is a delicate, sensitive display that takes a different approach from purely decorative designs to create a singular expression of the CÉLINE universe. FENDI (B1-3F) has put up a facade inspired by the historic Palazzo della Civiltà Italiana in Rome, which currently houses the brand's headquarters. It is both a projection of Rome through the eyes of the brand's aesthetic, as well as a collaboration across cultures: the row of arches are geometric yet elegant, and embody a sentimental connection to Japan's tradition of noren. Then we turn to SAINT LAURENT (1F-3F), which has created a space that evokes classic Art Deco design with lavish, decorative use of black and white marble. The showcases and display shelves are made using a material with a mirror finish and are positioned in a minimal space that allows the brand's vision to take center stage. At VAN CLEEF & ARPELS (B1-2F), the facade goes from soft jet black to gold and shimmers in the sunlight. The interiors feature Art Deco detailing, from the handrails on the stairs to the walls and even inside the elevator, bringing the impressively chic space in harmony with GINZA SIX's overall aesthetic. One last note on product offerings—these six boutiques will be among each brand's largest retail locations in Japan, and each will carry the brand's full range of products. This includes, but is not limited to, the following: DIOR will present its Dior MAISON collection of select lifestyle items and homeware for the first time in Asia, while at VAN CLEEF & ARPELS, the entire second floor will be a dedicated bridal salon, a Japan first. VALENTINO will offer exclusive pieces from its Paris Runway Collection.

e.m.LAB「COLOR」9.14(Thu)-10.1(Sun)

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.の夏の一大イベント e.m.LAB 2017年は「COLOR」と題し 世界に1つの あなただけのCOLORを探す旅にいざないます     【COLORing】 お客様がカラーリングしたぬり絵がそのままアクセサリーに! リングやピアス、チョーカーまで様々なアイテムからお選びいただけます   パール付き一文字リング(左) emev-AR202 21,600円 クリスタル取り巻きリング(中央) emev-AR204 34,560円 3石チョーカー(右) emev-AN59 32,400円   【COLORing SPECIAL】 定番リングの全てのキュービックジルコニアのカラーをセレクトして頂ける 新登場のスペシャルなリング2型のシリーズです   上面ぐるっとうめこみリング emev-AR206  43,200円 4石揺れリング emev-AR207 30,240円   【e.m.eternal CUSTOMIZE ORDER】 人気の定番アイテムに、さらに可愛いモチーフをプラスして登場致しました 昆虫モチーフやスタッズ、宝石の詰まった鳥かごなど、e.m.ファン必見です   虫モチーフ1石CZリング(アリ、てんとう虫、ハエ) emev-AR194,196,195 各23,760円 鳥かご+パール揺れリング emev-AR197 29,160円 上面CZぐるっとうめこみ+アリリング(手前)emev-AR199 38,880円 鳥かご揺れピアス (左)  emev-AP283 15,120円   【SPECIAL WORKSHOP】 お好きなカラーで色を付けて頂ける期間中限定のWORK SHOPメニュー パールキャッチお花ピアス(1P) 短・長 emev-LBAP23,24 各4,320円 シルバーリング1色、2色 emev-AR193,192 各15,120円 詳しい日程はe.m.HPよりご覧くださいませ   【COLOR STONE SELECT】 e.m.の定番デザインのアイテムにお好みのカラーストーンをセッティングして頂けます 今回初登場のカラーご用意しております CZ+パール揺れリング(上右) emev-AR65  25,920円~ CZ4つ爪留めリング(上左) emev-AR81  18,360円~ CZチェーン揺れパールキャッチピアス(下中央)emev-AP123 9,720円 *全て税込み価格です   → SPECIAL Site ← 特設サイトでも詳しくご案内しておりますので合わせてご利用くださいませ   期間限定の特別なイベントとなっております この機会にぜひご利用くださいませ

bareMinerals 12.0% Cash Back + Coupons

bareMinerals 12.0% Cash Back + Coupons


Ebates

Shop smarter at bareMinerals! $10 Welcome Bonus when you join Ebates today.

40年の技術が結集した世界最薄の光発電時計をはじめ、世界最大級のコレクションを展開

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

文字板を通過した光がソーラーセルで電気エネルギーに変換され、モーターに伝わることで針を動かす。その革新的技術を「Eco- Drive (エコ・ドライブ) 」と名付け、CITIZENが世界初のアナログ式光発電時計を発売してから40年。2016年に発表されたわずか1mmのムーブメントを内包した世界最薄 (*1) 2.98mmのケースを持つ光発電時計「Eco-Drive One (エコ・ドライブ ワン) 」は、極限的な薄さとそれを呼応するように無駄を削ぎ落したデザインの美しさが、世界で大きな話題を呼んだ。 今回、世界最大級のフラッグシップストアとなるGINZA SIX の「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」の限定コレクションに選ばれたのも、この「Eco-Drive One」。黒文字板のモデルに同じく黒のワニ革のバンドを合わせ、特別にミニマルなデザインに映える光沢あるテジュー革の換えバンドもセットに。目出度さを強調する朱色の漆ボックスには、その薄さを際立たせるべく時計は縦に収容された。 装着具である以上、より人間の身体にフィットするべく進化を遂げたい——。2018年に創業100年を迎えるCITIZENでは、以前から最薄への挑戦を重ねてきた。東京・田無の本社内に設けられた「シチズンミュージアム」 (非公開・最下写真) に陳列された過去のアーカイブにも、「Eco-Drive One」に通じる数々の薄型モデルを見つけることができる。にもかかわらず、「Eco-Drive One」は“薄さ1mmのムーブメント”という夢の実現のため、85の部品のほとんどをゼロから再構築。そうして開発されたパーツが今度は長野県飯田市にある工場の熟練マイスターに託され、自社内で一貫製造された時計はまさに装着を忘れるほど肌と一体化した新体験が感動を呼ぶ。 そしてもうひとつ、CITIZENの先端技術や伝統工芸など匠の技を生かした立体的かつ独創的なモデルで知られる「CAMPANOLA (カンパノラ) 」から、会津漆の伝統工芸士、儀同哲夫さんによる漆塗り文字板の限定モデル「金鸞 (きんらん) 」も発売。文明開化の時代に銀座に建ち並んだ西洋建築の白い壁、黒い屋根、金の装飾をヒントに、5層に塗り重ねた黒漆の上に粒子の丸い純金を撒き、定着した金粉の上から黒漆を薄く塗り、さらに刷毛で漆を洗い出し、墨を使って研磨。文字板の中央部を丹念に研ぎ出すことで、光沢を持たせた。さらに今回はシチズンウオッチグループのひとつであるスイスの「ラ・ジュー・ペレ」社の機械式ムーブメントを搭載することで、日本とスイスの技の融合という新しい価値を創造した。 ちなみに、これら特別な限定コレクションが華を添える「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」が目指すのは、幅広いレンジのグローバルブランドも取り扱う新たなシチズンの姿だ。店ではシチズンブランドのほか、スイスのラショードフォンに工房を置くマニュファクチュールブランド「Arnold&Son (アーノルド&サン) 」、アメリカを代表する時計ブランド「BULOVA (ブローバ) 」、スイスのジュネーブでデザインから開発、組立までを行い、洗練されたデザインと品質の高さが特徴のブランド「Frederique Constant (フレデリック・コンスタント) 」といったシチズンウオッチグループを構成する主要な時計ブランドのコレクションも一同に展開。「まずは時計に関心を持ち、実際に触れてほしい」という想いのもと、修理工房なども完備した約300㎡のストアでは「タッチ&トライ」コーナーを充実させ、ショーケースから出してもらわずとも自ら気軽に時計を試すことができる空間づくりにも挑戦している。 (2017年3月取材) *1 アナログ式光発電時計において、2017年2月のCITIZINE調べによる CITIZEN「Eco-Drive One」CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO限定セット (¥750,000 ※税抜き価格) 限定5セット CAMPANOLA「Mechanical Collection」CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO限定モデル「金鸞 (きんらん) 」 (¥1,200,000 ※税抜き価格) 限定20本 問合せ CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO (1F) TEL.03-6263-9987 店舗詳細 http://citizen.jp/flagshipstore/ Edit & Text by Yuka Okada / Photographs by Satoko Imazu (Citizen Museum)

D-BROSの割れない花瓶。GINZA SIX限定デザインのギフトボックスを発売開始。

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

デザイン会社DRAFTが運営するプロダクトブランドD-BROS(ディーブロス)。 「デザインは楽しい」をコンセプトに、グラフィックデザインを活かしたユニークなアイテムを提案するプロダクトショップです。 花瓶の常識を覆す「割れない、軽い、かさばらない」 D-BROSの「フラワーベース」は、従来の花瓶の常識を覆すユニークなアイデアで、2003年の発売から続くロングセラー商品です。平面のグラフィックが立体的な花瓶になることでデザインの見え方も変わり、驚きを与えてくれます。 一見ガラスの花瓶のように見えますが、実はビニールで作られています。 平らなビニールの袋に水を入れるとぷくっと膨らみ、安定した美しい花瓶に変身します。 倒れても割れることなく、使わない時は折たたんで保管できるため、場所もとらず、繰り返しつかえる利便性がちょっとしたギフトやお土産に喜ばれています。 デザインやサイズも豊富に揃っているので、飾るお花やお部屋、贈る相手によってお選びいただけます。 50種以上のデザインをご用意しておりますので、ぜひ一度店頭でご覧ください。   贈り物にぴったりなギフトボックス そして、この度、贈り物にもうれしい「ギフトボックス」が新発売になりました。 お花をテーマにデザインされた4種類のギフトボックスは、ここでしか手に入らないGINZA SIX限定デザインです。 お好きなフラワーベースを選んだら、ギフトボックスにお入れします。 お土産や敬老の日の贈り物にいかがでしょうか? >>フラワーベースの動画はこちらからご覧いただけます   ・フラワーベース(1〜2枚入り) 1,080円 〜3,024円 (税込) ・フラワーベース ギフトボックス 540円(税込)   D-BROS GINZA SIX 公式サイト http://db-shop.jp/ginza/ D-BROS 公式Instagramアカウント @dbros_official1995

Charleston Tanger Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Charleston is known for great beaches and fantastic seafood. Yet one of the other great things this area has to offer is some of the best shopping. Located at 4840 Tanger Outlet Boulevard in Charleston, South Carolina is Tanger Outlets Charleston. With plenty of free parking, this is an easy stop to make before relaxing... [Read More]

The post Charleston Tanger Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

Bare Escentuals bareMinerals Authentic Vs Fake

Bare Escentuals bareMinerals Authentic Vs Fake


eBay

During the last year, I have noticed counterfeit bareMinerals have been inundating Ebay. It seems that more sellers are selling the fake bareMinerals than the real ones, which is frustrating for the sellers...

bareMinerals | Stamford Town Center

bareMinerals | Stamford Town Center


www.shopstamfordtowncenter.com

Experience the foundation that started the makeup revolution. bare Minerals/ Bare Escentuals has always focused on using only the finest ingredients in its products and this commitment led to the creation of award-winning mineral makeup. Free of any preservatives, fillers, or binders, 100% pure bareMinerals represents the ideal mix of makeup and skincare; problem-solving cosmetics that perfect and pamper the complexion. This is makeup that works with your skin, not against it.

古様な素材を提案することで、一番新しいプレミアムラウンジを

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

杉本博司と榊田倫之とのユニット「新素材研究所」 榊田:日本には1000年以上の文化のなかで培われてきた素材や工法があるのですが、今の時代に建築の仕事をしていると、どうしてもメンテナンスがしやすいものとか、寿命の長い素材をカタログから選ぶという現代的な手法に、一気に転換されようとしている状況を感じずにはいられません。 そんななかで、2008年に現代美術家の杉本博司と共に立ち上げた「新素材研究所」のコンセプトは「古様な素材を提案することが、今一番新しい」という確信を持って、アイロニカルに新素材研究と言っておきながら、実は古様な素材を研究し提案することを設計理念としています。ただ一方で、単純に数寄屋的や社寺的ということではなく、やはり現代の気分というのがあるので、素材や工法は古来であるけれど、納め方は現代的なディテールで構成していきます。 私は20代の多くを京都の建築家・岸和郎のもとで、近代以降の建築の様式や建築家と社会の関わり、建築家としてあるべき姿勢について学ぶことができました。ですから、建築家としての自分の骨格自体は岸に作ってもらえたと思っています。一方でアーティストでありながら若い頃から古美術商としてのキャリアも経てきた杉本と出会うことによって、日本の文化をエッセンスとして組み込めるようになったわけです。 杉本自身、私と共に新素材研究所を立ち上げるまでは、建築もインテリアも本人が現場に立ち会い、言わばセルフビルドでやってきていました。アート作品同様、そのコンセプトは非常に明解です。ただ、今回のGINZA SIXのように仕事として時間も予算も限りがあるとなったとき、杉本のパートナーとして、彼の主題やアプローチをどう解いて、空間に落としていくか。新素材研究所では、杉本と私がお互いにそんな明確な役割を持って、設計活動に取り組んでいます。 Hiroshi Sugimoto and Tomoyuki Sakakida Join Forces at New Material Research Laboratory Japan has specific materials and construction techniques that have been cultivated over a millennium, but in this day and age, you can't help but notice that the architectural zeitgeist is shifting towards the contemporary practice of methodically browsing through a catalogue for materials that are as maintenance-free and long-lasting as possible. Amid this shift, in 2008, artist Hiroshi Sugimoto and I established the New Material Research Laboratory (NMRL) with the philosophy that "The materials of the past provide a breath of fresh air today". So "New Material" is used ironically, as our focus is on researching and imagining novel uses for the materials that were used in ancient and medieval times. But that does not mean our designs are directly based on sukiya-style or the architecture of shrines and temples. We live in a contemporary age, after all, so while our techniques and materials may be from a past age, the design solutions that ultimately result consist of contemporary ideas and details. I had the privilege of working under the Kyoto-based architect Waro Kishi for most of my twenties, an environment that undoubtedly forged my instincts and my disposition as an architect. Kishi taught me about modern architectural styles, the role of an architect within society, and what an architect ought to be. And then meeting Sugimoto, an artist and someone who has had a distinguished career as a dealer of Japanese antique and folk art, has brought a new dimension to my work and showed me how to incorporate the essence of Japanese culture into what I do. Sugimoto himself, prior to creating NMRL with me, had already been dabbling in a number of architectural and interior design projects. Like his art work, his designs have a clear concept. With GINZA SIX, however, we were on a timeline and a budget. It was my job as Sugimoto's partner to interpret his themes and approach, and then translate them into interior design. At NMRL, we each have a clearly defined role to play in the projects we take on. プレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」のポイントは「素材」 GINZA SIXでは建築ではなく、プレミアムラウンジである「LOUNGE SIX」のインテリアデザインを手がけていますが、新素材研究所のテーマからぶれずに「日本的なものと現代をどう再編集していけるか」という感覚で空間を解いています。一番のポイントはやはり「素材」に尽きます。 エントランスで顧客の方々を迎えるのは横幅10メートルにもなる、黒漆喰による外壁です。下塗りまでは複数の職人を入れてやるのですが、フィニッシュは熟練の左官職人が一気に仕上げます。黒漆喰はコテの押さえ方によって色のムラが抽象絵画のようになったり、職人の手技を感じてもらえる見せ場になるはずです。 そこから、大正時代に看板建築などに使われたブリキを貼った鉄板の扉を入ったレセプションフロアの床には、1912年から78年まで京都を走っていた市電の下の"電石"を敷きつめました。言ってみればアンティークなのですが、集めていかないと数が揃わないので、「見つけたら、とにかく買う!」。他の建築事務所とスキームが決定的に違うのは、そういうところだと思います。 レセプションエリアの奥にあるメインルームは、開口部の少ない空間で買い物をされた顧客の方々に開放感を感じてもらいたいと思い、自然光が入るようお願いをしました。結果、大きな面にわたる窓には、新素材研究所のシグネチャー的な意匠でもある縦桟(たてざん)の障子を配しています。 また、「LOUNGE SIX」に併設する個室との境は引き戸にして、杉や檜など針葉樹の仲間である鼠子(ネズコ)の木のへぎ板を、胡麻竹(ゴマダケ)で上から押さえたディテールをあしらいました。へぎ板とは木のブロックに刃を入れて目に沿って裂いたものを差しますが、よく茶室の天井などに使われる素材で、今は買う人間がいないので、職人がほとんど残っていません。胡麻竹は茶室のにじり口などに使われる素材です。いずれも日本的なスケールで使われてきた素材を、現代のスケールに合わせて使っています。 LOUNGE SIX, Where the Materials Take Center Stage For GINZA SIX, we designed not the architecture, but the interior of its premium lounge, LOUNGE SIX, which allowed us to explore a central theme of NMRL: "reimagining Japanese-ness for a modern world". It all comes down to the materials, plain and simple. Guests will be welcomed at the entrance by a ten-meter wide facade with a kuro-shikkui [black shikkui plaster] finish. Everything up to and including the undercoat plaster was done by multiple craftsmen, but the finishing coat had to be applied at once by a master plasterer. With kuro-shikkui, differences in pressure applied with the trowel create a mottled appearance not unlike abstract painting—this display of craftsmanship at the entrance is the first highlight. From there, guests enter through a door plated with tin previously used for what they called "signboard architecture" [where traditional wooden townhouses were given a facelift by erecting western-style facades that resembled signboards] and the like during the Taisho Era [1912-1926], and find themselves in the reception area. At their feet is stone flooring comprised of denseki [literally, "tram-stones"] that were originally used to pave the ground beneath the tracks of Kyoto's municipal tram, which operated between 1912 and 1978. These stones are essentially antiques that we had to seek out and buy on the spot in order to put together the number we needed—we have to keep an eye out for this kind of stuff at all times. As I said, our methods and techniques can be unorthodox, but this is what sets us apart from other architectural firms. Beyond the reception area is the main room, which we designed to let in as much natural light as possible to provide our shopping guests with a sanctuary of sorts, away from the retail floor, which has less natural light in comparison. For the wall-spanning window, we've added one of NMRL's signature designs: a special type of shoji screen with framework composed of vertical bars. Sliding doors separate LOUNGE SIX from a number of private rooms. We added hegi-ita detailing using thin strips of Japanese arborvitae—an evergreen tree belonging to the conifer family that includes cedar and Japanese cypress—held down with gomadake bamboo. Hegi-ita is made by splitting lumber along the grain using an edged tool, and was traditionally used in the ceilings of tea ceremony rooms and the like, but nowadays there barely exists a market for such a material, and consequently there are only a few craftsmen left who can do this kind of woodworking. Gomadake bamboo is a material that is used mainly for the nijiriguchi [a small, crawl-in entrance to a tea ceremony room]. In both cases we've taken a material used in traditional Japanese proportions and adapted them on a modern scale. ほとんど特注デザインの家具はユニークさを追求 家具に関しては、ほとんどを特注でデザインさせていただきました。ラグジュアリーなラウンジとなると通常はイタリアの高級家具が置かれていて、シートが深めで、フェザーが入っていて座り心地がいいというパターンなどが少なくないと思うのですが、今回大事にしたかったのはユニークさです。 メインルームに置かれる「ヘリコイドソファ」は、やはり新素材研究所がインテリアと家具を手がけた表参道のカフェ『茶洒 金田中』の「ヘリコイドチェア」がヒントになりました。「ヘリコイドチェア」は、杉本の作品に三次関数の数式を表現した明治期の数理模型と機構モデル群を撮影した写真シリーズがあって、その螺旋(ヘリコイド)を描く模型から関連付けた片肘タイプの椅子です。「ヘリコイドソファ」ではこれをもう少しゆったりとしたサイズで、文字通り、ソファとしてデザインしています。 さらに、2015年に惜しまれながら取り壊されたホテルオークラ東京の本館ロビーにあったテーブルセットもヒントにしました。上から見ると椅子が梅の花びらのように見立てられていたのですが、「ヘリコイドソファ」も丸テーブルとセットになったとき、どこか花のような印象を与えるように意識しています。ただ、現代人のシートハイトに合わせて、足元をスレンダーにしてソファ部分にボリュームを持たせるなど、プロポーションには現代的なエッセンスを入れました。脚の素材には宣徳(セントク)メッキと言って、ふすまの手かけなどに使われる素材を使いました。研究所では古い風合いの色を愛でて"古美色(こびしょく)メッキ"と呼んでいますが、これも職人が少なくなっている技の一つです。 そんな総じて空港にあるようなVIP向けのラウンジとは全く違うアプローチの空間が、顧客の方々の目に新鮮に映ってくれることを願います。 A Unique Arrangement of Custom-Designed Furniture As for the furniture, we decided to custom design practically all of it. When you picture a luxury lounge, you usually think of luxury Italian furniture, you know, deep-seated sofas with feather-stuffed cushions and so forth. But for GINZA SIX, we wanted to go for a more unique approach. In the main room are Helicoid Sofas, which are direct cousins of the Helicoid Chairs we designed for the Sahsya Kanetanaka cafe in Omotesando. The Helicoid Chair is a chair with a helix-shaped backrest that takes its inspiration from a series of photographs taken by Sugimoto of "stereometric exemplars", that is, mechanical models and sculptural renderings of mathematical models purchased from the West during the Meiji Era [1868-1912]—specifically, the spiral-shaped "helicoid" sculpture. The Helicoid Sofa is a slightly larger, more inviting lounge chair version of that. We also took inspiration from the round tables and chairs that graced the main lobby of the regrettably demolished Hotel Okura in Tokyo. When seen from above, the round table and the chairs surrounding it were arranged to resemble a plum blossom in full bloom. Similarly, the round tables and Helicoid Sofas in the GINZA SIX lounge were designed to evoke the image of a flower when arranged together. Of course, we've adjusted the seat heights to accommodate a variety of statures, made the leg area less bulky, made the seat cushions more plush, and gave the overall proportions a modern update. We've applied sentoku plating to the legs—sentoku is a kind of yellow bronze used for fusuma handles [typical fixtures in traditional Japanese-style houses used as sliding doors or room dividers]. At NMRL we affectionately refer to this material and its aged texture as "kobishoku plating" [literally, "beautifully aged color"]. Yet another example of a technique with an ever-dwindling number of master practitioners. All in all, we've taken a much different approach than your standard airport-style VIP lounge. It is our sincere hope that we have created a novel space for our guests to sit and relax. (2016年9月インタビュー) Interview and Text by Yuka Okada / Photographs by Daisuke Akita 銀座遠望 杉本博司 私の実家は戦前銀座二丁目で創業した銀座美容商事という美容品を扱う問屋を経営していた。戦後は御徒町に移ったが、銀座は子供の頃から慣れ親しんだ街だった。母親とは時々不二家の洋食を食べにいったが、週末は着飾って家族でニュートーキョーの中華料理を食べに行った。ニュートーキョーの窓辺から眺める数寄屋橋下の水面に移るネオンの輝き、今は首都高に覆われその風情は無い。私がアーティストとして頭角を初めて現したのも銀座だった。小学校4年の時、私は銀座松坂屋の屋上から服部時計店方面を見た絵を描き、子供絵画コンクールに出品したのだ。その絵は見事入賞を果たし、世界巡回展に展示され、そのまま帰って来なかった。コンクール授賞式は護国寺近くの講談社本社で開かれ、私は晴れの表彰状を受け取ったのだが、私はその時、その大名庭園風の庭に感銘を受けたのだ。私は大人になったらいつかこんな庭を造ろうと思った。模型少年だった私は、その庭を巨大な自然を模した模型だと思ったのだ。その後私は同じ世界の模型化である写真へと興味の対象を移していくことになる。その庭も首都高6号線となって消えてしまった。こうして私が思いでの地の一画に再びアーティストとして関れるのも不思議な因縁で、私は先祖帰りしたような気分でいる。 銀座は土地柄が美人だ。その地へと赴くとき、人々は着飾って出かけた。美人に厚化粧は向かない。素肌にうっすらとひと刷の白粉(おしろい)。これがこの度のGINZA SIXの化粧方針だ。「New Luxury」とは豪華を隠すことだ、豪華さをひけらかすことが20世紀までの豪華の世界スタンダードだった。しかし我が国の伝統的な価値観ではそれは「野暮」と称されてきた。利休のいう「名馬を藁屋に繋ぎ止めたる風情」これが「粋」というものだ。粗末な茶室で名椀を使う、というのもこの感性の延長線上にある。しかしここで重要なのは粗末を装いながら実は手の込んだ造作を演出する点にある。いわば金持ちが貧乏人を装う、この美意識は転び様によっては洗練か嫌みの境界線上にある。名人が危うきに遊ぶように、時代の新しい感性は常に反動の揺り戻しに晒される。 銀座の土地柄を美人に保ち続けること、それも日本の伝統的な美意識に則って。これが私達に課せられた使命だ。 Text by Hiroshi Sugimoto A View over Ginza Before the war our family home was in Ginza 2-chome where we had a beauty products wholesale business called Ginza Beauty Trading. The business moved to Okachimachi after the war, but I was still very familiar with Ginza from childhood. Now and again my mother took me to Fujiya for Western food, while at the weekend the whole family would get dressed up and go to the New Tokyo for a Chinese meal. The gleaming neon reflections on the water beneath the Sukiyabashi Bridge that I could see from the restaurant's windows are gone now that the canal has been covered over by the Shuto Expressway. It was also in Ginza that I achieved prominence as an artist for the first time. In my fourth year at primary school, I painted a picture looking from the roof of Matsuzakaya department store towards the Hattori watch and jewelry store and entered it into a children's art competition. To my surprise, the picture won a prize, whereupon it was sent off on a world tour—from which it never returned. The prize ceremony was held at the offices of the publisher Kodansha near the Gokokuji Temple. They presented me with a magnificent certificate, but what really impressed me was their formal Japanese garden, which seemed worthy of a feudal lord. "When I grow up, I want to make a garden like this," I thought. As a boy, I loved making models and I saw the garden as a scaled-down model of far larger nature. Later, my interest was to shift to photographs, another "modelized" version of the real world. That garden too has gone, replaced by Route 6 of the Shuto Expressway. By a twist of fate, I find myself once again involved as an artist with a piece of land that is so rich in memory for me. It feels like an atavistic reversion. As a district, Ginza's character is that of a beautiful woman. Everyone who goes there decks themselves out in their finest clothes. Heavy makeup, however, does not become a true beauty; far better is a light dusting of face powder. GINZA SIX shares this cosmetic philosophy. Concealing luxury is the new luxury. Flaunting it was standard practice worldwide until the end of the twentieth century. According to Japan's traditional values, however, that is mere boorishness. Japanese-style iki, or chic, consists, as Sen no Rikyu said, in "tying a fine horse to a thatched house." Drinking tea from an exquisite bowl in a rustic tea house is an extension of this philosophy. The important thing is to create a pretense of coarse rusticity while deploying the most refined utensils. This esthetic, which is like a rich person trying to pass themselves off as poor, can find itself teetering on a knife-edge between the offensive and the sophisticated. Still, the master practitioners of any art are always drawn to danger and the sensibilities of a new age are invariably exposed to reaction's backlash. Text by Hiroshi Sugimoto

2017 PRE FALL COLLECTION

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

  2017 PRE FALLコレクションが入荷いたしました。 機能性とフェミニンさが融合した2017 PRE FALLコレクションは独特なプリントやベルベット素材、エッジが効いたデザインに注目。 現代女性のワードローブをクラスアップさせる上質なアイテムが揃います。   是非店頭にてご覧ください。 Instagram: https://www.instagram.com/bmb_store_tokyo/  

GINZA SIX SALE

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

6月30日(金)より、「GINZA SIX SALE(ギンザ シックス セール)」を開催します。 メンズ・レディスのファッションアイテムから、ジュエリーやライフスタイルまで、館内約90店舗にて今シーズンのトレンドアイテムを特別価格でご提供します。 実施期間:2017年6月30日(金)~ 7月17日(月・祝) 参加店舗:約90店舗 ※セール開催期間は、一部店舗で異なります。 ※一部セール対象外の商品がございます。 ※オフ率や対象商品などの詳細は、各店舗に直接お問合せください。 セール参加店舗(一例) B1F e.m.PICTURESQUE 1F     the HOUSE 2F     BALLY、Giuseppe Zanotti(7/1-)、Maison de NADIA、Manolo Blahnik(7/1-)、SIXIÈME GINZA、VERSACE(7/1-)、Y-3(7/1-) 3F     ALEXANDER McQUEEN(7/1-)、ALEXANDER WANG、BY MALENE BIRGER、CoSTUME NATIONAL、DIESEL BLACK GOLD、DSQUARED2、EQUIPMENT、HERNO(7/1-)、KENZO、lucien pellat-finet(7/1-)、Maison Margiela、MARNI(7/1-)、MM6 Maison Margiela、MOSCHINO、Mulberry、Neil Barrett、N˚21(7/1-)、rag & bone、See By Chloé、TARA JARMON、UNDERCOVER(7/1-)、Vivienne Westwood、3.1 Phillip Lim 4F     ADORE、BEAMS HOUSE WOMEN、CA4LA、CIBONE CASE、DRESSTERIOR、ebure、ESSEN.LAUTRĒAMONT、Ground Y(7/1-)、HELMUT LANG(7/1-)、JOTARO SAITO、l'héritage martinique、OKANO、PARIGOT、Paul Smith、Tabio Japan、Theatre H.P.FRANCE、Theory(7/14-)、TOWEL THINK LAB、TRANSIT PAR-SUCH、Vulcanise London Ginza、漆器 山田平安堂、#0107 PLAZA 5F    adidas Originals Shop、AKM、ATTACHMENT、BARBOUR、BRITISH MADE / Drake's、CONVERSE TOKYO、DENHAM(7/1-)、DIESEL、FREEMANS SPORTING CLUB、JOSEPH、junhashimoto、KURO、MARK'STYLE TOKYO、N.HOOLYWOOD、OSKLEN、Paraboot、RAWLIFE、THE GENERAL STORE、THE NORTH FACE UNLIMITED、TUMI、WOOLRICH、World Footwear Gallery

GSIXというロゴタイプに込めたのは、銀座の持つ軸性

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

銀座にふさわしいロゴタイプとは 銀座という街はピシッとした「軸」を持っていると思うんです。例えば同じ東京の繁華街でも、六本木なんかはぶれてもいいし、むしろぶれているものが集合することが魅力になっているかもしれない。新宿はエネルギッシュな混沌の極みでいい。ですから今回、GINZA SIXというとても大きな商業施設ができてハイブランドも多数入ってくると聞いたとき、ロゴタイプを中心とするVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)にはあらゆるものを支える、相当に強靭な「軸性」が必要だと思いました。 一方で谷口吉生さんの建築は派手なテクノロジーや意匠を詰め込んで「すごい!」と言わせるようなものではなく、極めて静的でミニマルです。そういう建築に寄り添おうとするとき、ロゴだけが華奢だったりディテールが賑やかだったりすると、建築の力を削ぐような気がしました。簡潔なものは同じ世界観でつながっていかないと意味がないんですね。 結果、今回のロゴも「こんなにシンプルでいいの?」というものになりました。簡潔ゆえ、ラグジュアリーやファッションだけでなく、伝統文化やハイテクノロジー、コンテンポラリーアート…あらゆるシーンに寄り添えるものになっていると思います。 ちなみに、メインのロゴとして「GSIX」が立っていますが、当初の課題は「GINZA SIXで作ってほしい」というものでした。ただ、私は1983年に日本デザインセンターに入社してからもう33年も銀座が仕事場で、ビルにしても店舗にしても銀座という名前の付いたところばかりだなとちょっと飽きてしまっていて…(笑)。そこで「GSIX」と短縮形を提案しました。 色は「G」だけをゴールドにしています。僕にとって銀座のイメージカラーは金色です。銀座なのでシルバーと言いたいところですが、先ほども話した「軸性」にふさわしい色だと思います。 A Logotype Fit for Ginza If you ask me, Ginza is a shopping district that has poise. Look at other bustling areas here in Tokyo: Roppongi can be indecisive and even insecure, and you could even say that its very charm lies in it being a hodgepodge of ambivalent ideas. Then there's Shinjuku, which is brimming with energy and is the epitome of chaos—in a good way. So when word came to me that a large shopping mall called GINZA SIX was being built with many high-end brands among its tenants, I knew that the logotype and the entire visual identity around it had to have the kind of solid backbone that can stand the test of time. At the same time you have Yoshio Taniguchi, whose architecture is not the kind that wows you with showy technology or excessive design—rather, it is extremely static and minimal. When you think about how closely the logo will be associated with the building itself, and vice-versa, a logo that disregards the overall aesthetic and is too refined or too festive may unintentionally subvert the power of the architecture. If the architecture and the visual identity were both going for simplicity, it had to be within a unified aesthetic—otherwise, there would be a disconnect. Consequently, the final logo for GINZA SIX ended up being surprisingly simple. But it's that simplicity that gives it almost universal applicability, whether it's luxury, fashion, traditional culture, cutting-edge technology, contemporary art...you name it. Incidentally, the main logo is comprised of the letters "GSIX", but initially I was asked to use the full name "GINZA SIX". But as someone who has been working in Ginza for 33 years since I first joined the Nippon Design Center in 1983, I had seen so many buildings and shops with "Ginza" in the name that it had become cliché…(laughs). So I proposed an abbreviated form: "GSIX". As for the color, only the "G" is gold. In my mind, if Ginza was a color, it would be gold. You were probably expecting me to say "silver" [Ginza means "silver mint"], but for me, gold captures its poise. ファサードを飾るサインと建築との関係 ファサードのサイン計画というのはどうしても建築ができた後に付加されるイメージがあります。文字の後ろに光を当ててロゴを浮かび上がらせて、といったものが多いのですが、GINZA SIXでは「GSIX」のサインが建築の中に埋め込まれ、はまり込んでいます。夜になると建物の内部から、文字が白く浮かび上がるような印象となります。これは建築と一体で計画しないと成立しません。ですから、銀座通りのビル群のファサードの並びのなかでより緻密に見えるというか、全然違う質と印象を与えてくれるのではないかと期待しています。 また、GINZA SIXの1階に居並ぶハイブランドのロゴと並んでも、「GSIX」のロゴが負けることなく屹立するとともに、それらを支えなければならない。そこで発揮されるのはやはり、ロゴの簡潔さに由来する「軸性」だと思います。 銀座の大通りにある大概のビルは、1964年の東京オリンピックのときにできあがったと聞きました。きっと2020年の東京オリンピックを契機として、銀座はまた生まれ変わっていくでしょう。そのときにどの建築家もデザイナーも、ステレオタイプではない日本を、つまり、江戸の紋章や水引の造型をそのまま持ち出すようなものではなく、どう未来的に表現するかを考えていくはずです。銀座は昔も今も日本を経由した新しい生長点を意識している街なのです。 そういう意味でGINZA SIXのロゴは「和」でもあり、外から来た人々をどう迎え、応接するか。そのあたりを考えながら作っています。 The Relationship Between Facade and Sign Plans for the sign on the facade usually come after the building has been completed; often the logo is simply attached to the front of the building and backlit to give it a three-dimensional appearance. But with GINZA SIX, the GSIX s"ign is embedded in the architecture and illuminated at night from within the building—giving it a distinctive white glow. For this to happen, the building letters had to be designed together with the architecture. So I'm confident that this facade will be able to hold its own along the stretch of facades on Ginza main street [Ginza's main shopping thoroughfare, Chuo-dori]. My hope is that it leaves a singular, lasting impression on customers and passersby alike. And of course, the GSIX logo has to be able to stand above the logos of the high-end brands that will occupy the ground floor of GINZA SIX. But at the same time it has to be able to give them the space to shine. That's where, I think, the logo's solid backbone will do the heavy lifting. Someone once told me that the majority of the buildings on Ginza main street were built to coincide with the 1964 Tokyo Olympics. Perhaps the 2020 Tokyo Olympics will be an opportunity for Ginza to undergo a renaissance. In the coming years I am sure all of the architects and designers involved in local projects will be inspired to design the Tokyo of tomorrow, rather than rehash stereotypical Japanese designs, such as Edo Period family crests and mizuhiki knots [a traditional decoration made from a cord of tightly wound and starched rice paper, often used to adorn gifts and cards]. Ginza has long been and will continue to be a growth point through which Japan strives to reach new heights. In that sense the GINZA SIX logo embodies wa [a cultural concept roughly translated as "harmony" or "peace", in addition to being an ancient name for Japan itself], and throughout the development process I was constantly asking myself how it would welcome and receive our guests. GINZA SIXに期待する役割 日本流の「価値」の示し方には、独特の方法があります。僕は海外の人にこれを説明するときに「Empty(空っぽ)」という言葉を用います。多くを示して圧倒させるのではなく、できるだけ何も示さないで、むしろ相手のイメージがあふれ出てくるのを受けとめることで価値を生み出すという方法です。 豪華絢爛なトプカプ宮殿のように宝石が散りばめられたような表現で人の注意を呼び込む手法もありますが、情報をこれでもかと詰め込んだりするのではなく"空っぽ"にしておく。そして、知らず知らずのうちに、人々が勝手につくり出したイメージでそこが満ちているというような。そうした方法で生み出されるのが、この国ならではのラグジュアリーということではないかと感じています。 例えば床の間は、花を一輪生けるとか、軸を一幅配することで何かを表現する。「見立ての方法はあなた次第」といった感覚を上手に運用できると、日本は面白く見えるんじゃないでしょうか。 そんな日本流のラグジュアリーを体現し、「欲しい」と言わせる。僕らが持っている文化の背景を咀嚼しながら、日本にわざわざ来て買いたいと思わせるものをどうやって見せていくか。 もしかしたら、今までハイブランドが示してきたラグジュアリーとは違うかもしれない。でも、そんなことが体現できれば、GINZA SIXの掲げる"New Luxury"にも結びついていくのではないかと思います。 銀座の真ん中にそうした価値を生み出し続ける心臓があったらいい。GINZA SIXにはそんな役割を期待したいですね。 High Hopes for GINZA SIX In Japan we have a unique way of expressing aesthetic value. When I try to explain this concept to foreigners, I use the word "emptiness". Instead of overwhelming the observer with ideas, you make every effort to impose nothing. It's about leaving room to receive the observer's worldview, interpretation, emotions, ideas, etc. The gorgeous and ostentatious Topkapı Palace in Turkey puts all of its jewels on display, and that is one way to attract interest—and certainly, one type of beauty. But what if instead of packing a space with every idea you've got, you left it as "empty" as possible? People would have the freedom to conjure up their own ideas and impressions—and the space would be all the richer for it. For me, that is the way to invoke a new vision of luxury that this country alone can put forth. It's essentially the concept behind the tokonoma [an alcove in a Japanese-style reception room for displaying a flower arrangement or other piece of art]. The space exists to inspire you—maybe to display a single-flower arrangement, or to hang a picture scroll. Japanese culture can often come across as impenetrable, but if we can convey a sense of "this is open to interpretation", I think people would be much more interested in seeing what Japan has to offer. So we should give foreign visitors a taste of Japanese-style luxury as a way of speaking to their inner desires. We should possess a true understanding and appreciation of our own cultural background and focus on how to present a vision that will inspire people to come all the way to Japan to experience it firsthand—to buy and take home. And that may be different from the conventional image of luxury put forth by high-end brands up until now. But I believe it is the path to realizing the New Luxury envisioned by GINZA SIX. My wish is for GINZA SIX to become the heart and soul at Ginza's center, a wellspring of new ideas, beauty, and value.

商業建築の理想は、変わらないものと変わるものの共存

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

「ひさし」と「のれん」が表現するもの 「建築は人間のための器である」 GINZA SIXの建築を手がけたのは、常々そのような考えで「器の中身」を引き立てる建築美を追求してきた日本を代表する建築家、谷口吉生だ。また歴史や痕跡という敷地条件と使用者である人との関係を第一とし、今回は特に建築における外観、さらに初期段階の都市デザインを担当。いずれも一番の課題は、ビルディング単体の設計を超えて一帯の再開発というGINZA SIXの最大の特徴であるスケールを活かすこと。一方でGINZA SIXという巨大な建物が建つことで、もともとの銀座にある路地の人の動線が途絶えることがないようにすることだった。 そのために、まず建築面ではGIZNA SIXの大きさを示す象徴として「ひさし」を提案。そのスケールゆえ、銀座のあらゆる路地から見えてくる建物が一目でGINZA SIXだとわかるように、オフィスが入る上層階ごとにステンレスの「ひさし」をぐるりと巡らすことで、水平的な統一性を表した。対して下層階を占める商業空間のうち、中央通りに並ぶ6ブランドのファサードを「のれん」として提案。「ひさし」とは対照的に、垂直方向に建物を小さく分節化することで人が中に入りやすい、銀座の細やかな路地の世界に繋がるスケールを表現している。 「建築は、当然その価値は永続的であった方がいい。一方でGINZA SIXのように商業建築の場合は、時代の変化や流行に従って、店舗の外観やサインにしても、すぐ付け替えられるのが理想的です。特に商業建築では、このような変わる部分と変わらない部分の共存が求められます。建築全体を統一する「ひさし」は変わらない部分であり、それに取り付けられる「のれん」は変わる部分です。何十年後も、GINZA SIXの建築の幹であるステンレス製の「ひさし」は、永久に今のままに街の姿を映し続け、ブランドによって自由にデザインされる「のれん」は、時代とともに変わり続けていく風景が理想です」 On the Significance of Eaves and Noren "Architecture is meant to be a vessel to house human beings." The architecture of GINZA SIX was designed by the renowned Japanese architect Yoshio Taniguchi, who has strived throughout his distinguished career to imbue his vessels with the kind of architectural beauty that elevates its contents. Taniguchi values two things above all else: the history and vestiges of memory that persist at a particular building site, and the relationship between a building and its intended users. For GINZA SIX, he has designed the building's exterior and prepared the initial urban plan. In both cases, his main challenge was to present a vision that went beyond a single building and embraced GINZA SIX's full scope as a redevelopment project on the grandest scale. At the same time, the new building was not to disturb the existing flow of pedestrian traffic through the surrounding streets of Ginza. To meet these goals, Taniguchi proposed using eaves to make an architectural statement that captured GINZA SIX's scale. Due to its size, the building would be visible from practically any street in Ginza, and needed an element that would make it instantly recognizable. The stainless steel eaves run around the upper levels where the offices are located to create horizontal uniformity. For the shopping mall that occupies the lower levels, Taniguchi proposed that the six brands on the ground floor facing out onto Ginza's main shopping thoroughfare Chuo-dori put up unique facades with designs inspired by the Japanese tradition of stores putting up noren, entrance curtains decorated with low-key motifs like the store's logo or crest. In contrast to the horizontal lines of the eaves, the facades divide the building into smaller segments that are more inviting and reminiscent of the world that lies in Ginza's intricate network of side streets and back alleys. "In a perfect world, the value of a building would remain unchanged over time. But in the case of commercial architecture such as GINZA SIX, it's ideal that the exterior elements and any signs can be easily modified or replaced to keep up with the times and changing trends. In commercial architecture, there needs to be a balance of constant elements and variable elements. So the eaves are a constant that ties the architecture together, and the 'noren' being put up are variables that are meant to be changed. Architecturally speaking, I see the stainless steel eaves as the backbone of GINZA SIX, which will be a permanent fixture of the Ginza skyline, while the 'noren' will change along with the times." ところでGINZA SIXが規格外のスケールである所以は、建物の表が接する中央通りと、裏が接する三原通りの間のあづま通りを含む二街区を一体化し、再開発した点にある。谷口が初期に関わった都市デザインではあづま通りを三原通り側に付け替え、地上部分は公園であった。その後、地上部分を観光用バスターミナルとし、その上にデッキを設けて、空中庭園のような空間とする計画となった。 ちなみに三原通りはかつて、柳が生える東京湾の船着き場でもあった。「設計者のモラルとして大事なのは、発注者のさまざまな要望に応えることと同時に、近隣環境への配慮を怠らないこと」。緑のデッキは中央通りの歩行者を三原通りへ引き込み、さらに周辺の路地へ分散させるためのものであるとともに『自然と水のある、憩いの場がほしい』という近隣からの要望の一つに応えたものである。 三原通り側にはオフィスのエントランスも設けられた。中央通りからGINZA SIXに来る人々は、ショッピングをはじめとした非日常を楽しみにやってくる。だが、オフィスワーカーにとってGINZA SIXはあくまで日常の場所だ。「オフィスに通う人のなかには、ショッピングとは関係がない人もいるかもしれない。一方、中央通り側は日本の商業の一等地。だからこそ、三原通り側と中央通り側それぞれに、違う顔を作った方がいいのではないか」 Incidentally, GINZA SIX's grand scale is due to the fact that it is a redevelopment project that will integrate a two-block area originally bisected by Azuma-dori into one, bordered by Chuo-dori in the front and Mihara-dori in the back. In the initial urban plan Taniguchi contributed to, a strip of land the size of the displaced segment of Azuma-dori was to be made a park along Mihara-dori. Later it was decided that the strip would be made an above-ground terminal for tourist buses, with a deck built over it envisioned as a garden in the sky. Historically, the Mihara-dori area was lined with willows and served as a dock for boats coming into Tokyo Bay. "It is my obligation as designer to meet the various demands of the client, but I also believe that it is my duty to be sensitive to the neighborhood surroundings." The garden deck is meant to draw the crowds on Chuo-dori towards Mihara-dori, dispersing pedestrian traffic into the surrounding streets, but it is also an answer to local requests for "a local oasis with some nature and water." On the Mihara-dori side we've set up an entrance for the offices on the upper floors. While the people that come to GINZA SIX from Chuo-dori will be looking to enjoy shopping and experience something out of the ordinary, office workers will come to GINZA SIX as part of their day-to-day lives. "It's important to recognize that there may be some people who work in the offices that have nothing to do with the shopping mall. At the same time, the area along Chuo-dori is Japan's most prized commercial real estate. So I felt that we needed separate entrances along Mihara-dori and Chuo-dori." なお、谷口の個人的な記憶にも通じる、歩行者のための街を象徴する銀ブラという言葉は、銀座という街の時代を超えるポテンシャルを感じさせるとも語る。 「小学3年のときに疎開先から東京に戻ってきたら、有楽町駅が焼夷弾で破壊されていて、銀座の通りにはバラックと呼ばれた露店がずらりと並んでいました。でも、それはそれで今とは違った面白みや活気があった。そんな終戦から72年目にGINZA SIXは誕生するわけですが、銀ブラというキーワードを内包する商業の中心地としての歴史が当時から今も変わらず、街に受け継がれているのはすばらしいこと。建築は新しく創造すると同時に、そうした歴史を繋いでいくことも重要であると思います」 GINZA SIXに思い出を刻む主人公は、谷口に「器の中身」を託された私たちだ。そんな一人一人の記憶がまた、未来に銀座を伝えていく。 Then there's the word gin-bura, a contraction of a phrase that means "to enjoy a stroll through Ginza." The term has special significance for Taniguchi, who believes it speaks to Ginza's timeless potential. "When I was finally able to return to Tokyo after the war ended, Yurakucho Station had been destroyed by the firebombing of Tokyo, and the streets of Ginza were lined with makeshift street stalls that were called 'barracks'. But even amid the disarray, there were things to keep us entertained, a different energy about town. GINZA SIX may be opening its doors 72 years after the end of the war, but Ginza's legacy as a commercial hub has been celebrated and passed down through the generations to this day—and gin-bura has always been a part of that. Architecture is the creation of new environments, but it is also important that it carries history and heritage to the future." The heroes whom Taniguchi has tasked with looking after the vessel's contents are you and me; the memories that each of us make at GINZA SIX will carry Ginza's legacy into the future.

8 Designer Brands You Shouldn’t Pay Full Price For and Why

by Curran C @ Outlet Shoppers

The average shopper knows a good brand when they see one, especially those savvy fashionista female shoppers. The average shopper also usually knows a good deal when they see one. The surprising news is that not every savvy shopper realizes those best of the best designer brand names don’t have to go for top dollar.... [Read More]

The post 8 Designer Brands You Shouldn’t Pay Full Price For and Why appeared first on Outlet Shoppers.

Grand Prairie Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

If you love outlet shopping and you are planning on being in the Dallas, TX area, you have to check out the stores at Grand Prairie Premium Outlets. Here you will find 102 stores and nine restaurants. Just about anything you could ever want can be found here, and you will find it all at... [Read More]

The post Grand Prairie Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

Gaffney Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Not all factory outlet shopping centers are created equal. This just means that each one has something unique to offer shoppers. While Gaffney Premium Outlets isn’t the largest factory outlet shopping complex out there, it still boasts 75 brand name outlet stores. With plenty of free parking and lots to see and do nearby it... [Read More]

The post Gaffney Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

中央通りに「のれん」を掲げる6ブランドの挑み

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIX仕様のストアデザインの共演 GINZA SIXには100を超える旗艦店、国内および銀座初店舗や新業態なども含め、約240もの世界のブランドが集結する。なかでも中央通り沿いにエントランスを構え、GINZA SIXの建築を担当した谷口吉生の提案である「のれん」として独自のファサードを設けるのはDIOR、VALENTINO、CÉLINE、FENDI、SAINT LAURENT、VAN CLEEF & ARPELSの6ブランドだ。 世界に店舗を展開するラグジュアリーブランドはそれぞれ、建築や空間、そこに使用される贅沢な素材、オリジナルの家具に至るまで、揺るぎないストアコンセプトを持っている。だが、オープンする店舗ごとに現代のラグジュアリーを感じさせる新たな挑戦と、場所性を汲んだアプローチが加わってはじめて、完成を見る。そういう意味で、今回のGINZA SIXにおいて銀座という場所性に匹敵するのはまず「のれん」のデザインであり、そのうえで、ファサードをくぐった先の店内空間の挑みが見どころといえる。 GINZA SIX Exclusive Retail Designs Share Center Stage When its doors open, GINZA SIX will be home to about 240 brands from around the world, including over 100 flagships, brands coming to Japan or Ginza for the first time, and new retail concepts making their Japan debut. Six of these brands will have entrances and unique facades along Ginza's main shopping thoroughfare, Chuo-dori: DIOR, VALENTINO, CÉLINE, FENDI, SAINT LAURENT, and VAN CLEEF & ARPELS. The idea for brand-specific facades originated from GINZA SIX's architect Yoshio Taniguchi, who looked to the tradition of Japanese stores hanging up noren, entrance curtains decorated with low-key motifs (usually the store's logo or crest). Luxury brands have a worldwide presence, and each of their retail locations have a clearly defined store concept that is reflected in everything from the architecture and the interior space to the extravagant materials used therein, and even down to the original furniture. But there are more pieces to the puzzle: each new store must have something bold and new to say about contemporary luxury, and embrace a sense of place and local identity in their approach. In that sense, the noren-inspired designs of the facades at GINZA SIX are a tribute to the noren-lined historical townscape of Ginza—and what lies behind them is sure to delight and impress. Valentino - Ginza designed by David Chipefield まずDIOR(地下1階・地上4階)はGINZA SIXの建築を担った谷口吉生がファサードも担当。衣擦れの音を呼び起こすような独特のデザインがベールを脱ぐ。店内はアメリカを拠点に、DIORの世界中の店舗をはじめ多くのブランドの建築空間を手がけるピーター・マリノによって、コンテンポラリーな雰囲気とモダンな家具が一体感をもって溶け込んだ空間に。さらに1階の通りには4つの大きなウィンドーが設けられ、中に足を踏み入れると高さ7メートルの吹き抜けのアトリウムが出現。インテリアのカラーは白いトーンが強調され、上階にあるシューズコーナーの壁にはパリの現代アートシーンで注目を集めるスウェーデン出身のタリク・キスワンソンのアートワークが設置されるなど、ギャラリーとしてのエレメントも醸す。 またVALENTINO(地下1階・地上4階)はイギリスを代表する世界的建築家の一人デイヴィッド・チッパーフィールドと、ブランドのクリエイティブディレクターであるピエールパオロ・ピッチョーリがタッグを組み、革新的なストアコンセプトを提案。ファサードには全面にメタルメッシュを使用し、日中は中央通りに面する窓からの日差しをやわらかに、夜は店内の光を通りに落とすコントラストを生み出すと同時に、ゲストのプライバシーにも配慮した。エントランスの扉はブラックメタルのミニマルな素材とし、これはメタルメッシュと同様、谷口の建築とのハーモニーのため。一方で店内は「宮殿」をテーマに、その独特の雰囲気を作り出すために新しいものだけではなく古いものを組み合わせることで、従来のデザインに代わる空間を実現。ブランドを体現するエレメントを結集させながらも単なるノスタルジックではない、過去の遺産と新しい未来のアイデアが共存する空間に挑んでいる。 For DIOR(B1-4F), the architect Yoshio Taniguchi conceived a unique facade evoking a tonal interaction of a dress, structured by four large windows at street level. Inside, Peter Marino, the U.S.-based architect of DIOR boutiques around the world as well as other brands, has created a contemporary atmosphere dominated by white tones, in which modern furniture integrates seamlessly. As the visitors enter, they are greeted by the House's seven-meter high atrium. Adding to the gallery-like feel, the walls in the shoes section on the second floor are decorated with the artwork of Swedish-born Tarick Kiswanson, who is currently being hailed as the next big thing in Paris's contemporary art scene. Next is VALENTINO (B1-4F), where creative director Pierpaolo Piccioli has teamed up with world-famous British architect David Chipperfield to boldly put forth an innovative store concept. The facade is made up of metal mesh from top to bottom, creating a contrast between the gentle rays of sunlight that enter through the windows facing Chuo-dori during the day, and the glow from inside the store that illuminates the street at night—while maintaining a private shopping experience all throughout. The minimal design of the black metal front doors complements the metal mesh, both of which are beautifully in tune with Taniguchi's architecture. Inside is a palazzo-themed retail space furnished and decorated with things both new and old to create a one-of-a-kind atmosphere, an intriguing alternative to the brand's traditional space design. All of the brand's iconic elements have been gathered here, but much more than a collection of nostalgia, this is a space that demonstrates that there is plenty of room for heritage to coexist with forward-thinking ideas. そのほかCÉLINE(地上2階)は「のれんとしてのファサード」という提案に対し、“地域性”と“時間”というキーワードのもと、日本の土を使った陶の造形でファサードを表現。長く受け継がれてきた職人の手仕事による陶は、一つ一つのピースが唯一無二の素材感を放ち、店内のディテールにも主に土や石といった温かみを感じる天然素材を使用する。陶のピースのレイアウトは日中の外部から内部、夜の内部から外部と、それぞれの光の表情にも配慮。装飾的なアプローチから一線を画した繊細な表現で、個性的な世界観を作り出す。さらにFENDI(地下1階・地上3階)はローマの歴史的建造物で、ブランドの本拠がある「イタリア文明宮」からインスピレーションを得たファサードをデザイン。ブランドの視点を通して見たローマをGINZA SIXに投影するかたわら、幾何学的でありながらエレガントなアーチの連続が日本の伝統的な「のれん」との情緒的な繋がりを表現するなど、どちらのブランドも日本を意識したアプローチが特徴的だ。 転じてSAINT LAURENT(地上3階)はブラックとホワイトの大理石を贅沢に装飾的に使用し、典型的なアール・デコをイメージさせる空間を提案。ショーケースや棚などにミラー仕立ての素材を用い、ミニマムを基調とした空間を通じてブランドの世界観を伝える。VAN CLEEF & ARPELS(地下1階・地上2階)ではやわらかな漆黒からゴールドへと変化するファサードが陽光を受けて輝き、店内は階段の手すりをはじめ、壁面、エレベーターの内部などにアール・デコのデザインを強く打ち出すことで、GINZA SIXの世界観に繋がるシックな空間を印象付ける。 なお、商品展開に関しては、DIORがアジア初となるブランド独自のセンスで生活雑貨などをセレクトしたコーナー「Dior MAISON」を展開。VAN CLEEF & ARPELSは2階すべてを国内初のブライダルサロンに。VALENTINOではパリコレクションのランウェイに登場した特別なピースが店頭に並ぶなど、すべてのブランドが国内最大級の店舗となり、フルカテゴリーのアイテムを取り揃える。 CÉLINE (1F-2F) unveils a facade with a truly noren-inspired design, a statement on sense of locality and time made up of pieces of ceramic made from Japanese clay. Each and every piece of ceramic has been crafted by master potters in a long-cultivated and passed-down tradition of artisanal handicraft, creating the perfect introduction to the detailing of the interior, which incorporates mostly natural materials like clay and stones to impart an earthy warmth to the environment. Here, again, the arrangement of ceramic pieces gives rise to a contrast between light flowing in during the day, and the radiance given forth at night. This is a delicate, sensitive display that takes a different approach from purely decorative designs to create a singular expression of the CÉLINE universe. FENDI (B1-3F) has put up a facade inspired by the historic Palazzo della Civiltà Italiana in Rome, which currently houses the brand's headquarters. It is both a projection of Rome through the eyes of the brand's aesthetic, as well as a collaboration across cultures: the row of arches are geometric yet elegant, and embody a sentimental connection to Japan's tradition of noren. Then we turn to SAINT LAURENT (1F-3F), which has created a space that evokes classic Art Deco design with lavish, decorative use of black and white marble. The showcases and display shelves are made using a material with a mirror finish and are positioned in a minimal space that allows the brand's vision to take center stage. At VAN CLEEF & ARPELS (B1-2F), the facade goes from soft jet black to gold and shimmers in the sunlight. The interiors feature Art Deco detailing, from the handrails on the stairs to the walls and even inside the elevator, bringing the impressively chic space in harmony with GINZA SIX's overall aesthetic. One last note on product offerings—these six boutiques will be among each brand's largest retail locations in Japan, and each will carry the brand's full range of products. This includes, but is not limited to, the following: DIOR will present its Dior MAISON collection of select lifestyle items and homeware for the first time in Asia, while at VAN CLEEF & ARPELS, the entire second floor will be a dedicated bridal salon, a Japan first. VALENTINO will offer exclusive pieces from its Paris Runway Collection.

人の手の試行錯誤からしか生まれ得ない、どこから見ても美しいジュエリー

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

過去を継承し、新しい挑戦を経て、未来へ創造する。 そんな力強いコンセプトのもと、2012年に東京で誕生したジュエリーブランド「AbHerï (アベリ) 」。ブランドネームはラテン語の語彙、ab (〜から、〜へ) とheri (昨日) を組み合わせた造語だ。GINZA SIXの店に掲げられたロゴの冠にある天秤も、過去から未来へ一直線に続く時間軸を表現。優美で繊細な印象を与える昔からの宝飾技術や伝統を引き継ぎながら、柔軟に導入した現代のテクニックが新鮮なイメージを生み出す。ゆらゆら揺れる天秤がぴたりと定まるようにベストなバランスにこだわることで、“懐かしいものを新しくつくり、新しくつくるものが懐かしい”というブランドの姿勢を象徴している。 GINZA SIXのための限定コレクション “Tsubaki (椿) ”が目指したのも、まさに西洋と日本の融合。カメリアとして世界で愛される花でありながら、実は日本を原産とする椿の花芯には、横から見た独特のプロポーションの愛らしさと7色のスペクトルカラーで17世紀の西洋で流行した“オールドマインドカット”のダイヤモンドを使用した。これはイギリスのメーカーとの共作で奥行きある輝きをいっそう引き出すために改良した、ブランドこだわりのオリジナル。さらにその周囲をプラチナの石座にセットされた直径1.0mm以下の“メレダイヤモンド”がおしべのように取り巻き、いちばん外側のレイヤーとなるゴールドの花びらにはタガネを使って緻密な和彫りの線模様が施され、西洋の技術であるミルグレーションの細工が縁取られている。 アイテムはネックレスとチェーンリングの2種類。サイズが調整できることでロングヒットアイテムとなったチェーンリングは、今回は指の内側にあたる半分だけをチェーンに。機能面と装飾性のバランスにも配慮した。 ちなみにここまでの一貫したブランドストーリーに共感した方にお薦めしたいのは東京のイーストサイド、馬喰町にあるアベリのコンセプトショップ。反物を広げたときの長さを示す数字の跡が床に残る、古い繊維倉庫をリノベーションしたビルの1Fには、フランスの時計店で部品を収容していた棚や、かつて日本のタバコ屋にあったケースといった什器が並ぶ。ブランドのコンセプト同様、過去を引き継いだ空間に込められたのは「よくあるジュエリーショップのようにたくさんが並んだ中から選ぶのではなく、ギャラリーで美術品を鑑賞するような感覚で、ジュエリーと向き合ってほしい」という全員が職人も兼ねるデザイナーたちの想い。GINZA SIXでも“屋根裏部屋の美術館”をテーマに、天窓から差し込む光を受けてジュエリーが輝くイメージの空間で、色石を使った一点モノやパールのコレクション、ブランド独自の割金によるK18オリジナルカラーの“シャンパンゴールド”のアイテム、ブライダルラインなど、華やかなラインナップを揃える。 ギャラリーに展示された作品のように、一点ずつ大切にディスプレイされたアベリのジュエリー。眺めていると気づかされるのは、どのデザインも立体的なこと。理由はコンセプトショップの奥に併設されたアトリエの様子を見れば明らかで、そこにある数々のプロトタイプが物語るのは、デザインを平面だけで捉えず、小さな建築の模型をつくるように手を動かしながら職人としても検証を重ねてきたデザイナーの真摯な姿だ。 人の手の試行錯誤からしか生まれ得ないからこそ、さまざまな角度から楽しめて、そこにあるだけでも美しい。まさにアートピースさながら、心に何かを語りかけてくるジュエリーとの出会いを、GINZA SIXで。 ネックレス (¥370,000 ※税抜き価格) 限定10個 チェーンリング (¥490,000 ※税抜き価格) 限定10個 問合せ AbHerï (2F) TEL.03-6264-5032 店舗詳細 http://www.jewelrybox.jp/ Edit & Text by Yuka Okada / Photographs by Satoko Imazu (Shop)

能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さに気軽に触れる場として

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIXへの移転にかける想い 43年間、渋谷の松濤という閑静な住宅街にあった観世能楽堂が、伝統と革新性が同居する街 銀座の、GINZA SIXという最新のテクノロジーを導入した商業施設に、脈々と守り伝えてきた檜舞台を移築し、新しい能楽堂を構えます。 もともと観世大夫(宗家)の屋敷は、四代前の家元がご維新にともない拝領地をお返しするまで、銀座にありました。その一方で街を歩いていてもお年寄りが目立つ高齢化社会のなかで、若い方々に、能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さにもっと気楽に触れてもらいたいという想いもあり、移転を決意しました。 特に今の時代、「大和心」が失われつつあることに危機感を感じています。やわらかさ、やさしさ、しなやかさ——それは古来からの日本人のアイデンティティであり、精神的な根幹を成してきたものでもあります。 例えば「鉢木(はちのき)」という能があります。北条時頼が旅僧に身をやつして諸国を巡回する。冬のある日、栃木県の佐野まで来たとき、佐野源左衛門常世に一夜の宿を請います。一家の生活は落ちぶれ、疲弊しボロを纏っている。聞けば「一族に横領され、土地も取られ、散々な体で暮らしています」と。貧しい生活にもかかわらず、常世は粟の飯をすすめ、旅僧に暖をとってもらうために、大切にしていた鉢植の梅、松、桜を切り、焚き火にする。そこで「今夜のおもてなしに」という言葉が出てくるのですが、けして声高には謡わないのです。それが「大和心」であって、「おもてなし」という言葉にしても「これが日本のおもてなしです」と表立って口にすることではないのです。 ただ、この能を舞うのは現代人として呼吸をしている観世清和です。観阿弥や世阿弥が生きていた頃に想いを馳せるのは良いとしても、昔と同じことを、そのまま今の時代の人間ができるはずがありません。時代の変化に対応し、機微に応じた洞察力を備えるということが、芸道だと思います。 What the Relocation to GINZA SIX Means for the Kanze School The Kanze Nohgakudo, or the Kanze Noh Theater, which has been nestled in the quiet residential neighborhood of Shoto in Shibuya for 43 years, is currently in the process of relocating its storied and hallowed cypress stage to GINZA SIX, a shopping mall with cutting-edge facilities that will open in the heart of Ginza in Spring 2017. Ginza, a commercial district where tradition and innovation coexist, is technically not a new home for the Kanze School. Historically, the Kanze School was based in Ginza until four generations ago, when the 22nd Grand Master Sanjuro Kiyotaka returned the land to the Japanese government in accordance with the Meiji Restoration [1868]. So in that sense it is a homecoming. The other reason for the relocation is that in an aging society where we see so many senior citizens out and about, I wished to provide a more accessible setting for young people to be exposed not only to Noh, but to the richness and depth of Japan's traditional culture. In this day and age especially, I can't help but feel that we are losing touch with yamato-gokoro, that is, the spirit of softness, kind-heartedness, and gracefulness that have defined the Japanese identity and formed the bedrock of our psyche since time immemorial. Consider the Noh play "Hachinoki" ["The Potted Trees"]. Hojo Tokiyori, a regent of the Kamakura shogunate, is traveling incognito throughout Japan, posing as a priest on pilgrimage. One winter's day, as he is passing through the city of Sano in Tochigi Prefecture, a snowstorm causes him to seek shelter from the shabbily-dressed Sano no Genzaemon Tsuneyo, a former lord whose family has been reduced to poverty. Prodded by the priest as to his clan affiliation, Tsuneyo reveals that "Kinsmen usurped my lands, and now I live in misery." Despite his wretched state, Tsuneyo offers the priest some steamed rice with millet, and as the night wears on and grows colder, he cuts down his prized potted plum, pine, and cherry trees and uses the branches to start a fire, saying, "...for this night's entertainment." But he recites this line quietly, almost to himself. That is yamato-gokoro. When the Japanese talk about omotenashi, they mean hospitality that does not draw attention to itself, that does not ask to be recognized. Of course, when I perform this Noh play I do it as Kiyokazu Kanze, who lives and breathes in contemporary times. Contemplating the times when the founders of Noh—playwrights Kannami [1333-1384] and his son Zeami [1363-c. 1440]—walked the Earth is constructive to an extent, but it is unreasonable to expect someone in the present to recreate a performance in its original form. I believe that the performing arts must possess the adaptability to keep up with the changing times and the insight to understand the subtleties that unfold therein. 多言語を許容する最先端の能楽堂として 今年7月、世界中の優れた舞台芸術が集うリンカーンセンター・フェスティバルにご招聘いただき、ニューヨークのローズシアターで5日間6公演を大好評の中に上演させていただきました。海外公演は、鑑賞眼の肥えたお客様が多く、日本以上に高い評価を受けることがございます。面を掛けていても場の空気感のようなものがあり、お客様が前のめりで観てくださっている様子が伝わります。彼らは能楽における様式美を愛でてくれます。自分たちにはない世界だからなのでしょう。ニューヨークの人々は能を見事に受け入れてくださいました。 以前、バルト三国のリトアニアで「葵上(あおいのうえ)」を演じた折にも、地謡8人が整然とお扇子を取って、謡を謡い、終わった後にやはり整然とお扇子を置く。その様式美を見て、オペラ歌手でもある文化大臣が「故郷の教会のミサを思い出した」とおっしゃってくださいました。言葉の壁を越えて、自由に能を捉えてくださったのがうれしかったですね。 海外での能公演はオペラのように、字幕を付けるケースが主流です。GINZA SIXでも当初はイヤホンガイドになりますが、多言語対応のためにインフラ設備を整える予定です。さらに新しい能楽堂の重要なテーマである、バリアフリーを積極的に導入したいと思っています。多言語システムを視聴覚障害をお持ちの方のためにも活用するなど、障害者の方が当たり前に、能を楽しんでいただける環境作りを心がけます。また、目付柱の取り外しができることで視覚を広げることができたり、照明設備も従来の能楽堂にはないものを整えたりと、能以外のジャンルの公演にもご活用いただけるように考えています。 新しい能楽堂は、日本の方、海外の方の分け隔てなく、理屈抜きで見ていただける場所でありたい。「事前にお勉強をしないと、能を見れないのかな」と思わないで、まずは足を運んでもらいたいのです。 能の謡(うたい)は、古い言葉です。そこにさらに節が付き、母音が延びる。言葉自体の意味もデフォルメされ、日本人でも聞き取りにくい。だからこそ「どうして舞台の柱は4本なのですか?」などと理詰めで理解しようとしないで(笑)、自由に感性豊かに受け止めてもらえたらと思います。 A State-of-the-Art Nohgakudo With Multilingual Support This past July, our troupe was invited for the first time to the Lincoln Center Festival, an annual event held in New York hosting some of the best performing arts from around the world. There we conducted six performances over five days at the Rose Theater to much fanfare and acclaim. Performances abroad such as these are attended by discerning, theater-savvy audiences, and we occasionally receive greater acclaim than we do in our native Japan. Even from behind a mask I can feel the energy of the room, and I can imagine the audience leaning forward in their seats. They appreciate the beauty of form on display in Noh theater—perhaps because they are witnessing a world that is completely unfamiliar to them. Truly, the people of New York embraced our art. Some time ago, we performed "Aoi no Ue" ["The Lady Aoi"] in Lithuania. There is a part where the ji-utai [the eight-member chorus, who sit in two rows stage left] pick up their sensu [Japanese folding fans] in unison, chant the chorus, and then when they are through, set their sensu back down in unison. The Minister of Culture, who also happened to be an opera singer, later said that the ritual had reminded him of attending Mass back in his hometown. I truly appreciated that he had ventured beyond the language barrier and interpreted what he had seen on his own terms. When performing Noh overseas, we normally feature supertitles to convey to foreign audiences what is happening on stage. At GINZA SIX, we will initially feature English in-ear guidance, with full multilingual support forthcoming. Furthermore, the issue of accessibility, or what we refer to in Japan as barrier-free, is a central focus of the new theater. We will make every effort to provide an environment for guests with disabilities to enjoy Noh—for example, by using our multilingual support system to assist those with visual or hearing impairment. The metsuke-bashira [a pillar placed stage right that serves as a positioning guidepost for dancers] on our stage can be removed to allow for a more unobstructed view, and our stage lighting system is much more adaptable than what you usually find at a Noh theater. We envision our stage being used for performances other than Noh. The new Nohgakudo will be a place where both Japanese and foreign theatergoers alike can imbibe a visceral experience of our art, free of assumptions and expectations of what it is or should be. No need to do research or study up on the subject matter beforehand—come in fresh, and ask questions later. Noh recitations are in a very old form of Japanese, and syllables are sung to a fushi [melody, or aria] with long vowel sounds. The meaning of the words are often not meant to be taken literally, rendering the poetry all but indecipherable to even native Japanese. All the more reason why we advise against trying to understand our plays and performances on a purely intellectual level. Why are there four pillars on stage? You're missing the point! (Laughs.) Come in with an open mind and heart, and let your emotions be moved. 新しい能楽堂が理想とする風景 私はワーグナーが大好きで、一昨年、家内と一緒にバイロイト音楽祭に伺いました。ワーグナーだけを演目とする有名なフェスティバルなのですが、ワーグナー自身が設計して1876年に完成した木造の祝祭劇場のあらゆる素晴らしさに圧倒されました。 バイロイトの閑静な丘の上にあって、そこに向かってなだらかに上がってゆくアプローチを見て、気持ちが高揚します。開演5分前になってもアナウンスもなくて、鐘がささやかにチリンチリンと鳴るだけ。そうするとお喋りをしていた人もなんとなく劇場に入っていく。各扉の係はそこに立っているだけで、大声で誘導もなければ、チケットのチェックもしない。クロークの係はたった一人なのに行列ができない。 つまり、お客様と主催者の関係は、阿吽の呼吸ともいえる成熟されたマナーで、成り立っているわけです。ヨーロッパにしかないスマートさだと思いました。 新しい能楽堂が、このようなサービスをすぐに提供するのは難しいのですが、生の体験に触れることで、心が生まれ変わることを伝えることはできます。GINZA SIXには洗練された食の空間が誕生すると伺っています。素晴らしい体験の後ではワインや食事の味も変わるはずです。 新しい能楽堂は少しでもそんな風景がある場所を目指せたらと思っています。 The Vision for the New Nohgakudo As a devotee of Wagner's music, I could not pass up an opportunity to attend the Bayreuth Festival in Germany with my wife two years ago. The famous music festival— comprised exclusively of performances of operas by Richard Wagner—is held annually at the Bayreuth Festspielhaus, a wooden theater designed by the 19th-century composer himself and completed in 1876. The grandeur of it all was stunning. The theater sits atop a peaceful hill in Bayreuth, and the upward slope of the approach evokes a sense of arriving at a higher plane. Inside, there are no announcements made over the PA system—only the modest ringing of a bell to let people out in the lobby know that the performance will begin in five minutes. And with that, the conversations and chit-chat wind down and the last guests saunter into the auditorium. During all of this, the ushers at each door barely move—they're not shouting out instructions, not even checking tickets. The cloakroom is manned by a single attendant, but there's never a line. Basically, there's an unspoken order to everything, a dignity shared by both the theatergoers and the organizers of the event that puts them in perfect sync. We Japanese have a saying for this: "a-un no kokyuu", but this, I thought, was the kind of savoir-vivre you could only see in a place as cultured and theater-savvy as Europe. It might be some time before our new theater is able to provide a kind of service on that level, but I have no doubt that the raw, immediate nature of our art can inspire, rejuvenate, and even trigger a spiritual experience. And I hear that GINZA SIX will also offer a number of fine dining options in refined settings. After a Noh performance, you can be sure that food and wine will taste all the richer for it. That is my vision for the new Nohgakudo. And this is only the beginning.

Shopper Review: Tanger Outlets Westgate

by anne @ Outlet Shoppers

A few months back we had a new Outlet Mall open up in town, a lot closer to me than the other two in the valley.  It’s the West Gate Outlets located at the up and coming area of West Gate in Peoria!  I have only been to the outlet twice as I have to... [Read More]

The post Shopper Review: Tanger Outlets Westgate appeared first on Outlet Shoppers.

Bras, panties, lingerie, men's underwear, plus size bras at Bare Necessities

Bras, panties, lingerie, men's underwear, plus size bras at Bare Necessities


BareNecessities

Bare Necessities is the only online intimates retailer to offer certified Bra Fit Experts to its customers! Call 1.877.728.9272 ext 4. Each Bra Fit Expert holds two bra fit certifications, and are available to assist customers with fit and selection Monday through Friday 8:30AM-5:30PM ET.

bareMinerals | John Lewis

bareMinerals | John Lewis


John Lewis

Shop for bareMinerals from our range at John Lewis. Free Delivery on orders over £50.

Charlottesville, VA Bare Minerals | Charlottesville Fashion Square

Charlottesville, VA Bare Minerals | Charlottesville Fashion Square


Charlottesville Fashion Square

Find out hours, directions, location, and details on Bare Minerals of Charlottesville, VA.

Health & Beauty - Shopping | The Mall at Green Hills

Health & Beauty - Shopping | The Mall at Green Hills


www.shopgreenhills.com

Indulge your sense of wonder and discover the distinctive in the evocative atmosphere of The Mall at Green Hills. Anchored by Nordstrom, Dillard's and Macy's, The Mall at Green Hills invites you to enjoy some of the Nashville's finest specialty shops, including Tiffany & Co, Louis Vuitton, Burberry, Juicy Couture, Kate Spade, Sephora, Brooks Brothers, The Cheesecake Factory, Lacoste, Wolford, True Religion Brand Jeans, Soma Intimates, Seven For All Mankind Brand Jeans, Specs Optical, Judith Bright, Omega Boutique, Free People, Fuzziwig's Candy Factory,& Tokyo Japanese Steakhouse, Aeropostale, Accessories By Anthropologie, Noodles & Company, Charming Charlie, David Yurman, Michael Kors, Suzani Styles, Tory Burch, Absolution, The Container Store plus more than 80 other lifestyle retailers!

one of suggestion color for 17fw season is 『black & white』

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

RING JCKETが新たなに17FWシーズンに提案するカラーの一つ 『BLACK & WHITE』 永らく続いたトーン・オン・トーンのカラートレンド。その傾向はまだまだ続いていますが、17FWシーズンにRING JACKETが提案したいカラーはハイコントラストのブラック&ホワイト。 ただし、ホワイトカラーが前面に出た派手な配色ではなくブラックの面積が大きいシックなブラック&ホワイトがお勧めです。 メンズクロージングに於ける代表的な配色の一つであるブラック&ホワイトをクラシックなハウンドトゥースやピンヘッドなどで提案します。   クラシックな雰囲気を兼ね備え、英国紳士を彷彿させる 『BLACK & WHITE』ハウンドトゥース 男らしいエレガンスな装いを楽しんでいただける 新コレクションの一つです。   ITEM : SUIT / RING JACKET MEISTER ART : RT037F01A MODEL : no.253BH / v-08 / s-172H PRICE : 226,800- YEN tax included COMPOSITION : WOOL 100% SIZE : 42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52 [ONLINE STORE] ITEM : SHIRT / RING JACKET Napoli ART : 59107S04W PRICE : 34,560- YEN tax included COMPOSITION : COTTON 100% SIZE : 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 ITEM : TIE / TIE YOUR TIE ART : 42117F47 PRICE : 28,080- YEN tax included COMPOSITION : SILK 100%  

Charlottesville Fashion Square

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Charlottesville Fashion Square

The post Charlottesville Fashion Square appeared first on Outlet Shoppers.

UNITED NUDE POP UP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

オランダ人建築家Rem D Koolhaasが手掛けるシューズブランドUNITED NUDE。 「Future」「Culture」「Nature」をコンセプトにした最新SS17コレクション。 GINZA SIXでのPOP UP STOREでは話題のISSEY MIYAKE x UNもラインナップ。 オルナタティブクリエイター「Wake up」によるアートピースも必見です。

ISLAND SLIPPER POP UP STORE

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

〈メイドインハワイのサンダル〉 1946年の創業以来ハワイオアフ島で生産されている〈アイランド スリッパ〉。 その歴史はハワイへ移住した日本人、本永瀧蔵により日本の草履文化を根付かせたいとの思いからサンダルメーカーを設立。 創業当初から現在に至るまで製品は全て「メイドインハワイ」にこだわり、1点1点熟練の職人によるハンドメイドとなっています。 そんな愛情と手作りの温かさが込められた〈アイランド スリッパ〉のポップアップを期間限定で開催。 6/24.25 7/1.2 8.9にはその場でサンダルにスタッズを装飾し、カスタマイズできるイベントを開催いたします。 普段ではみることのできない豊富な品揃えでお客様をお待ちしております。 お買い上げ頂いた方に先着でオリジナルビーチバッグをプレゼント! 是非ともこの機会にご来店ください。

〈WORK SHOP by MUVEIL〉“collage your emotion”

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

刺繍家 田口あゆみによる刺繍教室 繊細で上品な刺繍でファンの多い田口あゆみ氏をお迎えし、ミュベールオリジナルプリントTOTE BAGにイニシャル刺繍を施す、ワークショップを開催いたします。 “collage your emotion” 開催期間:09.08(金)、09.14(木)、09.21(木) 18:00~20:00 参加費 ¥5,400(税込) *各回5名限定 *トートバッグはフラワーレオパード、またはフラワーカモフラージュどちらかお選びいただけます

世界的な現代アーティストの作品と、商業空間の相乗効果を発揮

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIXで展開するパブリックアート 銀座というのはやっぱり日本の顔、特に商業の顔じゃないかと思っています。そこにGINZA SIXという商業施設がオープンするというのは、日本の新しい顔ができるということ。しかも建築を谷口吉生さんが設計するとなれば「この国の最高のクリエーターたちが関わって、GINZA SIXを作りました」という姿勢が必要です。 そのときに打ち出すアートは奈良や京都に代表される伝統的な日本というより、まずはクリエイティブなイメージを持った新しい日本を感じさせるものではないかと思いました。GINZA SIXは建築もインテリアデザインも、日本というものを意識してはいますが、あくまでコンテンポラリーなテイストです。一方で、銀座は1960年代から現代美術を扱うところも含めて多数の貸し画廊が増えて、今ではギャラリーが集う街ともいえる。 そう考えたとき、GINZA SIXの中央の吹き抜けに展開するメインのアートは、世界の現代美術シーンで日本の顔になっている方の作品がふさわしいだろうと思い、草間彌生さんにお願いしました。新作を作ってもらい新鮮さを出しながら、日本らしさも感じさせるものにならないかなというのがこちらの思惑です。ちなみに、この吹き抜け部分のアートは不定期で入れ替えていく予定です。 商業とデザインは相性がいいですが、商業とアートはそれほどコラボレーションのチャンスがなかった。それに、あまりアートがとんがりすぎていると受け入れられない。でも、ある程度とんがっていなきゃアートをやる意味がない。なぜなら無難な作品になると、それこそデザインの一部に見えてしまいますよね。GINZA SIXではそうしたアートと商業空間のバランスと相乗効果にも注目してもらえたらと思います。 ちなみに「アート&ライフ——現代アートをより身近なものに」は森美術館のモットーでもあるのですが、私は生活の中にアートがあまねく行き渡るのが理想ではないかと思っています。アートが富裕層のためだけのものではなく、一般の人たちも気軽にアートを購入でき、それが日常生活の中にあるというイメージです。素敵ですよね。それこそが豊かな生活といえるのではないでしょうか。 そういう意味で、今回のGINZA SIXのように商業施設のなかにもアートがあって、なおかつアートがその施設の活動に貢献するのは理想的だと思います。さらにその施設の性格を象徴的に表していくような、アートならではのメッセージ性を演出できると、素晴らしいと思います。 Public Art at the Heart of GINZA SIX It is my opinion that Ginza is the face of Japan—more specifically, the glitzy face of commerce and retail shopping culture. As such, the opening of a shopping mall like GINZA SIX is the unveiling of a new face for Japan to present to the world. All the more when you have someone of Yoshio Taniguchi's caliber designing your building. You start to realize the gravity of the undertaking: GINZA SIX is truly the result of the greatest creative voices in Japan coming together. When it came to deciding on a direction for the art that would take center stage at this new landmark, I felt we should go for something that spoke to the creativity associated with modern-day Japan rather than the traditional Japanese aesthetic embodied by places like Nara and Kyoto. Of course, "Japan" was a conscious theme for GINZA SIX both in terms of the architecture and the interior design, but we've gone for a wholly contemporary look and feel. At the same time, we were also very aware that Ginza has become an art gallery hub of sorts, with the number of contemporary art dealers and rental gallery spaces steadily increasing since the 1960s. All of this meant that the centerpiece that was to grace GINZA SIX's central atrium should be designed by someone who was the face of Japan in the international contemporary art scene—which is why I approached Yayoi Kusama for the job. By bringing her talents on board, I was confident that the result would be utterly fresh and inspiring while simultaneously retaining a uniquely Japanese essence. Incidentally, this atrium art piece is not intended to be permanent, and new centerpieces will be unveiled at irregular intervals. The words "commercial" and "design" have gone well together; but the relationship between commercialism and art has always been much more contentious. The problem is, the more outrageous a work of art is, the less people get it. On the other hand, what is the point of art that isn't challenging on any level? The more you play it safe, the more obvious it becomes as a product of design. For GINZA SIX, I think we've succeeded in finding that great balance between art and a retail shopping space, where both feed into one another in a beautiful way. I'm excited for people to come and see for themselves. Incidentally, the Mori Art Museum's motto is "Art + Life—Making contemporary art more accessible," and likewise I believe that art should be ubiquitous in our lives. Art should not just be for the wealthy. It should be readily accessible and affordable to everybody—a regular presence in all of our lives. Just imagine it. After all, isn't that what we mean when we talk about an "enriched society"? In that regard, GINZA SIX is a prime example of how I believe a shopping mall should be: art at its core, serving as both the heart and the lifeblood that illuminates its environment. And if that art can encapsulate the personality of the facility, if it has a message to convey as only art can, it will take on a life of its own wonderfully. 銀座の街をめぐる記憶 1970年代、並木通りに「レンガ屋」という、当時最高と言われたフレンチレストランがありました。大学生の頃、その上階にある出版社の『トラベルタイムズ』という旅行雑誌の編集部で2年くらいアルバイトをしていました。社長がそのレンガ屋で食事をしながら、エアラインやホテルや旅行業界の外国人にインタビューをするんですが、僕はそこに同席してメモを取って、写真を撮って、通訳までしなくちゃいけなかった。それをしながら、フランス料理のフルコースを全部食べなきゃいけないわけで、振り返ると、すごいテクニックですよね(笑)。それが銀座の思い出。 一方、大学時代からの友人には銀座の老舗の旦那たちがいて、明治以降の東京の商人文化を担ってきた彼らは、銀座に今も誇りをもっていますよね。ブランドショップが居並ぶようになった今も「ここは俺たちの町だ」という想いをもっています。また先日、銀座のイベントに呼んでもらって話す機会があったとき、関係者から「銀座はもともと島だったんですよ」と聞かされました。1964年の東京オリンピックのために周りの運河を埋めてその上に高速道路を作る以前、今は地名でしか残っていない「数寄屋橋」「新橋」「京橋」などは、実際に銀座と外を結ぶ橋でした。 たった50年前までは島でもあった銀座。そんな土地の独自の記憶も決して埋もれさせてはいけないように感じています。 The Heritage of Ginza Back in the 1970s, I spent a couple of years as a university student working part time on the editorial staff of a travel magazine called Travel Times. The publisher's offices were located up in a building along Namiki-dori [which runs parallel to Ginza's main shopping thoroughfare Chuo-dori], and below us was a French restaurant called Renga-ya, which at the time had established a reputation as Tokyo's pinnacle of fine dining. The CEO would interview foreign guests from the airline, hotel, and travel industries for the magazine over a meal there, and it would be my job to accompany him to take notes, photos, and even act as an interpreter—all in addition to scarfing down a full-course meal. In retrospect, I was quite the multitasker (laughs). That's one of my fondest memories of Ginza. A number of friends from my university days have gone on to take over long-established, family-run Ginza shops—institutions, really. These are men who have been cultivating Tokyo's merchant culture for generations stretching back to the Meiji Period [1868-1912], and for them, Ginza remains the pride of Tokyo. Even now when high-fashion brand boutiques line the streets, they still consider Ginza their town. On a similar note, the other day I was invited to attend an event there, and I was speaking with one of the organizers, who explained to me that Ginza used to be an island. The areas we now call Sukiyabashi, Shinbashi, and Kyobashi—these names originally referred to bridges that connected Ginza to the mainland [bashi, or hashi, means "bridge" in Japanese]. The city filled in the surrounding canals and built an elevated highway in the lead-up to the 1964 Tokyo Olympics. Ginza was an island just a half century ago. I feel that we have an obligation to keep this land's unique heritage alive. GINZA SIXが掲げる「New Luxury」について思うこと 今の時代、ラグジュアリーというものが物ではなく、体験に変わってきています。僕の知り合いが数年前、お客様が持ち込んだギフトを室町時代から続く日本の伝統的な贈り物の作法「折形(おりがた)」で包むサービスを提供する『MIWA』という店を、パリにオープンしたんです。サンジェルマン・デプレの裏通りに暖簾が掲げられていて、小さな店内に入ると床の間があって、ヒノキの一枚板でできたカウンターがある。彼は、着物を着て出てきて抹茶を点ててくれるのですが、僕が訪れた時に客がいた試しはない。それでも続いている。 いったい、どうなっているのか聞いてみたら、ラグジュアリーブランドの企画に携わる人たちが「どう体験をデザインするか」について話を聞きたいと彼を訪ねて来る。それが仕事につながっている。 アートにも今後、物としてではなく、特別な体験を提供する役割が求められていくんじゃないかなと思います。 Thoughts on GINZA SIX's "New Luxury" Concept These days when we talk about luxury, we refer less and less to material things and more and more to experiences. A few years ago an acquaintance of mine opened a shop in Paris called MIWA, which specializes in gift wrapping using a traditional Japanese method known as origata [where a single sheet of handmade paper is used with no scissors, tape, or glue] that has been practiced since the Muromachi Period [1336-1573]. It's a quaint little shop nestled on a side street in Saint-Germain-des-Prés, with a tokonoma [an alcove in a Japanese-style reception room for displaying a flower arrangement or other piece of art] by the entrance and a counter made up of a single slab of Japanese cypress. My acquaintance welcomes customers in a kimono and even prepares and serves them matcha [powdered green tea]. But the thing is, I've stopped by a number of times, and each time I never see anyone in there. Yet somehow he doesn't go out of business. When I finally asked him how he was making ends meet, he told me that planners and strategists from various luxury brands come to him for advice on how to design customer experiences. He's essentially a consultant for hire. That's just one example of how people are beginning to look to art not as an object to ponder over, but as something that provides a lasting experience.

St ANDREWS POP UP SHOP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

the HOUSEでは、9月2日(土)から10月1日(日)の期間、2017年秋冬にデビューした‘セント・アンドリュース’のPOP UP SHOPを開催します。 ST ANDREWS LINKSは、全英オープンの会場としても知られる、世界中のゴルファーが羨望する聖地。 ‘セント・アンドリュース’は、伝統と気品を備えた ワンランク上のゴルフスタイルを提案します。 デビューを記念して、上記期間中 15,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、本国スコットランド ST ANDREWS LINKSのボールを1スリーブ(3個入り)プレゼント致します。 (※無くなり次第終了となります) ぜひこの機会に the HOUSEへお立ち寄りください。 https://store.tsigs.com/standrews/  

これまでにない空間の力で、銀座の新しいスタートポイントに

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

商業施設を考える3つのポイント 今回のような商業施設のプロジェクトには3つのポイントがあると思います。一つは空間にアイコニックなエレメントを作らなければならないこと。例えば、今の時代はフォトジェニックだけでなく、メディアジェニックも大切です。施設を訪れた人々が写真を撮るときに「ここはGINZA SIXだね」と一目でわかる場所が必要で、パリの街で言えば、エッフェルタワーみたいなものですね。GINZA SIXでは2階の大きな吹き抜けのアトリウムをアイコンに据えています。 二つ目は、さまざまなストーリーボードを作ってシミュレーションをすることで、空間のなかの人の動きをデザインすること。ある場所からある場所まで何分かかるのか。その場合、エレベーターはもう一基必要ではないか。このあたりで光に出会いたいので、吹き抜けを設けようか…。空間のエネルギーが自然と循環し、人間の感情や身体感覚に対してストレスのない空間であること。ここは建築家とのコラボレーションが必要な部分でもあります。 最後の三つ目は、ダイナミックな空間とリラックスできる空間という緩急を設けること。商業施設で買い物をするスピードは人によって異なります。GINZA SIXではほっと一息付ける空間として、オリジナルでデザインしたソファをコクーンのようなプロポーションにし、背後に木の屏風を置いて、インティメートな空間を作り出しています。 一方で壮大なスケールのフロアが単調にならないように、銀座の裏に残る小さな路地などをイメージし、ショップが並ぶ通路をジグザグにデザインしました。そのジグザグによってすべての店に角が生まれ、通常の商業施設のように一つの通りを直線的に見渡せないことで、まさに路地の通りを歩きながら一つ一つの店に出会う高揚感を味わうことができるようになっています。 The Three Essential Elements of a Shopping Mall When it comes to designing a shopping mall like GINZA SIX, I believe there are three essential elements. One is the need for an iconic element within the space. Namely, in this day and age, it is important to be not only photogenic, but media-genic as well. Much like when people visit Paris they take the obligatory Eiffel Tower photo, you need something instantly recognizable as GINZA SIX that guests will naturally be inclined to snap a picture of. At GINZA SIX, we've positioned the large four-story atrium on the second level as our central picture-worthy attraction. Second is to design the flow of people through the space using storyboards to simulate various scenarios. How many minutes does it take to get from point A to point B? Wouldn't it be easier if there were another elevator there? I'm thinking people will want to encounter some sunlight right around here—how about we make this an atrium?...It's absolutely key that the energy of the space flows naturally, and that no physical or emotional stress is placed on the guests. This part involves working together with the architect. The third element is to provide variation: dynamic shopping experiences as well as areas of calm to sit down and relax. It's important to remember that everybody browses and shops at a different pace. For GINZA SIX, we've created an intimate premium lounge where guests can catch their breath, complete with custom-designed sofas that are so comfortable it's as if you were being wrapped in a cocoon, and a backdrop of wooden byobu [decorative multi-panel folding screens that serve as room partitions]. Also, in order to impart a sense of wonder on guests as they walk through the spectacular retail levels, we've set up the walkways in a zigzag orientation, evoking Ginza's narrow side streets and back alleys that remain to this day. The zigzags give each store a corner that faces out into the walkway—which means that unlike your standard inline shopping mall where you have a straight line of sight from one end to the other, guests naturally come face to face with each store as they walk around, and this creates a feeling of excitement about what could be around the next corner. 第一に誰のための空間であるべきか GINZA SIXは世界中から人々を招き入れる、インターナショナルな商業施設になると思います。ただ、インテリアには日本のエッセンスを入れたかった。外から来る方々を意識するのは大切ですが、まずは日本に住む私たちや自分の家族が喜べる空間を作りたかったのと、そこからズレてはいけないように思いました。 例えば日本の建築では障子や行灯でふんわりとした光を行き渡らせる工夫がなされていますが、GINZA SIXでは吹き抜けのアトリウムの天井に3Dの和紙をあつらえて、トップライトから落ちる自然の光を優しく透過し、その光が全体に回るようにしています。階段の手すりにはルーバーを用い、竹をイメージした格子をあしらいました。 空間を引き締めるクラフツマンシップをどう見せるかにもこだわりました。できるだけハンドメイドの素材を使うようにして、一部のエレベーターホールの壁はアルミの表面をテクスシャーのあるラッカーで仕上げています。ショップが並ぶ通路の壁にはポイントごとに職人による和紙を使用しました。こうした素材のレイヤーやクオリティでどう空間を見せるかは、GINZA SIXに限らず、私のすべてのプロジェクトに通じるデザインのポイントでもあって、日本のデザインもやはりレイヤーとクオリティで成り立っているとも言えます。ただし、今回は壮大なスケールのGINZA SIXが大きな工場のような印象を与えないために、そのバランスに気を配っています。 GINZA SIXが掲げる"New Luxury"というのも「これがすごいよね」と一点で語られるものではなく、あくまで全体を通して感じるものではないでしょうか。インテリア以外にも、建築があって、グラフィックがあって、アートがあって、能楽堂のような文化もあって、自然が感じられて、ホスピタリティがあるということ。逆に言うと、高級旅館であってもビジネスホテルであってももしかしたら大差はなくて、全体のバランスがよければ、「どちらもすごいね」ということになるのだと思います。 Who Should the Space Be For? I believe that GINZA SIX will become an international shopping mall that will attract guests from around the world. But in spite of that—or maybe even because of that—I wanted to imbue the interior design with the essence of Japan. While it is important to keep in mind that many of our prospective patrons will be from outside of Japan, my first priority was to design a space that our team of designers, our families, and those of us who live here in Japan would enjoy coming to. It was critical not to lose sight of that. For example, in Japanese architecture, you use fixtures like shoji [sliding screens made of translucent paper over a wooden frame] and lanterns to diffuse light throughout a space. At GINZA SIX, I had 3D washi [a Japanese style of paper commonly made using fibers from the bark of mulberry trees, paperbush, and Gampi trees] incorporated into the ceiling of the atrium in order to diffuse the natural light coming through the skylight and bathe the retail levels in gentle light. And for the staircases we've installed louver railings with latticework designed to resemble bamboo. I was also very particular about how attention to detail and touches of craftsmanship are used to bring the space together. Wherever possible, I integrated handmade and handcrafted elements. A number of the elevator hallways, for example, have walls covered in aluminum with a lacquer finish. And along the walls of the main walkways, you'll come across creative use of washi made by an expert papermaker. Using layers of design and the unique qualities of individual materials to bring a space to life—this has always been a central characteristic of my work, and GINZA SIX is no exception. And you can say that the use of layers and qualities are the foundation of Japanese design as well. So with a space as grand as GINZA SIX, it was important to achieve a balance between the two, so that it didn't end up feeling like some large industrial factory. GINZA SIX's vision of "New Luxury" is not something that draws attention to itself, not something you can pinpoint; rather, it's an aesthetic that permeates the entire undertaking from top to bottom. It applies not only to the interior design, but the architecture, graphic design, and artwork on display, as well as the Noh theater and other cultural attractions, greenery, and, of course, the service and hospitality. To put it another way, New Luxury is not about what or how much you do with a space, but whether or not what you do is right for the space. In that sense, whether you were to choose to spend the night at a high-end ryokan [traditional Japanese inn] or a business hotel, one experience is not necessarily more "luxurious" than the other, because it's a question of overall balance and the thought put into it. Again, not what or how much you can do for your guests, but whether or not what you do is right for your guests. 商業施設に必要な最後のレイヤー 私個人的には、銀座は裏通りが意外に面白いと感じています。美味しい飲食店もいっぱいありますし、アート&クラフトの店、小さな建物の中にさまざまな業態の店が集まっていたりもして、インバウンド需要の波が押し寄せる表通りを歩くだけでは気づくことのできない、濃いカルチャーが残っている。インターナショナルな反面、日本のエッセンスが強い街でもあります。GINZA SIXには240ものショップが入りますが、まさに銀座の裏通りのような「さまざまなお店がいっぱいある面白さ」を出したいと思ってデザインをしました。 ところで、パリに「ボン・マルシェ」という世界最古の百貨店があります。私も大好きでパリに行くとよく買い物に出かけますが、ヒューマンスケールで、リテールのデザインが上手く、セレクションに長けていて、何より高級住宅街にあるので「左岸のお金持ち向け」というキャラクターがはっきりしている。結果、近所の住人でいつも賑わっていて、だから、観光客もやってくるという循環です。 すなわち、商業施設に必要な最後のレイヤーは「人」であり、そのクオリティであるということを忘れてはいけないと思います。GINZA SIXにもまず周辺に暮らす方々や職場がある人々、次に銀座に食事をしに来るような層を取り込んで、東京から日本、そこから海外の人に愛されていくようなメッセージやロジックが必要かもしれません。 皆さんは銀座に行くとき、どこを中心に捉えますか? もしかしたら、今は銀座4丁目の交差点かもしれません。でも、私は「とりあえずGINZA SIXで待ち合わせしましょう」という状況を作りたい。 これまでの商業施設にはないインテリアを持つGINZA SIXが、皆さんに愛されて、銀座の新しいスタートポイントになってくれることを願っています。 The Layer That Completes a Shopping Mall Personally, I find Ginza's side streets and back alleys to be among its most intriguing features. They're lined with great places to eat, arts-and-crafts stores, and small buildings occupied by seemingly every type of business, and are where you'll find a deep-rooted culture that you would never encounter if you kept only to the main tourist thoroughfares. These streets are cosmopolitan, but at the same time they are infused with the essence of Japan. GINZA SIX will be home to 240 stores, but I designed the interiors to bring out that same Ginza side street feel of wandering into a delightful hodgepodge of establishments. Incidentally, did you know that the world's oldest department store is Le Bon Marché in Paris? I'm such a big fan that I make several shopping trips each time I visit Paris. They're masters of retail design—the place is built to human scale, and their product selections are excellent—but most of all its location in an upscale residential area means that it caters to a clear demographic: the affluent class of the Left Bank. As a result, the place is always bustling with local residents, which in turn attracts tourists, and one feeds into the other. In other words, the final layer that is absolutely necessary for a shopping mall is people—and not just anybody, but people of a particular poise and quality. With GINZA SIX, first and foremost we wanted to create a destination that captures the hearts of the people who live and work in the area. Then from there, we will expand that circle to the people that come to Ginza to have lunch or dinner, to all of Tokyo and then Japan, and last but not least, abroad. You need a message that is not one-size-fits-all, but adaptable and universal. It's a gradual process that has to be thought out and executed carefully. When you visit Ginza, where do you think of as the center? Many point to the Ginza 4-chome intersection. My goal is that in the not too distant future people will be saying to each other "Let's meet up at GINZA SIX." GINZA SIX is a shopping mall with an interior the likes of which has never been seen before. I hope that it captures your hearts and imaginations, and becomes a new starting point for Ginza.

lookfantastic International

lookfantastic International


lookfantastic International

Shop makeup, primers and skincare to create a perfect beauty regime. Buy the best selling bareMinerals products with free world wide delivery.

2017 PRE FALL COLLECTION

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

  2017 PRE FALLコレクションが入荷いたしました。 機能性とフェミニンさが融合した2017 PRE FALLコレクションは独特なプリントやベルベット素材、エッジが効いたデザインに注目。 現代女性のワードローブをクラスアップさせる上質なアイテムが揃います。   是非店頭にてご覧ください。 Instagram: https://www.instagram.com/bmb_store_tokyo/  

9月 WORK SHOP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.PICTURESQUEでは、当店限定のイベントとして 店頭にてワークショップを開催しております。 9月のワークショップは人気のメニューはそのままに、 一部内容がリニューアルし新たなメニューも登場しております。 MENU.1 モチーフが選べるシルバーリング 所要時間 1時間半  参加費:4,320円 / 材料費:17,280円 開催日・時間 9月8日(金)13:30〜   MENU.2 シルバーテクスチャーリング 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費11,880円 開催日・時間 9月8日(金)16:00〜  9月18日(月)11:00〜   MENU.3 天然石の線曲げピアス(1P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費12,960円 開催日・時間 9月10日(日)11:00〜  9月27日(水)11:00〜   MENU.4 天然石のシルバーブレスレット 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費15,120円 開催日・時間 9月10日(日)14:30〜  9月27日(水)17:00〜   MENU.5 K18ゴールドと宝石の線曲げピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費43,200円〜(宝石により異なります) 開催日・時間 9月10日(日)17:00〜  9月18日(月)17:00〜   MENU.6 ヴィンテージビーズとタッセルのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間 参加費4,320円 / 材料費4,320円 開催日・時間 9月2日(土)11:00〜  9月14日(木)11:00〜 9月24日(日)14:00〜     MENU.7 フレンチビーズとパールのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費4,320円 開催日・時間 9月14日(木)17:00〜  9月24日(日)17:00〜 MENU.8 ヴィンテージゴールドカラーのフラワーヘッドドレス(3P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費8,640円 開催日・時間 9月2日(土)14:30〜  9月11日(月)13:30〜 9月19日(火)11:00〜 9月30日(土)11:00〜   MENU.9 ヴィンテージゴールドカラーのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月2日(土)17:00〜  9月11日(月)16:00〜 9月19日(火)17:00〜 9月30日(土)17:00〜   MENU.10 クリスタルとパールのレジンイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月5日(火)13:30〜  9月16日(土)11:00〜 MENU.11 クリスタルとパールのレジンリング 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月5日(火)16:00〜  9月16日(土)11:00〜   飛び入り参加も歓迎しております。 世界に一つだけのアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか?       (上記全て税込価格の表示となります) 【ご予約方法】 tel 03-6264-5185 mail empicturesque@em-grp.com ご予約は電話・メールにて承ります (お名前・電話番号・ご希望の日程・時間・メニューをご明記ください) ※当日のキャンセルはご遠慮ください 詳しくはe.m.group HP特設サイトよりご覧くださいませ お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ みなさまのご参加をお待ちしております

人の手の試行錯誤からしか生まれ得ない、どこから見ても美しいジュエリー

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

過去を継承し、新しい挑戦を経て、未来へ創造する。 そんな力強いコンセプトのもと、2012年に東京で誕生したジュエリーブランド「AbHerï (アベリ) 」。ブランドネームはラテン語の語彙、ab (〜から、〜へ) とheri (昨日) を組み合わせた造語だ。GINZA SIXの店に掲げられたロゴの冠にある天秤も、過去から未来へ一直線に続く時間軸を表現。優美で繊細な印象を与える昔からの宝飾技術や伝統を引き継ぎながら、柔軟に導入した現代のテクニックが新鮮なイメージを生み出す。ゆらゆら揺れる天秤がぴたりと定まるようにベストなバランスにこだわることで、“懐かしいものを新しくつくり、新しくつくるものが懐かしい”というブランドの姿勢を象徴している。 GINZA SIXのための限定コレクション “Tsubaki (椿) ”が目指したのも、まさに西洋と日本の融合。カメリアとして世界で愛される花でありながら、実は日本を原産とする椿の花芯には、横から見た独特のプロポーションの愛らしさと7色のスペクトルカラーで17世紀の西洋で流行した“オールドマインドカット”のダイヤモンドを使用した。これはイギリスのメーカーとの共作で奥行きある輝きをいっそう引き出すために改良した、ブランドこだわりのオリジナル。さらにその周囲をプラチナの石座にセットされた直径1.0mm以下の“メレダイヤモンド”がおしべのように取り巻き、いちばん外側のレイヤーとなるゴールドの花びらにはタガネを使って緻密な和彫りの線模様が施され、西洋の技術であるミルグレーションの細工が縁取られている。 アイテムはネックレスとチェーンリングの2種類。サイズが調整できることでロングヒットアイテムとなったチェーンリングは、今回は指の内側にあたる半分だけをチェーンに。機能面と装飾性のバランスにも配慮した。 ちなみにここまでの一貫したブランドストーリーに共感した方にお薦めしたいのは東京のイーストサイド、馬喰町にあるアベリのコンセプトショップ。反物を広げたときの長さを示す数字の跡が床に残る、古い繊維倉庫をリノベーションしたビルの1Fには、フランスの時計店で部品を収容していた棚や、かつて日本のタバコ屋にあったケースといった什器が並ぶ。ブランドのコンセプト同様、過去を引き継いだ空間に込められたのは「よくあるジュエリーショップのようにたくさんが並んだ中から選ぶのではなく、ギャラリーで美術品を鑑賞するような感覚で、ジュエリーと向き合ってほしい」という全員が職人も兼ねるデザイナーたちの想い。GINZA SIXでも“屋根裏部屋の美術館”をテーマに、天窓から差し込む光を受けてジュエリーが輝くイメージの空間で、色石を使った一点モノやパールのコレクション、ブランド独自の割金によるK18オリジナルカラーの“シャンパンゴールド”のアイテム、ブライダルラインなど、華やかなラインナップを揃える。 ギャラリーに展示された作品のように、一点ずつ大切にディスプレイされたアベリのジュエリー。眺めていると気づかされるのは、どのデザインも立体的なこと。理由はコンセプトショップの奥に併設されたアトリエの様子を見れば明らかで、そこにある数々のプロトタイプが物語るのは、デザインを平面だけで捉えず、小さな建築の模型をつくるように手を動かしながら職人としても検証を重ねてきたデザイナーの真摯な姿だ。 人の手の試行錯誤からしか生まれ得ないからこそ、さまざまな角度から楽しめて、そこにあるだけでも美しい。まさにアートピースさながら、心に何かを語りかけてくるジュエリーとの出会いを、GINZA SIXで。 ネックレス (¥370,000 ※税抜き価格) 限定10個 チェーンリング (¥490,000 ※税抜き価格) 限定10個 問合せ AbHerï (2F) TEL.03-6264-5032 店舗詳細 http://www.jewelrybox.jp/ Edit & Text by Yuka Okada / Photographs by Satoko Imazu (Shop)

【ベアミネラル】GINZA SIX 限定 メイクアップ パーソナルレッスン

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

ベアミネラル専属のトップメイクアップアーティストがお客様1人1人の個性に合わせ、ヘルシーでナチュラル感あふれるメイク方法を伝授します。 懇切丁寧なパーソナルレッスン形式なので翌日からすぐに実践でき、レッスン終了後には価格相当分の製品をお持ち帰りいただけます! ベアミネラル GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスンメニュー 1 BARE BASIC   ベアベーシック 60分   10,260円(税込)~ ベアミネラルを代表するファンデーションを使い、ベースメイクだけでナチュラル&ヘルシーに仕上げるテクニック満載のメニュー。ベアミネラルビギナーズに特におすすめです。 2 BARE PERFECT   ベアパーフェクト 90分   22,680円(税込)~ ベースメイクに加え目元や口元などトータルでナチュラルビューティーに仕上げるテクニックを随所に盛り込んだフルメイクメニュー。メイクアップの前にはミネラルと植物の恵みを贅沢に配合したスキンケアで肌を解放し内外からヘルシービューティーを満喫していただけます。 3 BARE MAGIC   ベアマジック 30分   4,320円(税込)~ 小顔効果抜群!1人1人の骨格に合わせ天然のハイライトを生かしたナチュラルな立体感を作る簡単テクニックをお伝えします。 完全予約制 開催日:9月24日(日) ご予約、お問い合わせは 03-6263-9977

BareMinerals GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスン

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

ベアミネラル専属のトップメイクアップアーティストがお客様1人1人の個性に合わせ、ヘルシーでナチュラル感あふれるメイク方法を伝授します。 懇切丁寧なパーソナルレッスン形式なので翌日からすぐに実践でき、レッスン終了後には価格相当分の製品をお持ち帰りいただけます。 ベアミネラル GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスンメニュー 1 BARE BASIC ベアベーシック 60分 10,260円(税込)~ ベアミネラルを代表するファンデーションを使い、ベースメイクだけでナチュラル&ヘルシーに仕上げるテクニック満載のメニュー。ベアミネラルビギナーズに特におすすめです。 2 BARE PERFECT ベアパーフェクト 90分 22,680円(税込)~ ベースメイクに加え目元や口元などトータルでナチュラルビューティーに仕上げるテクニックを随所に盛り込んだフルメイクメニュー。メイクアップの前にはミネラルと植物の恵みを贅沢に配合したスキンケアで肌を解放し内外からヘルシービューティーを満喫していただけます。 3 BARE MAGIC ベアマジック 30分 4,320円(税込)~ 小顔効果抜群!1人1人の骨格に合わせ天然のハイライトを生かしたナチュラルな立体感を作る簡単テクニックをお伝えします。

Fashion Outlets Niagara Falls

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Off of I-190 Exit 22 you’ll find 1900 Military Road in Niagara Falls, New York. So what’s so special about that? This just happens to be the location of Fashion Outlets Niagara Falls, home to some of the best factory outlet shopping choices available. Sure you not have given much thought to hitting outlet mall... [Read More]

The post Fashion Outlets Niagara Falls appeared first on Outlet Shoppers.

YAYOI KUSAMA POP UP STORE わが永遠の魂

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

日本人としてはもっとも国際的に名前を知られたアーティスト、草間彌生。GINZA SIXの施設中央に展示された新作インスタレーションも話題です。 5月22日まで国立新美術館で開催中の「草間彌生 わが永遠の魂」展のグッズを集めたPOP UPストアが期間限定オープン。 新作シリーズ“わが永遠の魂”の他、代表的な作品の一つであるナルシスガーデンをモチーフにしたシルバーのアクセサリー、ペンやノートといったステーショナリー、バッグやポーチ、グラス、クッキーや紅茶等々をラインナップ。 草間彌生氏の水玉やカボチャがモチーフのポップでカワイイショップです。

FALL / WINTER 2017 NEW COLLECTION IN STORE FROM SEPTEMBER 15TH

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

9月15日(金)より“Y-3 FALL / WINTER 2017 COLLECTION”の新作を発売いたします。 今シーズンは、「ハイテク」と「自然界」という対極的な2つの要素からインスパイアされたコレクションとなっております。 お越し頂いたお客さまに先着で “Y-3 FW17 PHOTO BOOK”を差し上げます。 (※数量に限りがございますのでお品切れの際はご容赦下さい。) ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。 ご来店をお待ち申し上げております。 Y-3 PURE BOOST 品番:CP9890 カラー:black 価格:42,660円(税込) Y-3 ZAZU 品番:CG3158 カラー:black 価格:47,520円(税込)

Neil Barrett 17AW PRE Collection Arrived

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

Neil Barrett 17AW PRE-Collection が到着しました ニール・バレット特有のミニマルなコレクションでありつつ、 ブランドアイデンティティであるテーラリング、ストリート、スポーツのハイブリッド(異種融合)の要素が随所に組み込まれています 今回のコレクションで使われている「LIVE AND LET LIVE」のメッセージは、「自分自身の生活をし他人の生活も尊重しなさい」というスコットランドのことわざです GINZA SIX Storeでしかご覧いただけない商品も数多くございます 皆様のご来店をお待ちしております http://www.neilbarrett.com/it/

D-BROSの割れない花瓶。GINZA SIX限定デザインのギフトボックスを発売開始。

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

デザイン会社DRAFTが運営するプロダクトブランドD-BROS(ディーブロス)。 「デザインは楽しい」をコンセプトに、グラフィックデザインを活かしたユニークなアイテムを提案するプロダクトショップです。 花瓶の常識を覆す「割れない、軽い、かさばらない」 D-BROSの「フラワーベース」は、従来の花瓶の常識を覆すユニークなアイデアで、2003年の発売から続くロングセラー商品です。平面のグラフィックが立体的な花瓶になることでデザインの見え方も変わり、驚きを与えてくれます。 一見ガラスの花瓶のように見えますが、実はビニールで作られています。 平らなビニールの袋に水を入れるとぷくっと膨らみ、安定した美しい花瓶に変身します。 倒れても割れることなく、使わない時は折たたんで保管できるため、場所もとらず、繰り返しつかえる利便性がちょっとしたギフトやお土産に喜ばれています。 デザインやサイズも豊富に揃っているので、飾るお花やお部屋、贈る相手によってお選びいただけます。 50種以上のデザインをご用意しておりますので、ぜひ一度店頭でご覧ください。   贈り物にぴったりなギフトボックス そして、この度、贈り物にもうれしい「ギフトボックス」が新発売になりました。 お花をテーマにデザインされた4種類のギフトボックスは、ここでしか手に入らないGINZA SIX限定デザインです。 お好きなフラワーベースを選んだら、ギフトボックスにお入れします。 お土産や敬老の日の贈り物にいかがでしょうか? >>フラワーベースの動画はこちらからご覧いただけます   ・フラワーベース(1〜2枚入り) 1,080円 〜3,024円 (税込) ・フラワーベース ギフトボックス 540円(税込)   D-BROS GINZA SIX 公式サイト http://db-shop.jp/ginza/ D-BROS 公式Instagramアカウント @dbros_official1995

イニシャル入れサービス

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

BY MALENE BIRGER GINZA SIX店にてブランドアイコンである、アラビックフラワーモチーフのアイテムをご購入でご希望のお客様にイニシャル入れをスタートいたします。 アラビックフラワーモチーフは、ブランド創設者であるマレーネ・ビルガーがモロッコを旅した時に出会ったアラベスク幾何学模様にインスパイアされ、ブランドのアイコンへとデザインしたもの。 1箇所:¥1,620(税込) 仕上がり期間:承り日より約1週間 アラビックフラワーモチーフのアイテムをオリジナルの1点にしてみてはいかがでしょうか。 Instagram: https://www.instagram.com/bmb_store_tokyo/

one of suggestion color for 17fw season is 『black & white』

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

RING JCKETが新たなに17FWシーズンに提案するカラーの一つ 『BLACK & WHITE』 永らく続いたトーン・オン・トーンのカラートレンド。その傾向はまだまだ続いていますが、17FWシーズンにRING JACKETが提案したいカラーはハイコントラストのブラック&ホワイト。 ただし、ホワイトカラーが前面に出た派手な配色ではなくブラックの面積が大きいシックなブラック&ホワイトがお勧めです。 メンズクロージングに於ける代表的な配色の一つであるブラック&ホワイトをクラシックなハウンドトゥースやピンヘッドなどで提案します。   クラシックな雰囲気を兼ね備え、英国紳士を彷彿させる 『BLACK & WHITE』ハウンドトゥース 男らしいエレガンスな装いを楽しんでいただける 新コレクションの一つです。   ITEM : SUIT / RING JACKET MEISTER ART : RT037F01A MODEL : no.253BH / v-08 / s-172H PRICE : 226,800- YEN tax included COMPOSITION : WOOL 100% SIZE : 42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52 [ONLINE STORE] ITEM : SHIRT / RING JACKET Napoli ART : 59107S04W PRICE : 34,560- YEN tax included COMPOSITION : COTTON 100% SIZE : 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 ITEM : TIE / TIE YOUR TIE ART : 42117F47 PRICE : 28,080- YEN tax included COMPOSITION : SILK 100%  

世界的な現代アーティストの作品と、商業空間の相乗効果を発揮

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIXで展開するパブリックアート 銀座というのはやっぱり日本の顔、特に商業の顔じゃないかと思っています。そこにGINZA SIXという商業施設がオープンするというのは、日本の新しい顔ができるということ。しかも建築を谷口吉生さんが設計するとなれば「この国の最高のクリエーターたちが関わって、GINZA SIXを作りました」という姿勢が必要です。 そのときに打ち出すアートは奈良や京都に代表される伝統的な日本というより、まずはクリエイティブなイメージを持った新しい日本を感じさせるものではないかと思いました。GINZA SIXは建築もインテリアデザインも、日本というものを意識してはいますが、あくまでコンテンポラリーなテイストです。一方で、銀座は1960年代から現代美術を扱うところも含めて多数の貸し画廊が増えて、今ではギャラリーが集う街ともいえる。 そう考えたとき、GINZA SIXの中央の吹き抜けに展開するメインのアートは、世界の現代美術シーンで日本の顔になっている方の作品がふさわしいだろうと思い、草間彌生さんにお願いしました。新作を作ってもらい新鮮さを出しながら、日本らしさも感じさせるものにならないかなというのがこちらの思惑です。ちなみに、この吹き抜け部分のアートは不定期で入れ替えていく予定です。 商業とデザインは相性がいいですが、商業とアートはそれほどコラボレーションのチャンスがなかった。それに、あまりアートがとんがりすぎていると受け入れられない。でも、ある程度とんがっていなきゃアートをやる意味がない。なぜなら無難な作品になると、それこそデザインの一部に見えてしまいますよね。GINZA SIXではそうしたアートと商業空間のバランスと相乗効果にも注目してもらえたらと思います。 ちなみに「アート&ライフ——現代アートをより身近なものに」は森美術館のモットーでもあるのですが、私は生活の中にアートがあまねく行き渡るのが理想ではないかと思っています。アートが富裕層のためだけのものではなく、一般の人たちも気軽にアートを購入でき、それが日常生活の中にあるというイメージです。素敵ですよね。それこそが豊かな生活といえるのではないでしょうか。 そういう意味で、今回のGINZA SIXのように商業施設のなかにもアートがあって、なおかつアートがその施設の活動に貢献するのは理想的だと思います。さらにその施設の性格を象徴的に表していくような、アートならではのメッセージ性を演出できると、素晴らしいと思います。 Public Art at the Heart of GINZA SIX It is my opinion that Ginza is the face of Japan—more specifically, the glitzy face of commerce and retail shopping culture. As such, the opening of a shopping mall like GINZA SIX is the unveiling of a new face for Japan to present to the world. All the more when you have someone of Yoshio Taniguchi's caliber designing your building. You start to realize the gravity of the undertaking: GINZA SIX is truly the result of the greatest creative voices in Japan coming together. When it came to deciding on a direction for the art that would take center stage at this new landmark, I felt we should go for something that spoke to the creativity associated with modern-day Japan rather than the traditional Japanese aesthetic embodied by places like Nara and Kyoto. Of course, "Japan" was a conscious theme for GINZA SIX both in terms of the architecture and the interior design, but we've gone for a wholly contemporary look and feel. At the same time, we were also very aware that Ginza has become an art gallery hub of sorts, with the number of contemporary art dealers and rental gallery spaces steadily increasing since the 1960s. All of this meant that the centerpiece that was to grace GINZA SIX's central atrium should be designed by someone who was the face of Japan in the international contemporary art scene—which is why I approached Yayoi Kusama for the job. By bringing her talents on board, I was confident that the result would be utterly fresh and inspiring while simultaneously retaining a uniquely Japanese essence. Incidentally, this atrium art piece is not intended to be permanent, and new centerpieces will be unveiled at irregular intervals. The words "commercial" and "design" have gone well together; but the relationship between commercialism and art has always been much more contentious. The problem is, the more outrageous a work of art is, the less people get it. On the other hand, what is the point of art that isn't challenging on any level? The more you play it safe, the more obvious it becomes as a product of design. For GINZA SIX, I think we've succeeded in finding that great balance between art and a retail shopping space, where both feed into one another in a beautiful way. I'm excited for people to come and see for themselves. Incidentally, the Mori Art Museum's motto is "Art + Life—Making contemporary art more accessible," and likewise I believe that art should be ubiquitous in our lives. Art should not just be for the wealthy. It should be readily accessible and affordable to everybody—a regular presence in all of our lives. Just imagine it. After all, isn't that what we mean when we talk about an "enriched society"? In that regard, GINZA SIX is a prime example of how I believe a shopping mall should be: art at its core, serving as both the heart and the lifeblood that illuminates its environment. And if that art can encapsulate the personality of the facility, if it has a message to convey as only art can, it will take on a life of its own wonderfully. 銀座の街をめぐる記憶 1970年代、並木通りに「レンガ屋」という、当時最高と言われたフレンチレストランがありました。大学生の頃、その上階にある出版社の『トラベルタイムズ』という旅行雑誌の編集部で2年くらいアルバイトをしていました。社長がそのレンガ屋で食事をしながら、エアラインやホテルや旅行業界の外国人にインタビューをするんですが、僕はそこに同席してメモを取って、写真を撮って、通訳までしなくちゃいけなかった。それをしながら、フランス料理のフルコースを全部食べなきゃいけないわけで、振り返ると、すごいテクニックですよね(笑)。それが銀座の思い出。 一方、大学時代からの友人には銀座の老舗の旦那たちがいて、明治以降の東京の商人文化を担ってきた彼らは、銀座に今も誇りをもっていますよね。ブランドショップが居並ぶようになった今も「ここは俺たちの町だ」という想いをもっています。また先日、銀座のイベントに呼んでもらって話す機会があったとき、関係者から「銀座はもともと島だったんですよ」と聞かされました。1964年の東京オリンピックのために周りの運河を埋めてその上に高速道路を作る以前、今は地名でしか残っていない「数寄屋橋」「新橋」「京橋」などは、実際に銀座と外を結ぶ橋でした。 たった50年前までは島でもあった銀座。そんな土地の独自の記憶も決して埋もれさせてはいけないように感じています。 The Heritage of Ginza Back in the 1970s, I spent a couple of years as a university student working part time on the editorial staff of a travel magazine called Travel Times. The publisher's offices were located up in a building along Namiki-dori [which runs parallel to Ginza's main shopping thoroughfare Chuo-dori], and below us was a French restaurant called Renga-ya, which at the time had established a reputation as Tokyo's pinnacle of fine dining. The CEO would interview foreign guests from the airline, hotel, and travel industries for the magazine over a meal there, and it would be my job to accompany him to take notes, photos, and even act as an interpreter—all in addition to scarfing down a full-course meal. In retrospect, I was quite the multitasker (laughs). That's one of my fondest memories of Ginza. A number of friends from my university days have gone on to take over long-established, family-run Ginza shops—institutions, really. These are men who have been cultivating Tokyo's merchant culture for generations stretching back to the Meiji Period [1868-1912], and for them, Ginza remains the pride of Tokyo. Even now when high-fashion brand boutiques line the streets, they still consider Ginza their town. On a similar note, the other day I was invited to attend an event there, and I was speaking with one of the organizers, who explained to me that Ginza used to be an island. The areas we now call Sukiyabashi, Shinbashi, and Kyobashi—these names originally referred to bridges that connected Ginza to the mainland [bashi, or hashi, means "bridge" in Japanese]. The city filled in the surrounding canals and built an elevated highway in the lead-up to the 1964 Tokyo Olympics. Ginza was an island just a half century ago. I feel that we have an obligation to keep this land's unique heritage alive. GINZA SIXが掲げる「New Luxury」について思うこと 今の時代、ラグジュアリーというものが物ではなく、体験に変わってきています。僕の知り合いが数年前、お客様が持ち込んだギフトを室町時代から続く日本の伝統的な贈り物の作法「折形(おりがた)」で包むサービスを提供する『MIWA』という店を、パリにオープンしたんです。サンジェルマン・デプレの裏通りに暖簾が掲げられていて、小さな店内に入ると床の間があって、ヒノキの一枚板でできたカウンターがある。彼は、着物を着て出てきて抹茶を点ててくれるのですが、僕が訪れた時に客がいた試しはない。それでも続いている。 いったい、どうなっているのか聞いてみたら、ラグジュアリーブランドの企画に携わる人たちが「どう体験をデザインするか」について話を聞きたいと彼を訪ねて来る。それが仕事につながっている。 アートにも今後、物としてではなく、特別な体験を提供する役割が求められていくんじゃないかなと思います。 Thoughts on GINZA SIX's "New Luxury" Concept These days when we talk about luxury, we refer less and less to material things and more and more to experiences. A few years ago an acquaintance of mine opened a shop in Paris called MIWA, which specializes in gift wrapping using a traditional Japanese method known as origata [where a single sheet of handmade paper is used with no scissors, tape, or glue] that has been practiced since the Muromachi Period [1336-1573]. It's a quaint little shop nestled on a side street in Saint-Germain-des-Prés, with a tokonoma [an alcove in a Japanese-style reception room for displaying a flower arrangement or other piece of art] by the entrance and a counter made up of a single slab of Japanese cypress. My acquaintance welcomes customers in a kimono and even prepares and serves them matcha [powdered green tea]. But the thing is, I've stopped by a number of times, and each time I never see anyone in there. Yet somehow he doesn't go out of business. When I finally asked him how he was making ends meet, he told me that planners and strategists from various luxury brands come to him for advice on how to design customer experiences. He's essentially a consultant for hire. That's just one example of how people are beginning to look to art not as an object to ponder over, but as something that provides a lasting experience.

Sephora | Fair Oaks Mall

Sephora | Fair Oaks Mall


www.shopfairoaksmall.com

Play, learn, and be inspired by the world of beauty. Discover exclusive brands and products, and enjoy free classes, makeovers, and expert advice.

Columbus, OH BareMinerals | Polaris Fashion Place

Columbus, OH BareMinerals | Polaris Fashion Place


Polaris Fashion Place

Find out hours, directions, location, and details on BareMinerals of Columbus, OH.

St ANDREWS POP UP SHOP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

the HOUSEでは、9月2日(土)から10月1日(日)の期間、2017年秋冬にデビューした‘セント・アンドリュース’のPOP UP SHOPを開催します。 ST ANDREWS LINKSは、全英オープンの会場としても知られる、世界中のゴルファーが羨望する聖地。 ‘セント・アンドリュース’は、伝統と気品を備えた ワンランク上のゴルフスタイルを提案します。 デビューを記念して、上記期間中 15,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、本国スコットランド ST ANDREWS LINKSのボールを1スリーブ(3個入り)プレゼント致します。 (※無くなり次第終了となります) ぜひこの機会に the HOUSEへお立ち寄りください。 https://store.tsigs.com/standrews/  

古様な素材を提案することで、一番新しいプレミアムラウンジを

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

杉本博司と榊田倫之とのユニット「新素材研究所」 榊田:日本には1000年以上の文化のなかで培われてきた素材や工法があるのですが、今の時代に建築の仕事をしていると、どうしてもメンテナンスがしやすいものとか、寿命の長い素材をカタログから選ぶという現代的な手法に、一気に転換されようとしている状況を感じずにはいられません。 そんななかで、2008年に現代美術家の杉本博司と共に立ち上げた「新素材研究所」のコンセプトは「古様な素材を提案することが、今一番新しい」という確信を持って、アイロニカルに新素材研究と言っておきながら、実は古様な素材を研究し提案することを設計理念としています。ただ一方で、単純に数寄屋的や社寺的ということではなく、やはり現代の気分というのがあるので、素材や工法は古来であるけれど、納め方は現代的なディテールで構成していきます。 私は20代の多くを京都の建築家・岸和郎のもとで、近代以降の建築の様式や建築家と社会の関わり、建築家としてあるべき姿勢について学ぶことができました。ですから、建築家としての自分の骨格自体は岸に作ってもらえたと思っています。一方でアーティストでありながら若い頃から古美術商としてのキャリアも経てきた杉本と出会うことによって、日本の文化をエッセンスとして組み込めるようになったわけです。 杉本自身、私と共に新素材研究所を立ち上げるまでは、建築もインテリアも本人が現場に立ち会い、言わばセルフビルドでやってきていました。アート作品同様、そのコンセプトは非常に明解です。ただ、今回のGINZA SIXのように仕事として時間も予算も限りがあるとなったとき、杉本のパートナーとして、彼の主題やアプローチをどう解いて、空間に落としていくか。新素材研究所では、杉本と私がお互いにそんな明確な役割を持って、設計活動に取り組んでいます。 Hiroshi Sugimoto and Tomoyuki Sakakida Join Forces at New Material Research Laboratory Japan has specific materials and construction techniques that have been cultivated over a millennium, but in this day and age, you can't help but notice that the architectural zeitgeist is shifting towards the contemporary practice of methodically browsing through a catalogue for materials that are as maintenance-free and long-lasting as possible. Amid this shift, in 2008, artist Hiroshi Sugimoto and I established the New Material Research Laboratory (NMRL) with the philosophy that "The materials of the past provide a breath of fresh air today". So "New Material" is used ironically, as our focus is on researching and imagining novel uses for the materials that were used in ancient and medieval times. But that does not mean our designs are directly based on sukiya-style or the architecture of shrines and temples. We live in a contemporary age, after all, so while our techniques and materials may be from a past age, the design solutions that ultimately result consist of contemporary ideas and details. I had the privilege of working under the Kyoto-based architect Waro Kishi for most of my twenties, an environment that undoubtedly forged my instincts and my disposition as an architect. Kishi taught me about modern architectural styles, the role of an architect within society, and what an architect ought to be. And then meeting Sugimoto, an artist and someone who has had a distinguished career as a dealer of Japanese antique and folk art, has brought a new dimension to my work and showed me how to incorporate the essence of Japanese culture into what I do. Sugimoto himself, prior to creating NMRL with me, had already been dabbling in a number of architectural and interior design projects. Like his art work, his designs have a clear concept. With GINZA SIX, however, we were on a timeline and a budget. It was my job as Sugimoto's partner to interpret his themes and approach, and then translate them into interior design. At NMRL, we each have a clearly defined role to play in the projects we take on. プレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」のポイントは「素材」 GINZA SIXでは建築ではなく、プレミアムラウンジである「LOUNGE SIX」のインテリアデザインを手がけていますが、新素材研究所のテーマからぶれずに「日本的なものと現代をどう再編集していけるか」という感覚で空間を解いています。一番のポイントはやはり「素材」に尽きます。 エントランスで顧客の方々を迎えるのは横幅10メートルにもなる、黒漆喰による外壁です。下塗りまでは複数の職人を入れてやるのですが、フィニッシュは熟練の左官職人が一気に仕上げます。黒漆喰はコテの押さえ方によって色のムラが抽象絵画のようになったり、職人の手技を感じてもらえる見せ場になるはずです。 そこから、大正時代に看板建築などに使われたブリキを貼った鉄板の扉を入ったレセプションフロアの床には、1912年から78年まで京都を走っていた市電の下の"電石"を敷きつめました。言ってみればアンティークなのですが、集めていかないと数が揃わないので、「見つけたら、とにかく買う!」。他の建築事務所とスキームが決定的に違うのは、そういうところだと思います。 レセプションエリアの奥にあるメインルームは、開口部の少ない空間で買い物をされた顧客の方々に開放感を感じてもらいたいと思い、自然光が入るようお願いをしました。結果、大きな面にわたる窓には、新素材研究所のシグネチャー的な意匠でもある縦桟(たてざん)の障子を配しています。 また、「LOUNGE SIX」に併設する個室との境は引き戸にして、杉や檜など針葉樹の仲間である鼠子(ネズコ)の木のへぎ板を、胡麻竹(ゴマダケ)で上から押さえたディテールをあしらいました。へぎ板とは木のブロックに刃を入れて目に沿って裂いたものを差しますが、よく茶室の天井などに使われる素材で、今は買う人間がいないので、職人がほとんど残っていません。胡麻竹は茶室のにじり口などに使われる素材です。いずれも日本的なスケールで使われてきた素材を、現代のスケールに合わせて使っています。 LOUNGE SIX, Where the Materials Take Center Stage For GINZA SIX, we designed not the architecture, but the interior of its premium lounge, LOUNGE SIX, which allowed us to explore a central theme of NMRL: "reimagining Japanese-ness for a modern world". It all comes down to the materials, plain and simple. Guests will be welcomed at the entrance by a ten-meter wide facade with a kuro-shikkui [black shikkui plaster] finish. Everything up to and including the undercoat plaster was done by multiple craftsmen, but the finishing coat had to be applied at once by a master plasterer. With kuro-shikkui, differences in pressure applied with the trowel create a mottled appearance not unlike abstract painting—this display of craftsmanship at the entrance is the first highlight. From there, guests enter through a door plated with tin previously used for what they called "signboard architecture" [where traditional wooden townhouses were given a facelift by erecting western-style facades that resembled signboards] and the like during the Taisho Era [1912-1926], and find themselves in the reception area. At their feet is stone flooring comprised of denseki [literally, "tram-stones"] that were originally used to pave the ground beneath the tracks of Kyoto's municipal tram, which operated between 1912 and 1978. These stones are essentially antiques that we had to seek out and buy on the spot in order to put together the number we needed—we have to keep an eye out for this kind of stuff at all times. As I said, our methods and techniques can be unorthodox, but this is what sets us apart from other architectural firms. Beyond the reception area is the main room, which we designed to let in as much natural light as possible to provide our shopping guests with a sanctuary of sorts, away from the retail floor, which has less natural light in comparison. For the wall-spanning window, we've added one of NMRL's signature designs: a special type of shoji screen with framework composed of vertical bars. Sliding doors separate LOUNGE SIX from a number of private rooms. We added hegi-ita detailing using thin strips of Japanese arborvitae—an evergreen tree belonging to the conifer family that includes cedar and Japanese cypress—held down with gomadake bamboo. Hegi-ita is made by splitting lumber along the grain using an edged tool, and was traditionally used in the ceilings of tea ceremony rooms and the like, but nowadays there barely exists a market for such a material, and consequently there are only a few craftsmen left who can do this kind of woodworking. Gomadake bamboo is a material that is used mainly for the nijiriguchi [a small, crawl-in entrance to a tea ceremony room]. In both cases we've taken a material used in traditional Japanese proportions and adapted them on a modern scale. ほとんど特注デザインの家具はユニークさを追求 家具に関しては、ほとんどを特注でデザインさせていただきました。ラグジュアリーなラウンジとなると通常はイタリアの高級家具が置かれていて、シートが深めで、フェザーが入っていて座り心地がいいというパターンなどが少なくないと思うのですが、今回大事にしたかったのはユニークさです。 メインルームに置かれる「ヘリコイドソファ」は、やはり新素材研究所がインテリアと家具を手がけた表参道のカフェ『茶洒 金田中』の「ヘリコイドチェア」がヒントになりました。「ヘリコイドチェア」は、杉本の作品に三次関数の数式を表現した明治期の数理模型と機構モデル群を撮影した写真シリーズがあって、その螺旋(ヘリコイド)を描く模型から関連付けた片肘タイプの椅子です。「ヘリコイドソファ」ではこれをもう少しゆったりとしたサイズで、文字通り、ソファとしてデザインしています。 さらに、2015年に惜しまれながら取り壊されたホテルオークラ東京の本館ロビーにあったテーブルセットもヒントにしました。上から見ると椅子が梅の花びらのように見立てられていたのですが、「ヘリコイドソファ」も丸テーブルとセットになったとき、どこか花のような印象を与えるように意識しています。ただ、現代人のシートハイトに合わせて、足元をスレンダーにしてソファ部分にボリュームを持たせるなど、プロポーションには現代的なエッセンスを入れました。脚の素材には宣徳(セントク)メッキと言って、ふすまの手かけなどに使われる素材を使いました。研究所では古い風合いの色を愛でて"古美色(こびしょく)メッキ"と呼んでいますが、これも職人が少なくなっている技の一つです。 そんな総じて空港にあるようなVIP向けのラウンジとは全く違うアプローチの空間が、顧客の方々の目に新鮮に映ってくれることを願います。 A Unique Arrangement of Custom-Designed Furniture As for the furniture, we decided to custom design practically all of it. When you picture a luxury lounge, you usually think of luxury Italian furniture, you know, deep-seated sofas with feather-stuffed cushions and so forth. But for GINZA SIX, we wanted to go for a more unique approach. In the main room are Helicoid Sofas, which are direct cousins of the Helicoid Chairs we designed for the Sahsya Kanetanaka cafe in Omotesando. The Helicoid Chair is a chair with a helix-shaped backrest that takes its inspiration from a series of photographs taken by Sugimoto of "stereometric exemplars", that is, mechanical models and sculptural renderings of mathematical models purchased from the West during the Meiji Era [1868-1912]—specifically, the spiral-shaped "helicoid" sculpture. The Helicoid Sofa is a slightly larger, more inviting lounge chair version of that. We also took inspiration from the round tables and chairs that graced the main lobby of the regrettably demolished Hotel Okura in Tokyo. When seen from above, the round table and the chairs surrounding it were arranged to resemble a plum blossom in full bloom. Similarly, the round tables and Helicoid Sofas in the GINZA SIX lounge were designed to evoke the image of a flower when arranged together. Of course, we've adjusted the seat heights to accommodate a variety of statures, made the leg area less bulky, made the seat cushions more plush, and gave the overall proportions a modern update. We've applied sentoku plating to the legs—sentoku is a kind of yellow bronze used for fusuma handles [typical fixtures in traditional Japanese-style houses used as sliding doors or room dividers]. At NMRL we affectionately refer to this material and its aged texture as "kobishoku plating" [literally, "beautifully aged color"]. Yet another example of a technique with an ever-dwindling number of master practitioners. All in all, we've taken a much different approach than your standard airport-style VIP lounge. It is our sincere hope that we have created a novel space for our guests to sit and relax. (2016年9月インタビュー) Interview and Text by Yuka Okada / Photographs by Daisuke Akita 銀座遠望 杉本博司 私の実家は戦前銀座二丁目で創業した銀座美容商事という美容品を扱う問屋を経営していた。戦後は御徒町に移ったが、銀座は子供の頃から慣れ親しんだ街だった。母親とは時々不二家の洋食を食べにいったが、週末は着飾って家族でニュートーキョーの中華料理を食べに行った。ニュートーキョーの窓辺から眺める数寄屋橋下の水面に移るネオンの輝き、今は首都高に覆われその風情は無い。私がアーティストとして頭角を初めて現したのも銀座だった。小学校4年の時、私は銀座松坂屋の屋上から服部時計店方面を見た絵を描き、子供絵画コンクールに出品したのだ。その絵は見事入賞を果たし、世界巡回展に展示され、そのまま帰って来なかった。コンクール授賞式は護国寺近くの講談社本社で開かれ、私は晴れの表彰状を受け取ったのだが、私はその時、その大名庭園風の庭に感銘を受けたのだ。私は大人になったらいつかこんな庭を造ろうと思った。模型少年だった私は、その庭を巨大な自然を模した模型だと思ったのだ。その後私は同じ世界の模型化である写真へと興味の対象を移していくことになる。その庭も首都高6号線となって消えてしまった。こうして私が思いでの地の一画に再びアーティストとして関れるのも不思議な因縁で、私は先祖帰りしたような気分でいる。 銀座は土地柄が美人だ。その地へと赴くとき、人々は着飾って出かけた。美人に厚化粧は向かない。素肌にうっすらとひと刷の白粉(おしろい)。これがこの度のGINZA SIXの化粧方針だ。「New Luxury」とは豪華を隠すことだ、豪華さをひけらかすことが20世紀までの豪華の世界スタンダードだった。しかし我が国の伝統的な価値観ではそれは「野暮」と称されてきた。利休のいう「名馬を藁屋に繋ぎ止めたる風情」これが「粋」というものだ。粗末な茶室で名椀を使う、というのもこの感性の延長線上にある。しかしここで重要なのは粗末を装いながら実は手の込んだ造作を演出する点にある。いわば金持ちが貧乏人を装う、この美意識は転び様によっては洗練か嫌みの境界線上にある。名人が危うきに遊ぶように、時代の新しい感性は常に反動の揺り戻しに晒される。 銀座の土地柄を美人に保ち続けること、それも日本の伝統的な美意識に則って。これが私達に課せられた使命だ。 Text by Hiroshi Sugimoto A View over Ginza Before the war our family home was in Ginza 2-chome where we had a beauty products wholesale business called Ginza Beauty Trading. The business moved to Okachimachi after the war, but I was still very familiar with Ginza from childhood. Now and again my mother took me to Fujiya for Western food, while at the weekend the whole family would get dressed up and go to the New Tokyo for a Chinese meal. The gleaming neon reflections on the water beneath the Sukiyabashi Bridge that I could see from the restaurant's windows are gone now that the canal has been covered over by the Shuto Expressway. It was also in Ginza that I achieved prominence as an artist for the first time. In my fourth year at primary school, I painted a picture looking from the roof of Matsuzakaya department store towards the Hattori watch and jewelry store and entered it into a children's art competition. To my surprise, the picture won a prize, whereupon it was sent off on a world tour—from which it never returned. The prize ceremony was held at the offices of the publisher Kodansha near the Gokokuji Temple. They presented me with a magnificent certificate, but what really impressed me was their formal Japanese garden, which seemed worthy of a feudal lord. "When I grow up, I want to make a garden like this," I thought. As a boy, I loved making models and I saw the garden as a scaled-down model of far larger nature. Later, my interest was to shift to photographs, another "modelized" version of the real world. That garden too has gone, replaced by Route 6 of the Shuto Expressway. By a twist of fate, I find myself once again involved as an artist with a piece of land that is so rich in memory for me. It feels like an atavistic reversion. As a district, Ginza's character is that of a beautiful woman. Everyone who goes there decks themselves out in their finest clothes. Heavy makeup, however, does not become a true beauty; far better is a light dusting of face powder. GINZA SIX shares this cosmetic philosophy. Concealing luxury is the new luxury. Flaunting it was standard practice worldwide until the end of the twentieth century. According to Japan's traditional values, however, that is mere boorishness. Japanese-style iki, or chic, consists, as Sen no Rikyu said, in "tying a fine horse to a thatched house." Drinking tea from an exquisite bowl in a rustic tea house is an extension of this philosophy. The important thing is to create a pretense of coarse rusticity while deploying the most refined utensils. This esthetic, which is like a rich person trying to pass themselves off as poor, can find itself teetering on a knife-edge between the offensive and the sophisticated. Still, the master practitioners of any art are always drawn to danger and the sensibilities of a new age are invariably exposed to reaction's backlash. Text by Hiroshi Sugimoto

Designer Baby on a Budget: 10 Tips You Should Know

by Curran C @ Outlet Shoppers

Having a baby is a wonderful and life changing experience. It can also be extremely costly, especially for families on budget and families with more than one baby. From clothing to baby’s room furnishings to all the necessary accessories new parents and their babies must have, there are quite a lot of costs involved. Many... [Read More]

The post Designer Baby on a Budget: 10 Tips You Should Know appeared first on Outlet Shoppers.

〈WORK SHOP by MUVEIL〉“collage your emotion”

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

刺繍家 田口あゆみによる刺繍教室 繊細で上品な刺繍でファンの多い田口あゆみ氏をお迎えし、ミュベールオリジナルプリントTOTE BAGにイニシャル刺繍を施す、ワークショップを開催いたします。 “collage your emotion” 開催期間:09.08(金)、09.14(木)、09.21(木) 18:00~20:00 参加費 ¥5,400(税込) *各回5名限定 *トートバッグはフラワーレオパード、またはフラワーカモフラージュどちらかお選びいただけます

9月1日(金)-10月31日(火) ”photograph” Bridal Fair

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.のコンセプトショップ「e.m. PICTURESQUE」では 9月1日(金)-10月31日(火)の期間 “Photograph”と題し 花嫁さまやパーティに参加するゲストさまに向けた 華やかなブライダルアイテムをご紹介しております ブライダルリングはもちろん リングピローやティアラ・イヤリング・ピアスなど幅広くご用意しております 上から 41,040円 45,360円 49,680円   上から 21,600円 28,080円 21,600円   店名のPicturesqueとは「絵のような」「絵のように美しい」といった意味があります 結婚式という特別な1日 みなさんのひとつひとつの思い出や記念を さらに特別なモノにする 素敵なジュエリーを揃えました クリスタルイヤリング 28,080円 パールピアス 8,640円 パールヘアクリップ Vデザイン 各6,480円 ルデザイン 各6,912円 また同期間中に特別なプレゼントをご用意しております e.m.MARIAGEのブライダルリングをご購入いただいた方に e.m.PICTURESQUEで開催中のWORKSHOPの 参加費無料チケットをプレゼントいたします 特別な日の自分をさらに華やかに魅せる 世界に1つだけのジュエリーを制作してみませんか?   WORK SHOP http://www.em-grp.com/workshop/september.html BLOG http://em-grp-picturesque.sblo.jp/ *価格は全て税込金額です

父の日フェア開催のお知らせ

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

THE GENERAL STORE では5/29(月)〜6/18(日)の期間、父の日フェアを開催いたします。 税込¥5,000以上のお買上で、オリジナルノベルティをプレゼントいたします。 また、父の日ギフトのご配送を無料にて承ります。 父の日のプレゼントにオススメの雑貨や革小物を多数ご用意しておりますので、この機会にぜひご来店くださいませ。

Cape Cod Mall

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

Cape Cod Mall

The post Cape Cod Mall appeared first on Outlet Shoppers.

Buy Magic Minerals Foundation at Argos.co.uk - Your Online Shop for Make up sets, Make up, skincare and nails, Health and beauty.

Buy Magic Minerals Foundation at Argos.co.uk - Your Online Shop for Make up sets, Make up, skincare and nails, Health and beauty.


Argos

Buy Magic Minerals Foundation at Argos.co.uk, visit Argos.co.uk to shop online for Make up sets, Make up, skincare and nails, Health and beauty

BareMinerals GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスン

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

ベアミネラル専属のトップメイクアップアーティストがお客様1人1人の個性に合わせ、ヘルシーでナチュラル感あふれるメイク方法を伝授します。 懇切丁寧なパーソナルレッスン形式なので翌日からすぐに実践でき、レッスン終了後には価格相当分の製品をお持ち帰りいただけます。 ベアミネラル GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスンメニュー 1 BARE BASIC ベアベーシック 60分 10,260円(税込)~ ベアミネラルを代表するファンデーションを使い、ベースメイクだけでナチュラル&ヘルシーに仕上げるテクニック満載のメニュー。ベアミネラルビギナーズに特におすすめです。 2 BARE PERFECT ベアパーフェクト 90分 22,680円(税込)~ ベースメイクに加え目元や口元などトータルでナチュラルビューティーに仕上げるテクニックを随所に盛り込んだフルメイクメニュー。メイクアップの前にはミネラルと植物の恵みを贅沢に配合したスキンケアで肌を解放し内外からヘルシービューティーを満喫していただけます。 3 BARE MAGIC ベアマジック 30分 4,320円(税込)~ 小顔効果抜群!1人1人の骨格に合わせ天然のハイライトを生かしたナチュラルな立体感を作る簡単テクニックをお伝えします。

これまでにない空間の力で、銀座の新しいスタートポイントに

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

商業施設を考える3つのポイント 今回のような商業施設のプロジェクトには3つのポイントがあると思います。一つは空間にアイコニックなエレメントを作らなければならないこと。例えば、今の時代はフォトジェニックだけでなく、メディアジェニックも大切です。施設を訪れた人々が写真を撮るときに「ここはGINZA SIXだね」と一目でわかる場所が必要で、パリの街で言えば、エッフェルタワーみたいなものですね。GINZA SIXでは2階の大きな吹き抜けのアトリウムをアイコンに据えています。 二つ目は、さまざまなストーリーボードを作ってシミュレーションをすることで、空間のなかの人の動きをデザインすること。ある場所からある場所まで何分かかるのか。その場合、エレベーターはもう一基必要ではないか。このあたりで光に出会いたいので、吹き抜けを設けようか…。空間のエネルギーが自然と循環し、人間の感情や身体感覚に対してストレスのない空間であること。ここは建築家とのコラボレーションが必要な部分でもあります。 最後の三つ目は、ダイナミックな空間とリラックスできる空間という緩急を設けること。商業施設で買い物をするスピードは人によって異なります。GINZA SIXではほっと一息付ける空間として、オリジナルでデザインしたソファをコクーンのようなプロポーションにし、背後に木の屏風を置いて、インティメートな空間を作り出しています。 一方で壮大なスケールのフロアが単調にならないように、銀座の裏に残る小さな路地などをイメージし、ショップが並ぶ通路をジグザグにデザインしました。そのジグザグによってすべての店に角が生まれ、通常の商業施設のように一つの通りを直線的に見渡せないことで、まさに路地の通りを歩きながら一つ一つの店に出会う高揚感を味わうことができるようになっています。 The Three Essential Elements of a Shopping Mall When it comes to designing a shopping mall like GINZA SIX, I believe there are three essential elements. One is the need for an iconic element within the space. Namely, in this day and age, it is important to be not only photogenic, but media-genic as well. Much like when people visit Paris they take the obligatory Eiffel Tower photo, you need something instantly recognizable as GINZA SIX that guests will naturally be inclined to snap a picture of. At GINZA SIX, we've positioned the large four-story atrium on the second level as our central picture-worthy attraction. Second is to design the flow of people through the space using storyboards to simulate various scenarios. How many minutes does it take to get from point A to point B? Wouldn't it be easier if there were another elevator there? I'm thinking people will want to encounter some sunlight right around here—how about we make this an atrium?...It's absolutely key that the energy of the space flows naturally, and that no physical or emotional stress is placed on the guests. This part involves working together with the architect. The third element is to provide variation: dynamic shopping experiences as well as areas of calm to sit down and relax. It's important to remember that everybody browses and shops at a different pace. For GINZA SIX, we've created an intimate premium lounge where guests can catch their breath, complete with custom-designed sofas that are so comfortable it's as if you were being wrapped in a cocoon, and a backdrop of wooden byobu [decorative multi-panel folding screens that serve as room partitions]. Also, in order to impart a sense of wonder on guests as they walk through the spectacular retail levels, we've set up the walkways in a zigzag orientation, evoking Ginza's narrow side streets and back alleys that remain to this day. The zigzags give each store a corner that faces out into the walkway—which means that unlike your standard inline shopping mall where you have a straight line of sight from one end to the other, guests naturally come face to face with each store as they walk around, and this creates a feeling of excitement about what could be around the next corner. 第一に誰のための空間であるべきか GINZA SIXは世界中から人々を招き入れる、インターナショナルな商業施設になると思います。ただ、インテリアには日本のエッセンスを入れたかった。外から来る方々を意識するのは大切ですが、まずは日本に住む私たちや自分の家族が喜べる空間を作りたかったのと、そこからズレてはいけないように思いました。 例えば日本の建築では障子や行灯でふんわりとした光を行き渡らせる工夫がなされていますが、GINZA SIXでは吹き抜けのアトリウムの天井に3Dの和紙をあつらえて、トップライトから落ちる自然の光を優しく透過し、その光が全体に回るようにしています。階段の手すりにはルーバーを用い、竹をイメージした格子をあしらいました。 空間を引き締めるクラフツマンシップをどう見せるかにもこだわりました。できるだけハンドメイドの素材を使うようにして、一部のエレベーターホールの壁はアルミの表面をテクスシャーのあるラッカーで仕上げています。ショップが並ぶ通路の壁にはポイントごとに職人による和紙を使用しました。こうした素材のレイヤーやクオリティでどう空間を見せるかは、GINZA SIXに限らず、私のすべてのプロジェクトに通じるデザインのポイントでもあって、日本のデザインもやはりレイヤーとクオリティで成り立っているとも言えます。ただし、今回は壮大なスケールのGINZA SIXが大きな工場のような印象を与えないために、そのバランスに気を配っています。 GINZA SIXが掲げる"New Luxury"というのも「これがすごいよね」と一点で語られるものではなく、あくまで全体を通して感じるものではないでしょうか。インテリア以外にも、建築があって、グラフィックがあって、アートがあって、能楽堂のような文化もあって、自然が感じられて、ホスピタリティがあるということ。逆に言うと、高級旅館であってもビジネスホテルであってももしかしたら大差はなくて、全体のバランスがよければ、「どちらもすごいね」ということになるのだと思います。 Who Should the Space Be For? I believe that GINZA SIX will become an international shopping mall that will attract guests from around the world. But in spite of that—or maybe even because of that—I wanted to imbue the interior design with the essence of Japan. While it is important to keep in mind that many of our prospective patrons will be from outside of Japan, my first priority was to design a space that our team of designers, our families, and those of us who live here in Japan would enjoy coming to. It was critical not to lose sight of that. For example, in Japanese architecture, you use fixtures like shoji [sliding screens made of translucent paper over a wooden frame] and lanterns to diffuse light throughout a space. At GINZA SIX, I had 3D washi [a Japanese style of paper commonly made using fibers from the bark of mulberry trees, paperbush, and Gampi trees] incorporated into the ceiling of the atrium in order to diffuse the natural light coming through the skylight and bathe the retail levels in gentle light. And for the staircases we've installed louver railings with latticework designed to resemble bamboo. I was also very particular about how attention to detail and touches of craftsmanship are used to bring the space together. Wherever possible, I integrated handmade and handcrafted elements. A number of the elevator hallways, for example, have walls covered in aluminum with a lacquer finish. And along the walls of the main walkways, you'll come across creative use of washi made by an expert papermaker. Using layers of design and the unique qualities of individual materials to bring a space to life—this has always been a central characteristic of my work, and GINZA SIX is no exception. And you can say that the use of layers and qualities are the foundation of Japanese design as well. So with a space as grand as GINZA SIX, it was important to achieve a balance between the two, so that it didn't end up feeling like some large industrial factory. GINZA SIX's vision of "New Luxury" is not something that draws attention to itself, not something you can pinpoint; rather, it's an aesthetic that permeates the entire undertaking from top to bottom. It applies not only to the interior design, but the architecture, graphic design, and artwork on display, as well as the Noh theater and other cultural attractions, greenery, and, of course, the service and hospitality. To put it another way, New Luxury is not about what or how much you do with a space, but whether or not what you do is right for the space. In that sense, whether you were to choose to spend the night at a high-end ryokan [traditional Japanese inn] or a business hotel, one experience is not necessarily more "luxurious" than the other, because it's a question of overall balance and the thought put into it. Again, not what or how much you can do for your guests, but whether or not what you do is right for your guests. 商業施設に必要な最後のレイヤー 私個人的には、銀座は裏通りが意外に面白いと感じています。美味しい飲食店もいっぱいありますし、アート&クラフトの店、小さな建物の中にさまざまな業態の店が集まっていたりもして、インバウンド需要の波が押し寄せる表通りを歩くだけでは気づくことのできない、濃いカルチャーが残っている。インターナショナルな反面、日本のエッセンスが強い街でもあります。GINZA SIXには240ものショップが入りますが、まさに銀座の裏通りのような「さまざまなお店がいっぱいある面白さ」を出したいと思ってデザインをしました。 ところで、パリに「ボン・マルシェ」という世界最古の百貨店があります。私も大好きでパリに行くとよく買い物に出かけますが、ヒューマンスケールで、リテールのデザインが上手く、セレクションに長けていて、何より高級住宅街にあるので「左岸のお金持ち向け」というキャラクターがはっきりしている。結果、近所の住人でいつも賑わっていて、だから、観光客もやってくるという循環です。 すなわち、商業施設に必要な最後のレイヤーは「人」であり、そのクオリティであるということを忘れてはいけないと思います。GINZA SIXにもまず周辺に暮らす方々や職場がある人々、次に銀座に食事をしに来るような層を取り込んで、東京から日本、そこから海外の人に愛されていくようなメッセージやロジックが必要かもしれません。 皆さんは銀座に行くとき、どこを中心に捉えますか? もしかしたら、今は銀座4丁目の交差点かもしれません。でも、私は「とりあえずGINZA SIXで待ち合わせしましょう」という状況を作りたい。 これまでの商業施設にはないインテリアを持つGINZA SIXが、皆さんに愛されて、銀座の新しいスタートポイントになってくれることを願っています。 The Layer That Completes a Shopping Mall Personally, I find Ginza's side streets and back alleys to be among its most intriguing features. They're lined with great places to eat, arts-and-crafts stores, and small buildings occupied by seemingly every type of business, and are where you'll find a deep-rooted culture that you would never encounter if you kept only to the main tourist thoroughfares. These streets are cosmopolitan, but at the same time they are infused with the essence of Japan. GINZA SIX will be home to 240 stores, but I designed the interiors to bring out that same Ginza side street feel of wandering into a delightful hodgepodge of establishments. Incidentally, did you know that the world's oldest department store is Le Bon Marché in Paris? I'm such a big fan that I make several shopping trips each time I visit Paris. They're masters of retail design—the place is built to human scale, and their product selections are excellent—but most of all its location in an upscale residential area means that it caters to a clear demographic: the affluent class of the Left Bank. As a result, the place is always bustling with local residents, which in turn attracts tourists, and one feeds into the other. In other words, the final layer that is absolutely necessary for a shopping mall is people—and not just anybody, but people of a particular poise and quality. With GINZA SIX, first and foremost we wanted to create a destination that captures the hearts of the people who live and work in the area. Then from there, we will expand that circle to the people that come to Ginza to have lunch or dinner, to all of Tokyo and then Japan, and last but not least, abroad. You need a message that is not one-size-fits-all, but adaptable and universal. It's a gradual process that has to be thought out and executed carefully. When you visit Ginza, where do you think of as the center? Many point to the Ginza 4-chome intersection. My goal is that in the not too distant future people will be saying to each other "Let's meet up at GINZA SIX." GINZA SIX is a shopping mall with an interior the likes of which has never been seen before. I hope that it captures your hearts and imaginations, and becomes a new starting point for Ginza.

Tips to Make the Most of Your Outlet

by Curran C @ Outlet Shoppers

Outlet mall shopping has become one of the best ways for families and savvy shoppers to save money on a variety of different types of items. With the recent surge in popularity over the past few years, the number of locations where one can find an outlet mall has increased a great deal too. This... [Read More]

The post Tips to Make the Most of Your Outlet appeared first on Outlet Shoppers.

Gilroy Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

How would you like to shop at a mall that has 145 stores just loaded with all of your favorite brands at discount prices? While this may sound too good to be true, it isn’t. All you have to do is visit Gilroy Premium Outlets in Gilroy, California. Here you will find fashions from the... [Read More]

The post Gilroy Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

9月 WORK SHOP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.PICTURESQUEでは、当店限定のイベントとして 店頭にてワークショップを開催しております。 9月のワークショップは人気のメニューはそのままに、 一部内容がリニューアルし新たなメニューも登場しております。 MENU.1 モチーフが選べるシルバーリング 所要時間 1時間半  参加費:4,320円 / 材料費:17,280円 開催日・時間 9月8日(金)13:30〜   MENU.2 シルバーテクスチャーリング 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費11,880円 開催日・時間 9月8日(金)16:00〜  9月18日(月)11:00〜   MENU.3 天然石の線曲げピアス(1P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費12,960円 開催日・時間 9月10日(日)11:00〜  9月27日(水)11:00〜   MENU.4 天然石のシルバーブレスレット 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費15,120円 開催日・時間 9月10日(日)14:30〜  9月27日(水)17:00〜   MENU.5 K18ゴールドと宝石の線曲げピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費43,200円〜(宝石により異なります) 開催日・時間 9月10日(日)17:00〜  9月18日(月)17:00〜   MENU.6 ヴィンテージビーズとタッセルのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間 参加費4,320円 / 材料費4,320円 開催日・時間 9月2日(土)11:00〜  9月14日(木)11:00〜 9月24日(日)14:00〜     MENU.7 フレンチビーズとパールのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費4,320円 開催日・時間 9月14日(木)17:00〜  9月24日(日)17:00〜 MENU.8 ヴィンテージゴールドカラーのフラワーヘッドドレス(3P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費8,640円 開催日・時間 9月2日(土)14:30〜  9月11日(月)13:30〜 9月19日(火)11:00〜 9月30日(土)11:00〜   MENU.9 ヴィンテージゴールドカラーのイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月2日(土)17:00〜  9月11日(月)16:00〜 9月19日(火)17:00〜 9月30日(土)17:00〜   MENU.10 クリスタルとパールのレジンイヤリングorピアス(2P) 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月5日(火)13:30〜  9月16日(土)11:00〜 MENU.11 クリスタルとパールのレジンリング 所要時間 1時間半 参加費4,320円 / 材料費6,480円 開催日・時間 9月5日(火)16:00〜  9月16日(土)11:00〜   飛び入り参加も歓迎しております。 世界に一つだけのアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか?       (上記全て税込価格の表示となります) 【ご予約方法】 tel 03-6264-5185 mail empicturesque@em-grp.com ご予約は電話・メールにて承ります (お名前・電話番号・ご希望の日程・時間・メニューをご明記ください) ※当日のキャンセルはご遠慮ください 詳しくはe.m.group HP特設サイトよりご覧くださいませ お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ みなさまのご参加をお待ちしております

GINZA SIX SALE

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

6月30日(金)より、「GINZA SIX SALE(ギンザ シックス セール)」を開催します。 メンズ・レディスのファッションアイテムから、ジュエリーやライフスタイルまで、館内約90店舗にて今シーズンのトレンドアイテムを特別価格でご提供します。 実施期間:2017年6月30日(金)~ 7月17日(月・祝) 参加店舗:約90店舗 ※セール開催期間は、一部店舗で異なります。 ※一部セール対象外の商品がございます。 ※オフ率や対象商品などの詳細は、各店舗に直接お問合せください。 セール参加店舗(一例) B1F e.m.PICTURESQUE 1F     the HOUSE 2F     BALLY、Giuseppe Zanotti(7/1-)、Maison de NADIA、Manolo Blahnik(7/1-)、SIXIÈME GINZA、VERSACE(7/1-)、Y-3(7/1-) 3F     ALEXANDER McQUEEN(7/1-)、ALEXANDER WANG、BY MALENE BIRGER、CoSTUME NATIONAL、DIESEL BLACK GOLD、DSQUARED2、EQUIPMENT、HERNO(7/1-)、KENZO、lucien pellat-finet(7/1-)、Maison Margiela、MARNI(7/1-)、MM6 Maison Margiela、MOSCHINO、Mulberry、Neil Barrett、N˚21(7/1-)、rag & bone、See By Chloé、TARA JARMON、UNDERCOVER(7/1-)、Vivienne Westwood、3.1 Phillip Lim 4F     ADORE、BEAMS HOUSE WOMEN、CA4LA、CIBONE CASE、DRESSTERIOR、ebure、ESSEN.LAUTRĒAMONT、Ground Y(7/1-)、HELMUT LANG(7/1-)、JOTARO SAITO、l'héritage martinique、OKANO、PARIGOT、Paul Smith、Tabio Japan、Theatre H.P.FRANCE、Theory(7/14-)、TOWEL THINK LAB、TRANSIT PAR-SUCH、Vulcanise London Ginza、漆器 山田平安堂、#0107 PLAZA 5F    adidas Originals Shop、AKM、ATTACHMENT、BARBOUR、BRITISH MADE / Drake's、CONVERSE TOKYO、DENHAM(7/1-)、DIESEL、FREEMANS SPORTING CLUB、JOSEPH、junhashimoto、KURO、MARK'STYLE TOKYO、N.HOOLYWOOD、OSKLEN、Paraboot、RAWLIFE、THE GENERAL STORE、THE NORTH FACE UNLIMITED、TUMI、WOOLRICH、World Footwear Gallery

UNITED NUDE POP UP

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

オランダ人建築家Rem D Koolhaasが手掛けるシューズブランドUNITED NUDE。 「Future」「Culture」「Nature」をコンセプトにした最新SS17コレクション。 GINZA SIXでのPOP UP STOREでは話題のISSEY MIYAKE x UNもラインナップ。 オルナタティブクリエイター「Wake up」によるアートピースも必見です。

ISLAND SLIPPER POP UP STORE

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

〈メイドインハワイのサンダル〉 1946年の創業以来ハワイオアフ島で生産されている〈アイランド スリッパ〉。 その歴史はハワイへ移住した日本人、本永瀧蔵により日本の草履文化を根付かせたいとの思いからサンダルメーカーを設立。 創業当初から現在に至るまで製品は全て「メイドインハワイ」にこだわり、1点1点熟練の職人によるハンドメイドとなっています。 そんな愛情と手作りの温かさが込められた〈アイランド スリッパ〉のポップアップを期間限定で開催。 6/24.25 7/1.2 8.9にはその場でサンダルにスタッズを装飾し、カスタマイズできるイベントを開催いたします。 普段ではみることのできない豊富な品揃えでお客様をお待ちしております。 お買い上げ頂いた方に先着でオリジナルビーチバッグをプレゼント! 是非ともこの機会にご来店ください。

9月1日(金)-10月31日(火) ”photograph” Bridal Fair

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.のコンセプトショップ「e.m. PICTURESQUE」では 9月1日(金)-10月31日(火)の期間 “Photograph”と題し 花嫁さまやパーティに参加するゲストさまに向けた 華やかなブライダルアイテムをご紹介しております ブライダルリングはもちろん リングピローやティアラ・イヤリング・ピアスなど幅広くご用意しております 上から 41,040円 45,360円 49,680円   上から 21,600円 28,080円 21,600円   店名のPicturesqueとは「絵のような」「絵のように美しい」といった意味があります 結婚式という特別な1日 みなさんのひとつひとつの思い出や記念を さらに特別なモノにする 素敵なジュエリーを揃えました クリスタルイヤリング 28,080円 パールピアス 8,640円 パールヘアクリップ Vデザイン 各6,480円 ルデザイン 各6,912円 また同期間中に特別なプレゼントをご用意しております e.m.MARIAGEのブライダルリングをご購入いただいた方に e.m.PICTURESQUEで開催中のWORKSHOPの 参加費無料チケットをプレゼントいたします 特別な日の自分をさらに華やかに魅せる 世界に1つだけのジュエリーを制作してみませんか?   WORK SHOP http://www.em-grp.com/workshop/september.html BLOG http://em-grp-picturesque.sblo.jp/ *価格は全て税込金額です

Why Outlet Shopping Has Become so Popular

by Curran C @ Outlet Shoppers

Almost everyone enjoys a good shopping trip once in a while. Other times shopping is a necessity, especially around the holidays. Whatever your reason for shopping, it is always better when you get a great deal. Hunting for bargains is one of the main reasons outlet shopping has become so popular. If you are still... [Read More]

The post Why Outlet Shopping Has Become so Popular appeared first on Outlet Shoppers.

Carlsbad Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

With a settling like Carlsbad, California, it would be hard to imagine anything less than stunning. When you shop at Carlsbad Outlets, you get a gorgeous setting to go along with the best shopping outlets have to offer. With 90 outlet stores, it would be hard to imagine having difficulty finding whatever it is you... [Read More]

The post Carlsbad Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

Neil Barrett 17AW PRE Collection Arrived

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

Neil Barrett 17AW PRE-Collection が到着しました ニール・バレット特有のミニマルなコレクションでありつつ、 ブランドアイデンティティであるテーラリング、ストリート、スポーツのハイブリッド(異種融合)の要素が随所に組み込まれています 今回のコレクションで使われている「LIVE AND LET LIVE」のメッセージは、「自分自身の生活をし他人の生活も尊重しなさい」というスコットランドのことわざです GINZA SIX Storeでしかご覧いただけない商品も数多くございます 皆様のご来店をお待ちしております http://www.neilbarrett.com/it/

Cincinnati Premium Outlets

by anne @ Bare Minerals – Outlet Shoppers

With right at 100 factory stores, the Cincinnati Premium Outlets offer more than enough to find what you need for your entire family. Located at 400 Premium Outlets Drive in Monroe, Ohio, this mall offers enough selection to meet and exceed shoppers’ expectations. Not to worry either, there is plenty of free parking to make... [Read More]

The post Cincinnati Premium Outlets appeared first on Outlet Shoppers.

能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さに気軽に触れる場として

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

GINZA SIXへの移転にかける想い 43年間、渋谷の松濤という閑静な住宅街にあった観世能楽堂が、伝統と革新性が同居する街 銀座の、GINZA SIXという最新のテクノロジーを導入した商業施設に、脈々と守り伝えてきた檜舞台を移築し、新しい能楽堂を構えます。 もともと観世大夫(宗家)の屋敷は、四代前の家元がご維新にともない拝領地をお返しするまで、銀座にありました。その一方で街を歩いていてもお年寄りが目立つ高齢化社会のなかで、若い方々に、能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さにもっと気楽に触れてもらいたいという想いもあり、移転を決意しました。 特に今の時代、「大和心」が失われつつあることに危機感を感じています。やわらかさ、やさしさ、しなやかさ——それは古来からの日本人のアイデンティティであり、精神的な根幹を成してきたものでもあります。 例えば「鉢木(はちのき)」という能があります。北条時頼が旅僧に身をやつして諸国を巡回する。冬のある日、栃木県の佐野まで来たとき、佐野源左衛門常世に一夜の宿を請います。一家の生活は落ちぶれ、疲弊しボロを纏っている。聞けば「一族に横領され、土地も取られ、散々な体で暮らしています」と。貧しい生活にもかかわらず、常世は粟の飯をすすめ、旅僧に暖をとってもらうために、大切にしていた鉢植の梅、松、桜を切り、焚き火にする。そこで「今夜のおもてなしに」という言葉が出てくるのですが、けして声高には謡わないのです。それが「大和心」であって、「おもてなし」という言葉にしても「これが日本のおもてなしです」と表立って口にすることではないのです。 ただ、この能を舞うのは現代人として呼吸をしている観世清和です。観阿弥や世阿弥が生きていた頃に想いを馳せるのは良いとしても、昔と同じことを、そのまま今の時代の人間ができるはずがありません。時代の変化に対応し、機微に応じた洞察力を備えるということが、芸道だと思います。 What the Relocation to GINZA SIX Means for the Kanze School The Kanze Nohgakudo, or the Kanze Noh Theater, which has been nestled in the quiet residential neighborhood of Shoto in Shibuya for 43 years, is currently in the process of relocating its storied and hallowed cypress stage to GINZA SIX, a shopping mall with cutting-edge facilities that will open in the heart of Ginza in Spring 2017. Ginza, a commercial district where tradition and innovation coexist, is technically not a new home for the Kanze School. Historically, the Kanze School was based in Ginza until four generations ago, when the 22nd Grand Master Sanjuro Kiyotaka returned the land to the Japanese government in accordance with the Meiji Restoration [1868]. So in that sense it is a homecoming. The other reason for the relocation is that in an aging society where we see so many senior citizens out and about, I wished to provide a more accessible setting for young people to be exposed not only to Noh, but to the richness and depth of Japan's traditional culture. In this day and age especially, I can't help but feel that we are losing touch with yamato-gokoro, that is, the spirit of softness, kind-heartedness, and gracefulness that have defined the Japanese identity and formed the bedrock of our psyche since time immemorial. Consider the Noh play "Hachinoki" ["The Potted Trees"]. Hojo Tokiyori, a regent of the Kamakura shogunate, is traveling incognito throughout Japan, posing as a priest on pilgrimage. One winter's day, as he is passing through the city of Sano in Tochigi Prefecture, a snowstorm causes him to seek shelter from the shabbily-dressed Sano no Genzaemon Tsuneyo, a former lord whose family has been reduced to poverty. Prodded by the priest as to his clan affiliation, Tsuneyo reveals that "Kinsmen usurped my lands, and now I live in misery." Despite his wretched state, Tsuneyo offers the priest some steamed rice with millet, and as the night wears on and grows colder, he cuts down his prized potted plum, pine, and cherry trees and uses the branches to start a fire, saying, "...for this night's entertainment." But he recites this line quietly, almost to himself. That is yamato-gokoro. When the Japanese talk about omotenashi, they mean hospitality that does not draw attention to itself, that does not ask to be recognized. Of course, when I perform this Noh play I do it as Kiyokazu Kanze, who lives and breathes in contemporary times. Contemplating the times when the founders of Noh—playwrights Kannami [1333-1384] and his son Zeami [1363-c. 1440]—walked the Earth is constructive to an extent, but it is unreasonable to expect someone in the present to recreate a performance in its original form. I believe that the performing arts must possess the adaptability to keep up with the changing times and the insight to understand the subtleties that unfold therein. 多言語を許容する最先端の能楽堂として 今年7月、世界中の優れた舞台芸術が集うリンカーンセンター・フェスティバルにご招聘いただき、ニューヨークのローズシアターで5日間6公演を大好評の中に上演させていただきました。海外公演は、鑑賞眼の肥えたお客様が多く、日本以上に高い評価を受けることがございます。面を掛けていても場の空気感のようなものがあり、お客様が前のめりで観てくださっている様子が伝わります。彼らは能楽における様式美を愛でてくれます。自分たちにはない世界だからなのでしょう。ニューヨークの人々は能を見事に受け入れてくださいました。 以前、バルト三国のリトアニアで「葵上(あおいのうえ)」を演じた折にも、地謡8人が整然とお扇子を取って、謡を謡い、終わった後にやはり整然とお扇子を置く。その様式美を見て、オペラ歌手でもある文化大臣が「故郷の教会のミサを思い出した」とおっしゃってくださいました。言葉の壁を越えて、自由に能を捉えてくださったのがうれしかったですね。 海外での能公演はオペラのように、字幕を付けるケースが主流です。GINZA SIXでも当初はイヤホンガイドになりますが、多言語対応のためにインフラ設備を整える予定です。さらに新しい能楽堂の重要なテーマである、バリアフリーを積極的に導入したいと思っています。多言語システムを視聴覚障害をお持ちの方のためにも活用するなど、障害者の方が当たり前に、能を楽しんでいただける環境作りを心がけます。また、目付柱の取り外しができることで視覚を広げることができたり、照明設備も従来の能楽堂にはないものを整えたりと、能以外のジャンルの公演にもご活用いただけるように考えています。 新しい能楽堂は、日本の方、海外の方の分け隔てなく、理屈抜きで見ていただける場所でありたい。「事前にお勉強をしないと、能を見れないのかな」と思わないで、まずは足を運んでもらいたいのです。 能の謡(うたい)は、古い言葉です。そこにさらに節が付き、母音が延びる。言葉自体の意味もデフォルメされ、日本人でも聞き取りにくい。だからこそ「どうして舞台の柱は4本なのですか?」などと理詰めで理解しようとしないで(笑)、自由に感性豊かに受け止めてもらえたらと思います。 A State-of-the-Art Nohgakudo With Multilingual Support This past July, our troupe was invited for the first time to the Lincoln Center Festival, an annual event held in New York hosting some of the best performing arts from around the world. There we conducted six performances over five days at the Rose Theater to much fanfare and acclaim. Performances abroad such as these are attended by discerning, theater-savvy audiences, and we occasionally receive greater acclaim than we do in our native Japan. Even from behind a mask I can feel the energy of the room, and I can imagine the audience leaning forward in their seats. They appreciate the beauty of form on display in Noh theater—perhaps because they are witnessing a world that is completely unfamiliar to them. Truly, the people of New York embraced our art. Some time ago, we performed "Aoi no Ue" ["The Lady Aoi"] in Lithuania. There is a part where the ji-utai [the eight-member chorus, who sit in two rows stage left] pick up their sensu [Japanese folding fans] in unison, chant the chorus, and then when they are through, set their sensu back down in unison. The Minister of Culture, who also happened to be an opera singer, later said that the ritual had reminded him of attending Mass back in his hometown. I truly appreciated that he had ventured beyond the language barrier and interpreted what he had seen on his own terms. When performing Noh overseas, we normally feature supertitles to convey to foreign audiences what is happening on stage. At GINZA SIX, we will initially feature English in-ear guidance, with full multilingual support forthcoming. Furthermore, the issue of accessibility, or what we refer to in Japan as barrier-free, is a central focus of the new theater. We will make every effort to provide an environment for guests with disabilities to enjoy Noh—for example, by using our multilingual support system to assist those with visual or hearing impairment. The metsuke-bashira [a pillar placed stage right that serves as a positioning guidepost for dancers] on our stage can be removed to allow for a more unobstructed view, and our stage lighting system is much more adaptable than what you usually find at a Noh theater. We envision our stage being used for performances other than Noh. The new Nohgakudo will be a place where both Japanese and foreign theatergoers alike can imbibe a visceral experience of our art, free of assumptions and expectations of what it is or should be. No need to do research or study up on the subject matter beforehand—come in fresh, and ask questions later. Noh recitations are in a very old form of Japanese, and syllables are sung to a fushi [melody, or aria] with long vowel sounds. The meaning of the words are often not meant to be taken literally, rendering the poetry all but indecipherable to even native Japanese. All the more reason why we advise against trying to understand our plays and performances on a purely intellectual level. Why are there four pillars on stage? You're missing the point! (Laughs.) Come in with an open mind and heart, and let your emotions be moved. 新しい能楽堂が理想とする風景 私はワーグナーが大好きで、一昨年、家内と一緒にバイロイト音楽祭に伺いました。ワーグナーだけを演目とする有名なフェスティバルなのですが、ワーグナー自身が設計して1876年に完成した木造の祝祭劇場のあらゆる素晴らしさに圧倒されました。 バイロイトの閑静な丘の上にあって、そこに向かってなだらかに上がってゆくアプローチを見て、気持ちが高揚します。開演5分前になってもアナウンスもなくて、鐘がささやかにチリンチリンと鳴るだけ。そうするとお喋りをしていた人もなんとなく劇場に入っていく。各扉の係はそこに立っているだけで、大声で誘導もなければ、チケットのチェックもしない。クロークの係はたった一人なのに行列ができない。 つまり、お客様と主催者の関係は、阿吽の呼吸ともいえる成熟されたマナーで、成り立っているわけです。ヨーロッパにしかないスマートさだと思いました。 新しい能楽堂が、このようなサービスをすぐに提供するのは難しいのですが、生の体験に触れることで、心が生まれ変わることを伝えることはできます。GINZA SIXには洗練された食の空間が誕生すると伺っています。素晴らしい体験の後ではワインや食事の味も変わるはずです。 新しい能楽堂は少しでもそんな風景がある場所を目指せたらと思っています。 The Vision for the New Nohgakudo As a devotee of Wagner's music, I could not pass up an opportunity to attend the Bayreuth Festival in Germany with my wife two years ago. The famous music festival— comprised exclusively of performances of operas by Richard Wagner—is held annually at the Bayreuth Festspielhaus, a wooden theater designed by the 19th-century composer himself and completed in 1876. The grandeur of it all was stunning. The theater sits atop a peaceful hill in Bayreuth, and the upward slope of the approach evokes a sense of arriving at a higher plane. Inside, there are no announcements made over the PA system—only the modest ringing of a bell to let people out in the lobby know that the performance will begin in five minutes. And with that, the conversations and chit-chat wind down and the last guests saunter into the auditorium. During all of this, the ushers at each door barely move—they're not shouting out instructions, not even checking tickets. The cloakroom is manned by a single attendant, but there's never a line. Basically, there's an unspoken order to everything, a dignity shared by both the theatergoers and the organizers of the event that puts them in perfect sync. We Japanese have a saying for this: "a-un no kokyuu", but this, I thought, was the kind of savoir-vivre you could only see in a place as cultured and theater-savvy as Europe. It might be some time before our new theater is able to provide a kind of service on that level, but I have no doubt that the raw, immediate nature of our art can inspire, rejuvenate, and even trigger a spiritual experience. And I hear that GINZA SIX will also offer a number of fine dining options in refined settings. After a Noh performance, you can be sure that food and wine will taste all the richer for it. That is my vision for the new Nohgakudo. And this is only the beginning.

e.m.LAB「COLOR」9.14(Thu)-10.1(Sun)

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

e.m.の夏の一大イベント e.m.LAB 2017年は「COLOR」と題し 世界に1つの あなただけのCOLORを探す旅にいざないます     【COLORing】 お客様がカラーリングしたぬり絵がそのままアクセサリーに! リングやピアス、チョーカーまで様々なアイテムからお選びいただけます   パール付き一文字リング(左) emev-AR202 21,600円 クリスタル取り巻きリング(中央) emev-AR204 34,560円 3石チョーカー(右) emev-AN59 32,400円   【COLORing SPECIAL】 定番リングの全てのキュービックジルコニアのカラーをセレクトして頂ける 新登場のスペシャルなリング2型のシリーズです   上面ぐるっとうめこみリング emev-AR206  43,200円 4石揺れリング emev-AR207 30,240円   【e.m.eternal CUSTOMIZE ORDER】 人気の定番アイテムに、さらに可愛いモチーフをプラスして登場致しました 昆虫モチーフやスタッズ、宝石の詰まった鳥かごなど、e.m.ファン必見です   虫モチーフ1石CZリング(アリ、てんとう虫、ハエ) emev-AR194,196,195 各23,760円 鳥かご+パール揺れリング emev-AR197 29,160円 上面CZぐるっとうめこみ+アリリング(手前)emev-AR199 38,880円 鳥かご揺れピアス (左)  emev-AP283 15,120円   【SPECIAL WORKSHOP】 お好きなカラーで色を付けて頂ける期間中限定のWORK SHOPメニュー パールキャッチお花ピアス(1P) 短・長 emev-LBAP23,24 各4,320円 シルバーリング1色、2色 emev-AR193,192 各15,120円 詳しい日程はe.m.HPよりご覧くださいませ   【COLOR STONE SELECT】 e.m.の定番デザインのアイテムにお好みのカラーストーンをセッティングして頂けます 今回初登場のカラーご用意しております CZ+パール揺れリング(上右) emev-AR65  25,920円~ CZ4つ爪留めリング(上左) emev-AR81  18,360円~ CZチェーン揺れパールキャッチピアス(下中央)emev-AP123 9,720円 *全て税込み価格です   → SPECIAL Site ← 特設サイトでも詳しくご案内しておりますので合わせてご利用くださいませ   期間限定の特別なイベントとなっております この機会にぜひご利用くださいませ

商業建築の理想は、変わらないものと変わるものの共存

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

「ひさし」と「のれん」が表現するもの 「建築は人間のための器である」 GINZA SIXの建築を手がけたのは、常々そのような考えで「器の中身」を引き立てる建築美を追求してきた日本を代表する建築家、谷口吉生だ。また歴史や痕跡という敷地条件と使用者である人との関係を第一とし、今回は特に建築における外観、さらに初期段階の都市デザインを担当。いずれも一番の課題は、ビルディング単体の設計を超えて一帯の再開発というGINZA SIXの最大の特徴であるスケールを活かすこと。一方でGINZA SIXという巨大な建物が建つことで、もともとの銀座にある路地の人の動線が途絶えることがないようにすることだった。 そのために、まず建築面ではGIZNA SIXの大きさを示す象徴として「ひさし」を提案。そのスケールゆえ、銀座のあらゆる路地から見えてくる建物が一目でGINZA SIXだとわかるように、オフィスが入る上層階ごとにステンレスの「ひさし」をぐるりと巡らすことで、水平的な統一性を表した。対して下層階を占める商業空間のうち、中央通りに並ぶ6ブランドのファサードを「のれん」として提案。「ひさし」とは対照的に、垂直方向に建物を小さく分節化することで人が中に入りやすい、銀座の細やかな路地の世界に繋がるスケールを表現している。 「建築は、当然その価値は永続的であった方がいい。一方でGINZA SIXのように商業建築の場合は、時代の変化や流行に従って、店舗の外観やサインにしても、すぐ付け替えられるのが理想的です。特に商業建築では、このような変わる部分と変わらない部分の共存が求められます。建築全体を統一する「ひさし」は変わらない部分であり、それに取り付けられる「のれん」は変わる部分です。何十年後も、GINZA SIXの建築の幹であるステンレス製の「ひさし」は、永久に今のままに街の姿を映し続け、ブランドによって自由にデザインされる「のれん」は、時代とともに変わり続けていく風景が理想です」 On the Significance of Eaves and Noren "Architecture is meant to be a vessel to house human beings." The architecture of GINZA SIX was designed by the renowned Japanese architect Yoshio Taniguchi, who has strived throughout his distinguished career to imbue his vessels with the kind of architectural beauty that elevates its contents. Taniguchi values two things above all else: the history and vestiges of memory that persist at a particular building site, and the relationship between a building and its intended users. For GINZA SIX, he has designed the building's exterior and prepared the initial urban plan. In both cases, his main challenge was to present a vision that went beyond a single building and embraced GINZA SIX's full scope as a redevelopment project on the grandest scale. At the same time, the new building was not to disturb the existing flow of pedestrian traffic through the surrounding streets of Ginza. To meet these goals, Taniguchi proposed using eaves to make an architectural statement that captured GINZA SIX's scale. Due to its size, the building would be visible from practically any street in Ginza, and needed an element that would make it instantly recognizable. The stainless steel eaves run around the upper levels where the offices are located to create horizontal uniformity. For the shopping mall that occupies the lower levels, Taniguchi proposed that the six brands on the ground floor facing out onto Ginza's main shopping thoroughfare Chuo-dori put up unique facades with designs inspired by the Japanese tradition of stores putting up noren, entrance curtains decorated with low-key motifs like the store's logo or crest. In contrast to the horizontal lines of the eaves, the facades divide the building into smaller segments that are more inviting and reminiscent of the world that lies in Ginza's intricate network of side streets and back alleys. "In a perfect world, the value of a building would remain unchanged over time. But in the case of commercial architecture such as GINZA SIX, it's ideal that the exterior elements and any signs can be easily modified or replaced to keep up with the times and changing trends. In commercial architecture, there needs to be a balance of constant elements and variable elements. So the eaves are a constant that ties the architecture together, and the 'noren' being put up are variables that are meant to be changed. Architecturally speaking, I see the stainless steel eaves as the backbone of GINZA SIX, which will be a permanent fixture of the Ginza skyline, while the 'noren' will change along with the times." ところでGINZA SIXが規格外のスケールである所以は、建物の表が接する中央通りと、裏が接する三原通りの間のあづま通りを含む二街区を一体化し、再開発した点にある。谷口が初期に関わった都市デザインではあづま通りを三原通り側に付け替え、地上部分は公園であった。その後、地上部分を観光用バスターミナルとし、その上にデッキを設けて、空中庭園のような空間とする計画となった。 ちなみに三原通りはかつて、柳が生える東京湾の船着き場でもあった。「設計者のモラルとして大事なのは、発注者のさまざまな要望に応えることと同時に、近隣環境への配慮を怠らないこと」。緑のデッキは中央通りの歩行者を三原通りへ引き込み、さらに周辺の路地へ分散させるためのものであるとともに『自然と水のある、憩いの場がほしい』という近隣からの要望の一つに応えたものである。 三原通り側にはオフィスのエントランスも設けられた。中央通りからGINZA SIXに来る人々は、ショッピングをはじめとした非日常を楽しみにやってくる。だが、オフィスワーカーにとってGINZA SIXはあくまで日常の場所だ。「オフィスに通う人のなかには、ショッピングとは関係がない人もいるかもしれない。一方、中央通り側は日本の商業の一等地。だからこそ、三原通り側と中央通り側それぞれに、違う顔を作った方がいいのではないか」 Incidentally, GINZA SIX's grand scale is due to the fact that it is a redevelopment project that will integrate a two-block area originally bisected by Azuma-dori into one, bordered by Chuo-dori in the front and Mihara-dori in the back. In the initial urban plan Taniguchi contributed to, a strip of land the size of the displaced segment of Azuma-dori was to be made a park along Mihara-dori. Later it was decided that the strip would be made an above-ground terminal for tourist buses, with a deck built over it envisioned as a garden in the sky. Historically, the Mihara-dori area was lined with willows and served as a dock for boats coming into Tokyo Bay. "It is my obligation as designer to meet the various demands of the client, but I also believe that it is my duty to be sensitive to the neighborhood surroundings." The garden deck is meant to draw the crowds on Chuo-dori towards Mihara-dori, dispersing pedestrian traffic into the surrounding streets, but it is also an answer to local requests for "a local oasis with some nature and water." On the Mihara-dori side we've set up an entrance for the offices on the upper floors. While the people that come to GINZA SIX from Chuo-dori will be looking to enjoy shopping and experience something out of the ordinary, office workers will come to GINZA SIX as part of their day-to-day lives. "It's important to recognize that there may be some people who work in the offices that have nothing to do with the shopping mall. At the same time, the area along Chuo-dori is Japan's most prized commercial real estate. So I felt that we needed separate entrances along Mihara-dori and Chuo-dori." なお、谷口の個人的な記憶にも通じる、歩行者のための街を象徴する銀ブラという言葉は、銀座という街の時代を超えるポテンシャルを感じさせるとも語る。 「小学3年のときに疎開先から東京に戻ってきたら、有楽町駅が焼夷弾で破壊されていて、銀座の通りにはバラックと呼ばれた露店がずらりと並んでいました。でも、それはそれで今とは違った面白みや活気があった。そんな終戦から72年目にGINZA SIXは誕生するわけですが、銀ブラというキーワードを内包する商業の中心地としての歴史が当時から今も変わらず、街に受け継がれているのはすばらしいこと。建築は新しく創造すると同時に、そうした歴史を繋いでいくことも重要であると思います」 GINZA SIXに思い出を刻む主人公は、谷口に「器の中身」を託された私たちだ。そんな一人一人の記憶がまた、未来に銀座を伝えていく。 Then there's the word gin-bura, a contraction of a phrase that means "to enjoy a stroll through Ginza." The term has special significance for Taniguchi, who believes it speaks to Ginza's timeless potential. "When I was finally able to return to Tokyo after the war ended, Yurakucho Station had been destroyed by the firebombing of Tokyo, and the streets of Ginza were lined with makeshift street stalls that were called 'barracks'. But even amid the disarray, there were things to keep us entertained, a different energy about town. GINZA SIX may be opening its doors 72 years after the end of the war, but Ginza's legacy as a commercial hub has been celebrated and passed down through the generations to this day—and gin-bura has always been a part of that. Architecture is the creation of new environments, but it is also important that it carries history and heritage to the future." The heroes whom Taniguchi has tasked with looking after the vessel's contents are you and me; the memories that each of us make at GINZA SIX will carry Ginza's legacy into the future.

BareMinerals | Shop BareMinerals Products Online - House of Fraser

BareMinerals | Shop BareMinerals Products Online - House of Fraser


House of Fraser

Shop the BareMinerals range online at House of Fraser. Spend over £50. delivery or Buy & Collect in store.

3 Best Outlet Malls in the US: Worth the Trip!

by Curran C @ Outlet Shoppers

An outlet mall, or factory outlet mall, provides eager shoppers with the opportunity to get their hot little hands on brand-name goods at rock-bottom prices. Sounds too good to be true? We can assure you it’s not. What You Need to Know About Outlet Malls Outlet malls began popping up in the US as early as the... [Read More]

The post 3 Best Outlet Malls in the US: Worth the Trip! appeared first on Outlet Shoppers.

【ベアミネラル】GINZA SIX 限定 メイクアップ パーソナルレッスン

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

ベアミネラル専属のトップメイクアップアーティストがお客様1人1人の個性に合わせ、ヘルシーでナチュラル感あふれるメイク方法を伝授します。 懇切丁寧なパーソナルレッスン形式なので翌日からすぐに実践でき、レッスン終了後には価格相当分の製品をお持ち帰りいただけます! ベアミネラル GINZA SIX 限定 メイクアップパーソナルレッスンメニュー 1 BARE BASIC   ベアベーシック 60分   10,260円(税込)~ ベアミネラルを代表するファンデーションを使い、ベースメイクだけでナチュラル&ヘルシーに仕上げるテクニック満載のメニュー。ベアミネラルビギナーズに特におすすめです。 2 BARE PERFECT   ベアパーフェクト 90分   22,680円(税込)~ ベースメイクに加え目元や口元などトータルでナチュラルビューティーに仕上げるテクニックを随所に盛り込んだフルメイクメニュー。メイクアップの前にはミネラルと植物の恵みを贅沢に配合したスキンケアで肌を解放し内外からヘルシービューティーを満喫していただけます。 3 BARE MAGIC   ベアマジック 30分   4,320円(税込)~ 小顔効果抜群!1人1人の骨格に合わせ天然のハイライトを生かしたナチュラルな立体感を作る簡単テクニックをお伝えします。 完全予約制 開催日:9月24日(日) ご予約、お問い合わせは 03-6263-9977

YAYOI KUSAMA POP UP STORE わが永遠の魂

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

日本人としてはもっとも国際的に名前を知られたアーティスト、草間彌生。GINZA SIXの施設中央に展示された新作インスタレーションも話題です。 5月22日まで国立新美術館で開催中の「草間彌生 わが永遠の魂」展のグッズを集めたPOP UPストアが期間限定オープン。 新作シリーズ“わが永遠の魂”の他、代表的な作品の一つであるナルシスガーデンをモチーフにしたシルバーのアクセサリー、ペンやノートといったステーショナリー、バッグやポーチ、グラス、クッキーや紅茶等々をラインナップ。 草間彌生氏の水玉やカボチャがモチーフのポップでカワイイショップです。

父の日フェア開催のお知らせ

by @ GINZA SIX | ギンザ シックス

THE GENERAL STORE では5/29(月)〜6/18(日)の期間、父の日フェアを開催いたします。 税込¥5,000以上のお買上で、オリジナルノベルティをプレゼントいたします。 また、父の日ギフトのご配送を無料にて承ります。 父の日のプレゼントにオススメの雑貨や革小物を多数ご用意しておりますので、この機会にぜひご来店くださいませ。

About - Contact - Privacy Policy - Terms of Service - Bravo Probiotic Yogurt
- Hydrogen Inhalation Machine